暑い日に冷やし中華を

Ituki_ColdChineseNoodle01.jpg
じめじめした雨が続いた日の間にふっと日が差すこともあり、そんな日は異様に温度が上昇する。何かさっぱりしたものでしのぎたい、というときにぴったりな冷やし中華。そうめんや冷やしうどんもいいけれど、中華大好き人間としては「冷やし中華」の気分なんである。

さて今回は五木食品の「おいしい 冷やし中華 ごまだれ付き」(しょうゆだれレモン味もある)を食した。じつは某チェーン薬局で一袋100円(!)で購入したものだ。一袋に2人前入っているから、1人前50円というわけである。ああ、ありがたいなあ。もちろん、ほかに食材は必要だけど、安くできるにこしたことはない。

五木食品といえば、かなり以前に「火の国熊本とんこつラーメン」の記事を書いたことがある(記事へ ≫)。ウェブログに訪問していただいたある方に教えていただいたもので、食べてみると非常に旨かったのを覚えている。だから私の中では五木食品=優良メーカーという印象が残っている。

五木食品は熊本市に本社と工場がある食品メーカーで、うどん、スパゲッティ、そうめん、ひやむぎ、そば、中華といった製麺関係を主な生産品としているが、同社のそば粉が業務用食品販売店に並んでいたりするのを見たことがある。それを見るたび、そばを打ってみたいという気がふっと起きるのだが、あれやこれやの手間を考えると尻込みしてしまう。

Ituki_ColdChineseNoodle02.jpgさて今回は、錦糸卵、ハム、きゅうり、モヤシと葱を用意した。とりあえず家にあるもので、ということだが、クラゲなんかがあるといい雰囲気だし、ハムは本当は焼き豚とか蒸し鶏でやったほうがより中華料理らしくなるのは言うまでもない。

錦糸卵は一人前1個を目安とする。テフロンのフライパンに軽く油を敷き、薄い卵焼きを作る。熱し過ぎは禁物だが、ある程度熱しておいたほうがうまくいくと思う。弱火にして裏返すのが面倒だが、私はテフロン用のターナーを使ってひっくり返している。特に味を付けておく必要もないと思う。

きゅうりは1本を3分の1くらいに切り、それを薄切りにしてから、繊切りにする。これを輪切りにする人はいないと思うが、念のため書いておきます。モヤシと葱は少量の水とともに蒸して火を通し(茹でてしまってもいいと思う)、ざっと水で荒熱をとった後、絞って塩・砂糖・酢・ゴマ油で和えておく。ハムも薄く切っておきましょう。

具材の用意ができたら中華麺を茹で、茹で上がったら水にとって洗いながら熱をとる。ここで氷を入れてぎゅっと冷やすのが好きな人は、氷を入れるといいでしょう。我が家ではだいたい、水締めで仕上げている。お店の蕎麦も、冷やし中華も、ちょっと冷たくしすぎなんじゃないかと思うのは私だけだろうか。

中華麺を皿に盛り、その上に用意しておいた具を盛り付けていく。たっぷり食べたいという気持ちと、きれいに盛り付けたいという気持ちがせめぎ合う結果、写真のようになってしまったが、きれいに盛り付けるにはあまり分量を増やさないほうがいいのかもしれません。ラー油をかけてもよいし、辛子をつけて食べるもよし。いやほんと、噛み応えも喉越しも、とてもいいんじゃないだろうか。買ってきた値段を考えると、これは本当に「値打ちもの」と思う。


【付記】
● 五木食品のホームページ「中華」のコーナーを見たところ、どういうわけか私が買い求めた「おいしい 冷やし中華 ごまだれ付き」が製品案内の欄に載っていませんでした。(五木食品ホームページ「中華」のコーナーへ ≫)。どういうことだろうと不思議に思いますが、ひょっとして生産中止品ということで、某チェーン薬局が買い取ったということなのかもしれません。いい製品だからなくならないでほしいですね。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

火の国熊本とんこつラーメンは本当に美味しかったですね。
この会社の冷凍のうどんもなかなかですが・・・

実は冷やし中華は苦手でねえ・・・
小さい頃は好きだったんですけど、大きくなるにつれてだんだん好きじゃあなくなってしまいました。

へんだなあ・・・

No title

これは美味しそう~!何といってもゴマダレ!!
昔、醤油に化学調味料をどばどば入れただけ(だと思う)の
冷やし中華を食べて以来避けてきたのですが、これは一度
食べてみたいです♪
生産中止でなければ良いのですが(^^;)

