fc2ブログ

ウィスキーに後光が差していた頃

Ballantines_Finest.jpg
今は昔、ういすきいといふ琥珀色なる飲み物の、いと高価なる時代ありけり。私(乙山)はウィスキーをはじめとする酒類の価格にかんする詳細を知らぬ。販売価格の半分以上が、実は酒税なのだとか。外国製の酒だと、そこに関税がかけられるのでさらに値段は高くなる。

ウィスキーの輸出国が、日本の焼酎もウィスキーと同じ蒸留酒であるのに、ウィスキーだけ税率が高いのはいかなることか、とウィスキーに対する税率の引き下げと焼酎の税率引き上げを要求した結果かどうか知らないが、いつのまにかウィスキーの値段は下がり、焼酎の値段が少し上がった。

私の記憶が確かならば、以前、ウィスキーは相当な高額商品だった。初めて買ったウィスキーは「だるま」と呼ばれるサントリー・オールドだった。確か、2800円くらいしたと思う。それを氷もなしに炭酸水で割って飲んだのだが、やたら塩辛く感じたのを覚えている。なぜこんなものをありがたがって飲むのか、まったく理解できなかった。初心者にありがちな話である。

サントリー・リザーブなどは3200円くらいだったと思う。とうてい手の届かないウィスキーである。いわんやサントリー・ローヤルをや、の天上世界。ウィスキーのソーダ割りに懲りた私は、コカ・コーラにサントリー・レッドを入れて飲むことにした。これなら、抵抗なく飲むことができる。こうして、次第にウィスキーの味に慣れ親しんでいったのである。

冬になると、ホットカルピスをつくり、そこにウィスキーを垂らして飲むのがおいしかった。コーラ割りにするのだったらレッドでもよかったが、ホットカルピスに入れると味が際立つのか、「角瓶」かオールドのほうがよかった。初めはほんの少し垂らすだけでよかったが、次第に量が増えていき、茶色に濁ったホットカルピスをちびちび飲るようになった。

その当時のオールドやリザーブの値段からすると、輸入物のスコッチウィスキーはやはり高かった。バランタインのファイネストなど、3500円以上したのではないだろうか。値札を見た確かな記憶がないのだが、たぶんそれくらいの値段はしたはずである。今ではもう目にすることがないが、昔はカティ・サークやホワイト・ホースのテレビCMが放映されていたものである。テネシーウィスキーのジャック・ダニエルズは7000円くらいだったと思う。

どおくまんの漫画『嗚呼! 花の応援団』にも、その頃のウィスキーが非常に高価だったことを示すエピソードがある。南河内大学(架空。実在の阪南大学あたりがモデルか)の応援団部室に、四年生幹部が大切に保存してあるジョニー・ウォーカーの黒ラベルがあり、それを見つけた主人公の青田赤道(あおたあかみち)が全部飲んでしまう。何も知らない四年生幹部は、とっておきの「ジョニ黒」を飲もうとボトルを見るが、空になっている。そのとき四年生幹部は「わ、わしのジョニ黒がぁぁぁぁ」と悲嘆にくれるのである。

「ジョニ黒」ことジョニー・ウォーカーの黒ラベルは12年もののプレミアム・スコッチウィスキーである。ふつうは六年貯蔵くらいのウィスキーをバッティング(ブレンド)して瓶詰め、出荷するので、ジョニ黒は6年ものスコッチのおよそ倍ほどの値段になる。たぶん、10000円では届かぬ値段だったのではないだろうか。よく贈答品などにも用いられ、かつてジョニー・ウォーカーの黒ラベルには後光が射して見えたものである。

ところが今はどうだろう。洋酒の輸入専門店でなくても、近所のスーパーマーケットで2500~3000円ほど(酒の量販店ではそれ以下)のお金を出せば、ジョニー・ウォーカーの黒ラベルを入手することができるのだ。ジョニ黒にはたいへん失礼だが、なんだジョニ黒か、みたいな雰囲気で眺めている自分を不思議に思ったりもしないようになってしまった。

まさに隔世の感である。以前は3500円あるいはそれ以上出さねば買えなかったスコッチウィスキーが、今や高くて1500円程度、安ければ980円程度で買うことができる時代になってしまった。酒飲みにはうれしい話だが、スコッチウィスキーが以前放っていた何かオーラのようなもの、それゆえ味もひときわおいしく感じられる何かを、今のスコッチウィスキーは失ってしまったような気もする。それは、うれしいけれどもどこか寂しい、複雑な心境である。


