濃厚だけど軽さと香り、旨味がある 「空蔵 山田錦」

Kuzo_JunmaiGijo.jpg
灘五郷のひとつ、魚崎郷にある蔵元「浜福鶴銘醸」が出している「純米吟醸生原酒 空蔵(くぞう)山田錦」という酒を飲んでみた。ふだんこのような酒を飲むことはできない私(乙山)だが、今は新酒の季節。無濾過生原酒とかしぼりたて生原酒などと銘打たれた酒が店の棚に並んでいるのだ。酒店主は「この時期しか飲めないし、酒をわかっている人にこそ飲んでもらいたい」みたいなことを囁いてくる。

このウェブログの「酒」というカテゴリーをご覧になった方は、只野乙山の言っていることは支離滅裂で、かなりいいかげんな味覚の持ち主であることがすぐおわかりになったと思う。そうなのだ。この男のいうことはあてにならない、ただの酒飲みであるに過ぎないのだが、こういう男に限って上述のような悪魔の囁きに弱く、ふらふらと割高の「しぼりたて」だの「ひやおろし」だのを買ってしまうのである。

てなわけで、飲んでみました。「空蔵 山田錦」のラベルを見ると「原材料:兵庫県産山田錦100% 精米歩合:60% 日本酒度:+3 アルコール度:17.5% 酸度:1.6 アミノ酸:1.5」とある。注目すべきはアルコール度数で、ふつうの酒より若干高めになっている。これは、いつもより酔いが回るのが早いかも。

一口含むと「これは濃厚!」という感じがして、果実を思わせる香りがふわっと広がる。辛口、というわけではないがさほど甘くもなく、旨みがしっかり残る。浜福鶴銘醸のホームページによると「山田錦本来の特徴である、ピンと筋の通ったキレの良い味わいに、米の旨味が広がります。香り良く、軽いタッチの酒質に仕上がっております」とあるのだが、そんなに「軽いタッチ」とは思えないなあ。だけど「重い」わけでもない。濃厚なんだけど軽みもある、独特の味わいだ。

「空蔵 山田錦」は一合だけ飲んで、後は大事に冷蔵庫にしまっておいた。これは食中酒としていけないこともないんだけど、気の利いた酒肴でもっぱら飲むほうが似合っている酒ではないかと思う。それもたくさん飲むのではなく、少しにしたほうがいいような酒。家族の評判は上々で、「いつも飲んでいるのとはぜんぜん違う」という感想が出た。そりゃあ、わけが違うもの。だけど四合瓶1300円だから、途方もなく高い酒ではない。ちょっと今日はいい酒を飲みたい、というときにもってこいの酒じゃないだろうか。


【付記】
● このところ純米酒ばかり飲んでいます。純米で一升瓶2500円以下のものを探して飲むようにしていますが、近頃はそういういい酒がわりとあるんです。できれば一升瓶1800~2000円くらいで済ませたいものですが……なかなかそうもいきませんね。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もだいたい同じ層のお酒をねらっていますね。
ただ私の方はもっといい加減ですので、本醸造でもまあいいやってき持ちで探しています。

少しピリッとするのかな

果実のようなとあったので、確か以前飲んだような・・・
私も時々美味しいお酒を飲ませて頂きます。
香川は金陵が有名です!辛めの部類でしょうか

美酒は酔いませんよね。飲みすぎも恐れが多く
出来ませんが!

Re:gatayanさん

gatayanさん、コメントありがとうございます。
乙山も基本的には本醸造酒くらいでいいと思っておりましたが、
純米を昨年末に続けて飲み、少し基準がシフトしてきたかもしれません。

だから、あてにならない、というわけなんですね。
これくらいでいいだろう、とわかったつもりになっていても、
そうじゃないんだ、という酒と出会ったりしまして。

もっと安くていい酒がありそうです。
純米は高くて当たり前、が今の感覚ですが、
もともと純米が「普通酒」だったんですからね。

Re:はちゃべえさん

はちゃべえさん、コメントありがとうございます。
香川の酒、ほとんど知りません!
いい酒があると聞くと、とりあえず飲んでみたくなる人間です。
ほかで教えていただいた酒を、まだ試していないのがたくさんあるのです。
「金陵」、覚えておきますよ!
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (5)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)