リッキー・リー・ジョーンズ 『リッキー・リー・ジョーンズ』 (1979)

Rickie Lee Jones / Rickie Lee Jones (1979)

RickieLeeJones_Same.jpg
1. Chuck E.'s in Love
2. On Saturday Afternoons in 1963
3. Night Train
4. Young Blood
5. Easy Money
6. Last Chance Texaco
7. Danny's All-Star Joint
8. Coolsville
9. Weasel and the White Boys Cool
10. Company
11. After Hours (Twelve Bars Past Goodnight)



落陽を背景にシガーをくわえたその姿は「無頼派シンガー」とでも表現したくなるくらいだが、事実シカゴ生まれのリッキー・リー・ジョーンズは、思春期に麻薬と酒におぼれて家出をし、全米各地を放浪する生活をしていたことがあるという。その後、あのトム・ウェイツと知り合い、一時期同棲していたこともあるらしい。

とても印象的なジャケットの本作はリッキー・リー・ジョーンズのデビュー作。発売されると同時に評判となった本作は、その音のよさから1980年代の初めごろオーディオショップの試聴コーナーにもよく使われていたという。私(乙山)はそうそう、そうだったよね、といえるほどはっきりした記憶があるわけではないが、この『リッキー・リー・ジョーンズ』は本当にいい音で作りこまれているのがわかる。

リッキー・リー・ジョーンズ(vo, g, kd, per)を始めとして、ドクター・ジョン(kd)/ジェフ・ポーカロ(ds)/マイケル・マクドナルド(vo)/スティーヴ・ガッド(ds)/ランディ・ニューマン(syn)/フレッド・タケット(g, mandolin)/ヴィクター・フェルドマン(ds, kd, per)らが参加しており、プロデューサーはレニー・ワロンカー。ライ・クーダーは参加していないけれど、これはワーナーブラザーズのいわゆる「バーバンク・サウンド」の精髄ともいえるわけです。

スティーリー・ダン、リトル・フィート、ドゥービー・ブラザーズ、TOTO関連の人脈、そしてワーナーの「バーバンク」系スタジオミュージシャンやジャズ系ミュージシャンにがっちり支えられてリッキーはがんばっています。彼女のヴォーカルは「うにゃうにゃ」している(?)というか、わざと西部/南部系訛りを出しているのか、それが地なのかよくわからない、ちょっと聞き取りにくい発音。

ときにリサ・エクダールを思わせるキュートな歌声から、無頼派的っぽい蓮っ葉な部分まで振幅の激しいヴォーカルだが、そこには一切おもねるところがない。人によっては媚態的に聞こえるかもしれないが、私はそういう「媚び」をリッキーから聞き取れなかった。やはり根は無頼のど根性娘なのだ。しかしサウンドは高度に洗練されていてまことに聞きやすく、アメリカのルーツ・ミュージック的なものを匂わせながらもそれを前面に押し出すことなく、独特のポップ的境地に到達している。リッキー・リー・ジョーンズを聴いていて、ふと思い出すのはノラ・ジョーンズだが、ノラの見せたアプローチを何年も前からやっていたのがリッキー・リー・ジョーンズだったのではないだろうか。


【付記】
● 本CDは「ロックなどうるさくて聴かんわい」という方にもお勧めできる、お勧め度の高いものです。あ、といっても乙山の「お勧め」はあてになりませんからなあ。いつものように保証はできません。ノラ・ジョーンズが許容範囲にある方ならば、ぜひ聴いていただきたいと思います。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

tag : リッキー・リー・ジョーンズ

コメントの投稿

非公開コメント

うっ!

乙さん、
しぶ過ぎます!
メンバーをみてもHOBO好み。
うっ!
っていうしかないじゃないですか!
リンダ•ロンシュタットがウエストコース
ト、イーグルスのメンバーに可愛がられた
ように、このメンバーたちをみると、
彼女が色んな意味?で可愛がられていたの
が理解できます。いい女だということ
ですね。あ~あ

しぶ過ぎ!乙さん!


HOBO

Re:HOBOさん

HOBOさん、コメントありがとうございます。
ウエストコースト・ロック(とバーバンク)は奥が深い!
まだまだ聴いていないものがあります。

ノラ・ジョーンズもバックのミュージシャンと本当に仲良くやっていますね。
セカンドアルバムなんかにそれがでているようです。
ノラもリッキーも、いい女!
そういう女がいると、男は損得勘定抜きで力を貸したくなるのです。

そうそう!

そうなんですよ!乙山さん!
もう一人忘れてはならないいい女が
いますよ、乙山さん!
確かに周りのサポートをうけて成功して
いる女性アーティスト。シェリル•クロウ
がいますよ。楽曲、ヴォーカル、ルッ
クス、あのクラプトンがふられたという
噂もあるぐらいですから。ぼくは彼女の
1枚目、2枚目なんか最高だと思いま
すね。
そう!損得ぬいちゃう!
そうなんですよ!乙山さん!


HOBO

Re:HOBOさん

HOBOさん、再コメントありがとうございます。
シェリル・クロウはまだ聴いていませんでした。
聴くのが楽しみです!

じつはジョニ・ミッチェルも好きなんですが、
すごすぎて、なかなか筆をとる気になれません。
ある程度納得して、体の中に入ってからしか書けないのです。

シェリル・クロウ、早速聴いてみます!

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/11 (6)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)