【付記】
乙山はウィスキー(特にスコッチ)が大好きで、以前は寝る前に必ずといっていいくらい飲んでいました。ところが最近、健康診断で肝臓の数値が気になりだして、数ヶ月前から寝酒としてウィスキーを飲むのをやめています。休日の昼過ぎ、思い出したように取り出して小さなグラスに入れ、水で半分くらいに割って飲むくらい。だけど夏になると、どういうわけかソーダ割りなんかを飲みたくなってくるのです。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

懐かしいですぅ

私はお酒はあまり飲みません
飲めないわけではないのだけれど さほど美味しいとも思わないので 

ここに出てくる うぃすきー よく贈答用に使いました
そしてよく頂きました
どういうわけか夫がこの類のものが好きだという噂が立ちまして 来る人来る人 うぃすきー でした
ちょうど 2本5000円くらいで箱も大きいし 手ごろだったのでしょうね

懐かしく拝見しました
ごめんなさいね 味じゃなくて


No title

昔は・・・高かったですね。収入が乏しかったこともありますが・・・それにしても高かった。
もともと味の分からぬ私ですから、いつもブラックニッカあたりで我慢・・・ちょっと贅沢で角瓶かな・・・

そんなラインナップは今では1000円、あるいはそれ以下・・・
世の中変われば変わるものです。
なんていったって焼酎よりも安いんですからね。


・・・・焼酎もえらくなったものだ・・・・

Re:dariaさん

dariaさん、コメントありがとうございます。
昔は、本当によく贈答に舶来ウィスキーが用いられましたね。
といっても、我が家に頂いたわけではないのですが。

ジョニー・ウォーカーは非常に有名ですが、じつは煙臭さが強い、
あまり飲みやすいタイプのスコッチではないのです。
それでも人気があったのが不思議です。

Re:gatayanさん

gatayanさん、コメントありがとうございます。
初めて飲んだウィスキーは炭酸割りにしたせいか、あまりおいしくなかったです。
いろいろやって、なじんで、だんだんおいしいと思うようになりました。

ウィスキーを毎日たくさん飲むこともありません。
以前は寝酒に飲んでいたのですが、今は飲まずに寝ています。
一本のウィスキーが何週間もなくならないで残っているのです。

それなら、ということで、シングルモルトのスコッチを飲んでみようかな、と思っています。

懐かしいです。

懐かしいお酒の名前がたくさん出てきました。

ウイスキーにまつわる一大文化、というものがかつてはありましたよね。
オンザロックの氷を、丸く削りだすバーテンダーさんとか(笑)。
ダブル、シングルの意味とか。
渋い大人の男の文化が、たばこにまつわる文化とともに廃れていくのは
大変さびしい気がします。

懐かしい曲を。
http://www.youtube.com/watch?v=KkAah2TF9xY
このコマーシャル、大好きでした。
貼り付けうまくできてなかったらごめんなさい。

Re:彼岸花さん

彼岸花さん、コメントありがとうございます。
さっそく、聴いてみました。
そうそう、これこれ! これですよ!

よくご発見なさいましたね。
乙山はあまりYouTubeを覗いておりませんので、
うっかりしておりました。

昔むかしのテレビCMは、味わい深いものが多かった。
今もそうなのかもしれませんが、今ではハードディスク録画機などを用いて、
必要な所以外はすっ飛ばして見ています。

なので現在のコマーシャルの味わい深いものも、
見逃しているかもしれないのです。
これは、いいのか、悪いのか……

すべてが、「いま、ここ」しかなかった時代のお話です。
コマーシャルも、番組も、輝いていたような気がしてなりません。

書き忘れました。

私はこの、リー・バン・クリーフという役者さんが好きで好きで。
最初はまったくの悪役スターだったんですけど、年を重ねるごとに
いい顔になっていって、実に味のある演技をする人になりました。
このコマーシャルも、彼の顔と、小林亜星(本人が歌っているそうですよ。驚きました。)
さんの曲だけで、深い人生の味わいを感じさせる、そしてウイスキーが飲みたくなる(笑)
コマーシャルを作り上げるんですから、何か、製作者の背負っているものが、大きく深かったんじゃないでしょうか。
サントリーのコマーシャルは昔、山口瞳とかがやってたんですよね。

これも懐かしいでしょう?
http://www.youtube.com/watch?v=PAxKJl0u9xw

Re:彼岸花さん

彼岸花さん、コメントありがとうございます。
サントリー・オールドのCM、小林亜星さんが歌っているとは!
知りませんでした。

山口瞳さんも、ネットで調べてサントリーの関係者だったと知りました。
一消費者は知る由もないわけで、ただCMを眺めていたわけです。
名前だけ見ると、女性だと思ってしまうような方ですね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (4)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)