ほのかな酸味がたまらない 「香住鶴 山廃特別純米酒」

Kasumituru_YamahaiGinjo.jpg
香住鶴酒造の酒は「香住鶴但馬の誇り」と「但馬の自信」(記事へ≫)そして「きもと純米香住鶴」(記事へ≫)とこのウェブログで取り上げてきた。そして今回は「香住鶴山廃特別純米酒」である。この酒は「香住鶴」の中でも少し値段が高い(一升瓶=2500円)ので多少敬遠していたのであるが、西宮の某酒店でふと見かけたときに「まあいいか」と買ってしまった。

実際、金額的にはこのあたりが限界で、これ以上高い酒はおいそれと飲むわけにはいかない。だけど一杯(180ml)がせいぜい250円くらいだからけちるなよ、と自分でも言いたくなるが、2000~2500円くらいの純米酒が一番の狙いどころになっている。

さて、開栓してみる。蓋が金色になっているところが高級な感じだ。「きもと純米香住鶴」ほどではないにせよ、香りがふわっとしてくるのがうれしい。これは、買い求めた酒店で冷蔵庫に保管されていたのでそのまま徳利に注ぎ、残りは例によって四号瓶に移す。

飲んでみると、香りは抑え気味ですっきりした飲み口。これは「辛口」に相当するのだろう。ほのかな甘さの後に旨みがくるのだが、これはどちらかといえば抑え気味。それより酸味が感じられるのが私(乙山)にはうれしい。酒飲みのための酒、という感じがするなあ。

蔵元の香住鶴酒造のホームページとか酒の瓶の裏ラベルに書いてある情報はとても少ないもので、たとえば「アルコール度数:15~16度 日本酒度:+3度 ほのかな酸味が心地良い、米だけで作った銘酒」といったくらいだ。香住鶴を販売している他のサイトのほうが詳しい情報を載せているのが不思議なくらい。

蔵元のホームページに「ほのかな酸味が心地良い」とあるくらいだから、本当に酸味があるのだろうと思う。ほのかな酸味とあるけれど、私でもそれとはっきりわかるくらいの酸味で、これがあるせいで日本酒度はそれほど高くなくても「辛口」に感じられるのではないかと思う。この酸味は好きだなあ。

「香住鶴」全般について言えるのは、軽さがある(というか重たくない)ので、ついつい酒が進んでしまうということ。「但馬の自信」とか「誇り」だと、つい飲みすぎてあっという間に四合瓶を空けてしまいそうになったこともあるくらい。これはほんとうにやばいことだ。飲みすぎ注意:香住鶴、といいたいところだけど、悪いのは飲みすぎた自分なのだ。


【付記】
● いやほんと、どんどん飲んでしまう香住鶴。北摂地域の酒店にしかないと思い込み、一升瓶を抱えて電車に揺られて帰ったことが懐かしく思い出されます。比較的近所に一軒、そして他にも香住鶴を扱っている酒屋を発見しました。こういうことになるとどういうわけか鼻が利くのです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

香住鶴、「いつか飲みたい酒リスト」に載せておきます♪
確かに普段飲みには2,000~2,500円クラスのお酒が一番
しっくりくるような気がします・・・味覚的にもフトコロ的にも(笑)

ラベルや蔵元サイトの情報って本当にかなり限定されてますよね(^^;)
まぁ毎年完璧に同じ質のお酒が醸造される訳もないし、毎年ラベルや
サイトを更新する手間を省いて当たり障りのない情報のみを
載せているのかも?とは思うのですが・・・
おかげでいつも酒販店で悩み込んでしまいます(^^;)
(悩んだところでどうにもならないのですが(笑)

Re:zumiさん

zumiさん、コメントありがとうございます。
そうそう、おっしゃるとおり、真面目に作っている蔵元ほど、
酒の味は変わるものです。

本当に一年ごとに変わるんですよね。
だからワインでも「**年のヴィンテージは出来がいい」とか言って、
話題になるみたいです。

利き酒というか、お世話になっている酒店で飲ませてもらっても、
19YBと20YBがちがう!
みたいな話でちょっと盛り上がったりしています。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/07 (7)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)