これはもう有り得ない〈お宝〉の酒 「雨後の月 辛口純米酒」

Ugonotsuki_KarakuchiJunmai.jpg
旨い酒があると聞くと、どうしても飲んでみたくなる男である。
あるエレガントなウェブログで見かけて以来、気になって仕方がない酒があった。どこに行けば手に入るかもわかっている。三月某日、所用で北摂地域に出かけた折、ちょっとした時間ができた。急行電車に乗ればあっという間に梅田に行ける場所なので「行くなら今しかない」と電車に乗った。

JR大阪駅・阪急梅田周辺は毎度のことながら混雑しているなあ。阪急梅田駅で降りた後、梅田新食堂街を横目で見ながら通り過ぎ(まだ仕事は終わっていないのだ。我慢、我慢)、JR大阪駅を目指す。JRの中央改札を通り過ぎるとそのまま地下通路(ディアモール大阪)を通って大阪駅前ビルに向かって歩く。

目指すは大阪駅前第2ビルの酒店「山長」である。そこに広島の酒「雨後の月」があるはずなのだ。大阪駅前第1~4ビルは本当に面白い。あれこれ覗きながら行ったり来たり歩いていると、あっという間に時間が過ぎてしまう。ここを庭みたいに歩き回る大阪の勤め人がちょっとうらやましい。いろいろ見て歩き回りたいのも我慢して、「山長」に到着。

「雨後の月」は店の内側ではなく、表に向いている冷蔵庫の中にあった。店の人に訊くと、四合瓶は置いてなくて、一升瓶しか扱っていないという。まだ仕事は終わっておらず、これから移動する距離のことを思うと一升瓶を担いで歩くなどという行為はできるなら避けたいところではあるのだが……せっかくここまで来ておいて「雨後の月」を買わずに帰るのももったいない話である。

結局、私(乙山)は一升瓶の「雨後の月 辛口純米酒」をえっちらおっちら、担いで帰ることにしたのであるが、やはりこれはどう考えても愚挙をしでかしたとしかいえないな、と後で思った。ヨドバシカメラ1Fの自作パソコンコーナーと、3FのオーディオコーナーでUSB-DACを下見しているときも肩にずしりと重さがかかってくる。北摂ではちょうどよかったオーヴァーコートも、大阪地下街では脱いだほうがいいくらいの暑さ。

この後、再び北摂地域まで一升瓶を担いで戻り、宝塚を経由して西宮まで帰ってくるという「とほほ」な一日だった。こういうのを大阪ではアホというのだが、「雨後の月」を飲みたい一心がかような愚挙を可能にするのである。

さて、広島の酒「雨後の月 辛口純米酒」を飲む。桃を思わせる果実のような香りがふわっと広がった後はすっきりした味わい。このあたりが「辛口」なのだろうが、じつに軽やかでもある。「酔心」もそうだと思うが、香り高さと軽やかさが同居している酒なのだ。いや、これはたまらんなあ。どんどん酒が進みます。

しかも「雨後の月 辛口純米酒」はなんと2100円という驚きの価格。酒の旨さを考えると、これはもう有り得ないといってもいささかも言い過ぎではない。というか、この値段でこれ以上のものは今のところ、本当に私は知らないのだ。残念なのは、近所で「雨後の月」を扱っている店がないことかなあ。これは本当にいい酒だ。


【付記】
● 本当にたまにしか行かない「山長」。やっぱりいい酒が置いてありました。「くどき上手」に「国稀」そして「手取川」。大阪に出たら、やはり「山長」に寄って一杯飲り、酒も買ってから帰る、っていうのがいちばんかもしれません。ヨドバシカメラの帰りに「松葉」で串カツとビールというパターンが多いんですけどね。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おお、飲まれましたか雨後の月!
これ、ほんまにコスパ良いと思います♪
もっとたくさんのお店で取り扱って欲しいものですが・・・
やっぱ採算に合わないんでしょうか、蔵元的には(^^;)

山長さん、立ち飲みもやってるんですよねぇ・・・
いつも(と言ってもたまぁにですが)お酒を買うだけですので
一度チャレンジしてみたいです♪

ふむふむ。

辛口純米っていうのはいい。
アコースティックギターでブルースという
感じに近いな。
このまえ行きつけの寿司屋で作り立て
の塩からをいただいてきましたよ。
いいでしょう?北海道の塩からです。
きゅっと辛口の酒。塩からをつまみながら。
やっぱり乙山さん、かなり変。
一升瓶かついで歩く絵がかわいい。
ふむふむ、困ったもんだ。


HOBO

Re:zumiさん

zumiさん、コメントありがとうございます。
いやあ、うまいですわ……
こりゃ、まいった、って感じですね。

乙山が行ったのは三時過ぎでしたので、
立ち飲みタイムは四時からなんですよね。
ここで瓶ビールを飲んでおでんをつまみ、
お土産にちょっといい酒を、ってな感じが一番かと。

たしかにこれは、信じられない価格ですよ!
これに近いものをいくつか知っていますが、
「雨後の月 辛口純米酒」ほどのものはちょっとないですね。

Re:HOBOさん

HOBOさん、コメントありがとうございます。
大阪・梅田の「山長」に「国稀」がありました。
そのうち、試してみるかもしれません。

出来たての塩辛、それはいけるでしょうね……
素材の良さを生かした料理は、
産地ならでは、という感じがします。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/07 (7)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)