『シャイニング』

『シャイニング』 (1980) イギリス

Shining.jpg
原題:The Shining
原作:スティーヴン・キング
監督:スタンリー・キューブリック
出演:ジャック・ニコルソン、シェリー・デュヴァル、ダニー・ロイド、スキャットマン・クローザーズ、バリー・ネルソンほか



作家のジャック・トランス(ジャック・ニコルソン)は、コロラド山中の由緒あるホテル、オーバー・ルック・ホテルで冬の間だけ住み込んで管理をする仕事を引き受ける話を進めていた。仕事柄、とくに外に出る必要もなければ、人と会うこともあまりないことを考えれば、これは「おいしい仕事」に違いなかった。

だがジャックの妻ウェンディ(シェリー・デュヴァル)はあまり乗り気ではなかった。友達がなく一人遊びをすることが多い息子のダニー(ダニー・ロイド)は、自分の中にもう一人のダニーを作り上げ、彼と会話するなどしていたが、もう一人のダニーが山のホテルに行くのを嫌がっていて、ダニー自身もホテル住まいを歓迎しているようではなかったからだ。しかしジャックはホテルの支配人と話をつけ、親子三人が冬の間ホテルに住むことが決まった。

ジャック一家は、広々としたホテルにたった三人で住むことになり、早速ダニーは足漕ぎ四輪車に乗ってホテル内を走り回るのだが、ある場所に来ると不思議な幻視を見る。赤い液体が洪水のように押し寄せ、廊下を満たしてしまうのだが、ふと見ると双子の女の子が黙ってダニーのほうを見ているのだ。

広い部屋に机と椅子、タイプライターを設置したジャックは、心置きなく執筆に専念できると喜んでいたが、いざ仕事を始めてみると執筆は思うようにはかどらなかった。そんなジャックの頭の中には、ホテルの支配人が語った前任者の話がちらついていた。何でも、前任者のグレイディは孤独な生活が続く中、精神的に不調をきたし、妻と二人の子供を殺した上で自分も自殺してしまった、というのだ。

ダニーはたびたびあの例の幻視を見るようになり、「レッド・ラム」(Red Rum)という意味不明の言葉を繰り返して母親に語り、怯えるのだが、ウェンディはどうすることもできずただ困惑するだけである。静まり返ったホテルには、ジャックの叩くタイプライターの音だけが響いている。だが、かなりの枚数がたまったジャックの原稿には、まったく同じ言葉が繰り返して打ち込まれているだけだった。

このあたりから不穏な雰囲気が支配的になってくるのだけれど、そもそもジャック・トランスという名前からして象徴的である。トランス状態になる、などと使うこともあるようだが、トランスという名前は、彼が普通ではない状態になってしまうことを示唆している。というか、映画全編が、ダニーの幻視に表れているように「予感」に満ち満ちているといっていいだろう。それがなんともいえないサスペンス状態を生み出している。

『シャイニング』という題名の正確な意味は不明だが、ホテルを閉鎖するとき、料理人のハロラン(スキャットマン・クローザース)がダニーに話をするときにちょっと触れている。不思議な力なんだ、以前ここで何があったか、これから何が起きるかが、わかる人にはわかるんだよ……シャイニングっていうのかな、とかそういう意味のことを、ハロランはダニーに語るのだが、ダニーはよく意味がわからなくてぽかんとした顔をしている。

キューブリックの『時計仕掛けのオレンジ』もそうだったと思う(あそこでは「雨に歌えば」だったと思う)が、エンディング曲「ミッドナイト、ザ・スターズ・アンド・ユー」はやたらに陽気で、映画全体の雰囲気からするとちょっと違うなあと思うところであるが、かえってそれがいい効果を生んでいるのかもしれない。ところで、エンディングの「写真」の意味は、最初見たときも何のことかわからなかった。あれはいったい、どういうことなんだろう? やっぱりいまだによくわからんのです。


【付記】
●しょっちゅう、ではないのですがたまに見たくなるキューブリック映画。『2001年宇宙の旅』→『時計仕掛けのオレンジ』と進んだ後に本作ですかね。で、その後は『フルメタル・ジャケット』なども。『フルメタル・ジャケット』はベトナム戦争もので、見ていて辛いものがあるかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

シャイニング好きです

>静まり返ったホテルには、ジャックの叩くタイプライターの音だけが響いている。だが、かなりの枚数がたまったジャックの原稿には、まったく同じ言葉が繰り返して打ち込まれているだけだった。

あの場面好きです。エレベーターから血があふれ出してくるシーンや双子?の少女が立っているシーンなど怖いシーンもあるし、ジャックがドアから顔を出す有名なシーンも怖いんですけど、あのどこか乾燥した空気の中でタイプライターの音だけが響いているシーンが一番印象に残ってます。あとジャックの奥さんがタイプされた紙を見て驚くシーンと。。。あー、なんか久しぶりにシャイニングを見たくなってきました。。。

Re:kemmaarchさん

kemmaarkさん、コメントありがとうございます。
『シャイニング』、いいですよね!
こわいんだけど、やっぱりいいんです。

細かなシーンの一つ一つが、丁寧に作りこまれていて、
とても印象に残るのです。
料理人ハロランが、ダニーに語る場面の、
発音のディスティンクさがまた、いいのです。
子どもにもわかるように、ゆっくりと彼は語るのですが……

エンディングの「写真」はどうですか?
あれはどう解釈すればいいのでしょう。
またご覧になったらお話お聞かせくださいね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (6)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)