No title

こんばんは、

五木食品!、これ九州限定だと思っていました。
家でもここの麺は常備品となっています。

生めんの冷やし中華も美味しいですよ。

キャラクターマークは五木地方の"五木の子守唄"ですね。

Re:gatayanさん

gatayanさん、コメントありがとうございます。
「火の国熊本とんこつラーメン」おいしかったですね。
五木食品って、いい仕事してますよ、本当に。

好みはさまざまですからね、
gatayanさんのことですから、
夏を乗り切れるいい食べ物があるのでは?

gatayanさんにはそういう「とっておきのネタ」がいろいろある、
と乙山は思っています。
この際ですからね、出し惜しみしないで教えてくださいよ。

Re:zumiさん

zumiさん、コメントありがとうございます。
あれれ、みんな「冷やし中華」は嫌いな(あんまり好きじゃない)の?
絶対おいしい、とはいい切れませんが、
ここの商品はけっこういけますよ!

いつまで某薬局で取り扱っているかなあ、と思うのです。
夏場限定かもしれませんが。
買えるなら、そのときが、買うときです。

てなわけで、何袋も買い込んでいる
(といってもせいぜい4袋なんだけど)
乙山です。

Re:naokichimanさん

naokichimanさん、コメントありがとうございます。
乙山は「マルタイ」や「五木食品」の製品が、なぜか好きなのです。
どちらもいい製品を作っている。

マルタイも五木も、関西でわりと見かけます。
マルタイのほうがメジャーかな。
名古屋出身の人間が、
「これこれ、やっぱりこれがいい」
と言っていたのがマルタイのカップ麺「ちゃんぽん」でした。

そんなふうに、関西だけではなく、関東方面でも
ひきつける力があるメーカー。
それが「マルタイ」であり、「五木」であると思っています。

生めんの冷やし中華は、まだ関西では見かけていません。
食べてみたいなあ。

おおっ! 錦糸卵

おはようございます

錦糸卵は作れますがこのごろ作ってません
大き目のいり卵のほうが美味しいや と勝手に決めて 
それでごまかしています
すばらしい!!

五木食品の品物は さすがに近くのスーパーにはありません

Re:dariaさん

dariaさん、コメントありがとうございます。
錦糸卵は、もっと細く切るべきでしたね。
盛り付けを、もう少し美しくするべきだったなあ、
といまさら思います。

五木食品は熊本の食品メーカーなんです。
なので東北や北海道の方はあまり
ご存じないかもしれません。
マルタイラーメンはありますか?

No title

はじめまして。m(_ _)m
マダム猫柳と申します。
いつも興味深く拝見しています。
「花まんま」も大好きな本でした。
そして、今日の記事。^^
友人が大好きなメーカーで、早速私も、探しまくって食したいと思いました。
今日は、とりあえず、ご挨拶がてら・・。
また、寄らせていただきたいと思っています。(*^_^*)

No title

こんばんは、

マルタイのカップめん確かにおいしいです。
さらにいうと、わが佐賀県が誇る個人的にはマルタイよりも
おいしいと思う、カップめんがあります。

九州人のマストアイテムと言ってもいいほどの。

今度ブログで記事にするかもしれません.....(笑)。

Re:マダム猫柳さん

マダム猫柳さん、コメントありがとうございます。
こちらこそ、はじめまして!
というか、マダム猫柳さんのウェブログは以前より、
興味を持って拝見させていただいております。
いろいろな人の特徴を捉えて表現されていますね。
大胆な手法に感心しています。

関西だったら、わりと五木食品の製品がある、
と思います。なかったらごめんなさい。
「花まんま」、いいですよね。
関西の下町の雰囲気、よく出ていました。

というより乙山はあの時代に存在した
固有名詞に反応しているのかもしれません。
これからもよろしくお願いしますね。

Re:naokichimanさん

naokichimanさん、コメントありがとうございます。
佐賀県のカップめん、楽しみです。
ぜひ、ウェブログに載せてください、楽しみにしております。

その地方にしかない食べ物は非常に興味があります。
北海道の方が教えてくださった「ホンコンやきそば」という即席めん。
これはあのS&B食品が出しているらしいのです。

気になって仕方がありません。
近所のスーパーマーケットや、小売店、北海道物産展など
いろいろ探してみるんですが、
なかなか現物に当たったことがないのです。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (8)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)