あさりのトマトソーススパゲッティ

Cram_Tomatosauce_Spagetti.jpg
あさりがおいしい季節です。この時期のあさりは身がぷっくりとしていて、殻の端までみっちりと詰まっているのでまさに食べごろ。近所のスーパーマーケットに出かけると、あさりを安く売っていたので早速買い物籠へ入れた。

買ってきたあさりを大型のボウルに移し、食べるまでしばらく「飼っておく」わけだが、このとき塩を入れるほうがいいとか、入れないほうがいいとか、いろいろ意見があるようで、どれが正しいのかよくわからない。昔からの方法で、私(乙山)は塩を入れるやり方でやっている。

どうせすぐ食べるんだし、といって水を少なくしたり、塩の量をけちっていてはあさりが少々かわいそうである。ちゃんと浄水器の水を使用し、海水に近くなる程度の塩分を保ち、できるだけ空気を取り込むように泡だて器を使って撹拌する。これが正しいやり方かどうかわかりませんが、一応、あさりにもそれなりの扱いをする必要がある。

海洋生物学者ではないので間違っているかもしれないが、水面近くまであさりが身を出し、管を伸ばしているのを見て「お、生きとる生きとる」なんて喜んでいてはいけない。たぶんこれは、水分中の酸素が不足しているのではないかと思う。水の量を増やしてやるとか、塩水を取り替えてやるとかして酸素不足を補ってやらねばならない。

考えてみると、彼らあさりは、捕獲されてからろくに食餌もせず、酸素も不足した極限状態で何時間(ときには何日)も何とか生き延びてきたわけである。そのような瀕死寸前の貝と、じゅうぶん酸素もいきわたって生き生きしている貝と、どちらがおいしいだろうか。そのあたりも考慮して、できるだけよい環境で残された時間を過ごしてもらおう。すると、味も少しはよくなるかもしれないではないか。

さて、今回は「あさりのトマトソーススパゲッティ」である。
たまねぎ、にんにく、トマト缶、オリーブオイルでトマトソースを作るのだが、作り方は以前記事に書いたのでそちらを参照してください(トマトソースの記事へ≫)。このトマトソースは大量に作っておくといろいろ使えて便利である。私はいつもトマト缶三個を使用して多めに作っている。

にんにく(一かけ)の微塵切りをオリーブオイルで炒めて(弱火)香りをつける。そこへ洗って水を切っておいたあさりを投入し、白ワイン(もしあれば、でよい。今回は日本酒で済ませている)を注ぎ、蓋をして蒸し焼きにする(強火)。あさりの口が開いたらトマトソースを入れ、味を見ながら仕上げていく。薄めだと思うならその時点で塩・胡椒を入れればよいし、スパゲッティの茹で汁を入れるやり方もある。茹で上がったスパゲッティをそれに合わせ、ソースを絡め合わせると出来上がり。

人によってそれぞれだと思うが、私なら魚介料理にシャブリを合わせはしないだろう。シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、ミュスカデあたりの好きな白ワインとあわせて楽しみたいところである。であるが、うっかり白ワインを用意するのを忘れてしまい、いつものようにビール→日本酒(酔鯨純米)と進んでいったのでした。もちろん、それでもじゅうぶんおいしく飲食できたことは言うまでもない。


【付記】
● 「魚介にはシャブリ」。これは定番のように言われていて、生牡蠣にシャブリを合わせて「本当にうまい、まさに黄金の組み合わせだ」と言っているような番組をどこかで見たように覚えています。それはたぶん、その人にとってはそうなのでしょう。乙山は、魚臭さをシャブリがすっきりと洗い流してくれ、魚介料理もシャブリも、どちらもよりおいしく感じられる、というふうには思えないのです。好みはやはり、人それぞれですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ。

私はスパゲティーもあさりも大好き。
生トマトはそうでもないんですが、トマトソースは好きです。
したがって、今回の乙山さんのメニューは完璧。
食欲をそそりますねえ。

一度、家人が作ったスパゲティーがアルデンテではなかったので
ちょっと文句をつけたら、それ以来二度とスパゲティーを作ってくれません。
そういう状況からもう10年以上(笑)
だから家でスパを食べたかったら自分でつくるしかありません。

トマトソースの場合、私はよく冷やした軽い赤を飲むことが多いですね。アサリでも。
こればかりは好みでしょうけど・・・。

No title

あさり料理の心得、ありがとうございます!あさりがふっくらしていて
めっちゃ美味しそうです♪♪
砂抜き中のあさりって、時々「きゅ~」とか鳴いて可愛いんですよね~♪
この間あさり料理を作った日は何やかやと忙しく、丸一日以上室温で
放置していたら・・・3分の一以上がぐったりと静かに身を伸ばしていました(^^;)
(一応生きてはいましたが)
かなりぎゅうぎゅう詰め状態だったので、酸素が足りなくなったのでしょう・・・
悪気は無かったのですが限りある余生に辛い思いをさせてしまって申し訳ない、
あさり達。
やはり素材は丁寧に扱うことが料理の基本ですよね(^^;)

Re:mapことクワトロ猫さん

mapさん、コメントありがとうございます。
ワインの好みは、本当に人それぞれですね。
トマトソースに赤ワインも試してみます。

mapさんが仰っていた「花見&スパークリングワイン」、
これがとてもいい感じで、実行したくて仕方ありません。
だけどもう、葉桜なんですね。
来年の楽しみに取っておきます。
いいものを教えていただき、ありがとうございます。

Re:zumiさん

zumiさん、コメントありがとうございます。
そうそう、夜も更けて一人、台所をうろうろしていると、
貝が音を立てていることがありますね。

貝はぜんぜん動かないように見えますが、
えっ、というほどアクティヴに捕食活動をすることがあるみたいです。
二枚貝は、意外と活動的なんですね!

またワインを飲んでみようかと思っています。
日本酒と同じくらい、ワインも好きなのです。
だいたい、ボトル1000円前後のものから、になってしまいますけどね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (8)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)