fc2ブログ

スクリッティ・ポリッティ 『ソングズ・トゥ・リメンバー』 (1982)

Scritti Politti / Songs to Remember (1982)

ScrittiPolitti_SongsToRemember.jpg
1. Asylums in Jerusalem
2. Slow Soul
3. Jacques Derrida
4. Lions After Slumber
5. Faithless
6. Sex
7. Rock-A-Boy Blue
8. Gettin', Havin' and Holdin'
9. Sweetest Girl



1980年代の終わり頃大阪に住んでいたとき、近所の中古レコード/CD店の店頭で処分品扱いみたいな廉価で売られているのを見て、思わず買ってきた一枚。

再生してみると、なんともいえない力の抜け具合に笑ってしまった。こういう力の抜け具合はブライアン・イーノの『テイキング・タイガー・マウンテン』の一曲目「バーニング・エアライン……」でじゅうぶん経験済みなんだけど、それでもこのCDの(1)のイントロでボヨンボヨンしたやつを聴かされるとがくっとくるなあ。

がくっときた私(乙山)は、これを買ってきた中古店に持って行き、もう一度買い取ってもらおうと企てたのだが、店員は「それはかんべんしてくださいよ」と取り合ってくれず、それ以来ずっと所有したままになっているCDなのだ。

しばらく聴かなかったけれど、何年か経ってから取り出して聴いてみると、なかなかいい感じじゃないかと気が付いた。グリーン・ガートサイドという人はブラック・ミュージックが大好きで、ソウルとかゴスペル、ファンクなどの音楽を聴き込んでいたのではないかと想像させられる。

(4)などはファンキーな雰囲気がよく出ているし、(5)はソウル/ゴスペル風のスローバラードなのだが、エレクトロサウンドでひねりを加えていて、しかもチョッパーベースが格好いい。(7)の最後はベースのソロがまるでジャズのようだし、(8)はレゲエのビートで、ポリスやUB40などレゲエを取り込んだバンドが活躍していた1980年初頭時の状況を反映しているようだ。

リズムボックスやキーボード(シンセサイザー)を使ったエレクトロ・ポップ的な要素を随所に見せながらも、全体としてはアコースティック主体であるような仕上がり。ファンキーではあるけれど、ストレートなノリでぐいぐいやるタイプではなく、ちょっとひねりが加えられた不思議なポップといえるだろう。

グリーン・ガートサイドのヴォーカルは、線の細い高域よりの独特の雰囲気がある。シャウトして迫力で押すのではなく、そっぽを向きながらそっとつぶやく感じのヴォーカルだ。マイケル・フランクスやデイヴィッド・シルヴィアンもこれに近いアプローチではないかと思う。

人によっては2作目の『キューピッド&サイケ85』のほうが完成度が高いという意見もあるようだけど、それは売れ筋サウンドのプロによって作りこまれた完成品のように思えてならず、手作り感あふれる本CDのほうが、よりグリーン・ガートサイドの魅力が詰まっているように感じる。


【付記】
● 不思議なひねくれポップ、といった感じのスクリッティ・ポリッティですが、いささかも泥臭さや土臭さは感じられず、むしろ洗練された雰囲気があります。乙山はこれを中古店に買い取ってもらって手放そうとしていました。今から思えばとんでもないことですが、これを聞いた当初はよさがすぐにわからなかったのです。断られたときは腹が立ちましたが、いまではそれでよかったんだと思っています。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

飛んで飛んで

マクドナルド&ジャイルズのエントリーからここまで飛んできました。私の大好きなアルバムです。キューピッド&サイケよりも好きです。特にFaithlessはシングル盤も持っていました。グリーンのヴォーカルはソウルフルですよね。彼も含め80年代のポストパンク世代はレゲエ、スカは勿論ソウルの影響を受けたアーティストが多かったと思います。The Slitsの「悲しいうわさ」のカバーとかも大好きでした。このスカスカ感が好き過ぎて、YouTubeでもよくこの辺りの曲を漁っています。

ところで、乙山さんのブログと相互リンクをお願いしたのですが、如何でしょうか。

Re: yuccalinaさん

yuccalinaさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
『キューピッド&サイケ』も『ソングズ・トゥ・リメンバー』もどちらも好きですが、
もしどちらかを名盤として推せ、となると、乙山は迷わず後者を推します。
それくらい『ソングズ・トゥ・リメンバー』が好きですね。
世評とは違いますが、どう聴いてもそっちのほうがスクリッティ・ポリッティらしい
というか、ガートサイドの魅力が詰まっているように思えます。

相互リンクの件、了解しました!
それでは、こちらからも、そちらへリンクを張っておきますね。
yuccalinaさんもそうとう、音楽に詳しい方だと感心しております。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (4)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)