fc2ブログ

旬の魚を安く、そして安くて旨い酒

魚柄仁之助 『続今夜の魚呑む銘酒』 毎日ムック (2001)

UotsukaJinnosuke_KonyanoSakana.jpg
いつだったか、ダイエーとか生協のようなところでたまに開かれる、本の割引き販売で目にして買ってきた本。ろくに中身も見ないで題名(ひょっとしたら一風変わった筆名?)だけに惹かれて買ってきたのではないかと思う。ところが読んでみると、筆者の魚柄仁之助の文章がとてもいいのである。九州弁(博多弁?)の口語で書いてあるところにたまらない魅力がある。ちょっとだけ引いておきましょう。

雑誌「アミューズ」で2年間にわたって連載してきたとですが、酒の肴なんち、身のまわりにあるもの、それも安いもので十分うまいもんができますど。この料理はこうやるのがプロの技……なーんちゅうのは、クソクラエですわい。掟破り、ケッコーですがな。うまい酒はバカ高いプレミアム付きの幻の酒……。アホぬかせ。こげんうまい酒が、本当にこの値段でええんやろか? と飲み手が心配してしまうくらい安くて質のええ酒があるとですよ。どこぞの評論家推奨のうまい酒にごまかされず、安いのに自分にとってはうまい酒っちゅうのをこの本から探してみてくださいまし。(魚柄仁之助 『作ってみちゃろ12ヶ月 ひと品平均200円 続 今夜の魚呑む銘酒』 毎日新聞社)

魚柄仁之助という筆名は、酒の「ウオッカ」と「ジン」をかけて考案されたものであろう。こういう面白い筆名はなかなかお目にかかれない。「宮武外骨」みたいにインパクトがあって笑わせてくれる筆名がもっとあってもいいのではないかと思う。で、この人は九州の老舗料理店の生まれで、関東の大学に通ってそのまま関東に居ついたようだ。

学生のころから古道具屋を経営し、現在に至るわけだが、本の見開きにある写真を見ると、なんだかサッカーのラモスとフランク・ザッパを足して割ったような独特の風貌である。食生活研究家でありながらブルースギタリスト、ペーパーナイフ作家でもあるという魚柄仁之助はまちがいなく現代の奇人・変人とでも言うべき存在ではないかと思う。ちなみに、只野乙山は変人である、と只野乙山ウェブログのごく一部の読者は勘違いしていらっしゃるようだが、この人に比べたら只野乙山など平凡すぎてつまらないくらいであると断言できる。

さて本書は、主に旬の魚を料理するという内容だが、副題にもあるとおり「安く上げる」のが目標とされている。小ダイ/干しダラ/トビウオ/アジ/カワハギ/マグロのアラ/イカ/キス/メバル/太刀魚/金目ダイ/コハダ/ブリ/フグ(トラフグ以外)/カレイ/イワシと比較的安く手に入る旬の魚が選ばれ、それを調理しているところもきれいな写真に収めてある。笑わせてくれるのは「舌代200円」などと原価を書いているところだ。それに加えて「今宵の酒」と称してうまい酒を必ず併記しているところ。これは助かるというか、うれしい配慮だ。

残念なのは、せっかく「旬の魚」がいろいろ載っているのに、近所には「魚屋」自体が存在していないことだ。住宅地とか住宅街などといえば聞こえはいいかもしれないが、本当に家ばっかりで商店街なるものが存在していないのだ。これは宝塚よりの西宮でもそうだし、宝塚、川西あたりでも同じような事情だと思う。

これが池田(大阪)に入ると商店街があるのが面白いところ。石橋なんて、小さいけれど本当に面白い商店街があるのがうらやましい。住宅街ではスーパーマーケットや生協で買い物を済ませる他に方法がなく、そこでは毎回同じような魚が切り身になって売られているだけである。魚料理はそんなに得意でない上に、買い物事情もあいまって、せっかくの本も見て楽しむだけ、になってしまっている場合が多いんですよね。


【付記】
さすがに2001年の出版だけに、本書はもう新刊では手に入らないでしょう。Amazon.comでも「出品者から入手できます」となっていました。本書は続編ですので、本編もあるに違いありません。乙山は古書店で本編を探すことにしています。というわけで今回の本の写真は乙山所有本のスキャン画像です。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

おぉ、まさかブログで魚柄仁之助さんの名を見るとは!(笑)
特に大ファンというほどでもないのですが、考え方にはかなり共感できる
部分があります。
料理も生活スタイルも一見適当ですが実はしっかり筋が通っていて
さすが九州男児!(?)という感じで(笑)
この方の料理本を読むと、どうしても日本酒が飲みたくなるんですよね~♪

Re:zumiさん

zumiさん、コメントありがとうございます。
じつは乙山、魚柄仁之助の隠れファンであります。
別に隠す必要はまったくないんですけどね。

九州男児や広島男児は好きなんです。
だって、彼らは関西ごときがなんぼのもんじゃい、
という気概を持っていまして、方言を直そうとしない!

そういうところが好きなんです。こういのも隠れファンというのでしょうか?
おたふくソースがないといって嘆いていた広島男児(昔のこと)。
おれはおれでやるんだと九州弁を通していた男たち。

彼ら、ほんとにいい男たちですよ。
久しぶりに本書を開いて旨そうな日本酒を見て、
「あ、これ知らなかった」なんて思っている乙山なのでした。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (4)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)