もうボギーから卒業しようよ

Coat_muffler_glove.jpg
丈の長いコートに憧れていた。ピーター・フォーク扮するコロンボ刑事は、いつもよれよれのレインコートを着ていた。さえない風采、的を外したような尋問、不意をつく出没といったコロンボ刑事が、いつのまにか犯人を追い詰めていくのが痛快だった。一歩間違えると会社員のおじさんにしか見えないレインコートも、コロンボ刑事が着ると素敵に見えた。

かっこいいコートといえば、ハンフリー・ボガートが着ていたトレンチコートにとどめをさした。物のわからぬ中学、高校生だった私(乙山)でも、一目でその魅力にとり憑かれてしまった。心底、しびれたのだ。とにかく、かっこいいとしか言いようがないのである。いつか、大人になったら、ぜひあのコートを着てみたいものだ、とただもう憧れた。

トレンチコートは、第一次大戦のとき戦場で敵の攻撃から身を守るために溝を掘り、その土を前に積み上げた塹壕内でイギリス兵が着たという。だから、簡略化されていない本物のトレンチコートには、手榴弾をぶら下げるリング(Dリング)や、肩に銃や双眼鏡などを提げるための帯状のもの(肩章)が付いているようだ。

物を知らぬということは、恐ろしいものである。大学生の頃、大阪は阿倍野にある近鉄百貨店の男子服売り場の一角で、オフホワイトとかベージュ色のトレンチコートやレインコートを並べているのを見つけた。そこはバーバリーとかアクアスキュータムなどが集まった区画で、どこか近寄りがたい雰囲気を醸し出していた。当然、マクレガーなど若者向けの服を販売している区画とはまったく違った空気がそこにはあった。

憧れのトレンチコートを手に取り、その値札を見て私は飛び上がりそうになったのである。一桁、間違っているのではないだろうか、と思った。一、十、百、千、万……と何度数えてもその値段が変わるはずもない。他のコートも確かめてみたが、そこに並んでいるコートは、大学生ごときが買えるような品物ではないことを知った。

なるほど、そういえば店員は私に一瞥をくれただけで、近寄ってくることもなければ、いらっしゃいませの一言すら発しなかったではないか。この若造が、絶対にここにある服を買うわけがない、と一瞬のうちに断定したに違いない。癪に触るが、彼の断定に間違いはなかった。

そんな私にとって、本物のトレンチコートやレインコートは夢のまた夢でしかなかった。そういうものがこの世に存在することなど、完全に忘れてしまったほうがいいのであった。縁なき物は存在せぬに等しい、というわけだろうか。

それでも冬は来るわけで、何か防寒用コートを買わねばならぬ。とにかく寒さをしのげればそれでよいと考え、某チェーン衣料店で3ウェイジャケットと称して安売りしていたものをもとめて冬を二度越してしまった。マジックテープで前を留める仕様で、あのバリバリという音がするのだが、意外と暖かく、厳冬でもマフラーで首元をきっちりガードすればしのぐことができる。随所に露呈するチープさは隠しおおせないが、それを着ていて羞恥心を感じるほどではない。むろん、胸を張って歩けるわけでもない。

トレンチコートを着るにはそれなりの風格がなければ、と人はいう。私も数値だけからすると、もはや若者とはいえぬ年齢に達してしまったが、いったい、いつになったら風格とやらが備わってトレンチコートを着られるようになるのだろう。そもそも、なぜ人はトレンチコートを着る際に風格を求めてしまうのか。トレンチコートを着たら、ハンフリー・ボガートのように見えなければならないとでもいうのだろうか。

ボギーはボギーでしかないのだから、だれが着てもそう見えないことは、わかりきったことである。もういいかげん、トレンチコートにまとわりつくボギーのイメージを払拭してもいいのではないだろうか。そう、ボギーから卒業しようよ。そうして、トレンチコートなど、ただのコートでしかないといったふうに無造作にトレンチコートを羽織って街を歩こうではないか。

と、思いながらも、トレンチコートに手が出せないのはなぜだろう。


【付記】
● 本物のコートとまではいかないまでも、高品質のコートはやはり魅力的です。梅田の大丸とか神戸のそごうなどの男子服売り場でコートを見ていると(あくまで見ているだけですが)、店員が寄って来て声をかけてくれます。そんなとき、乙山も大人になったんだな、いちおう客として対応してくれてるんだなということを感じます。店員さんにはたいへん申し訳ないんだけれど、いいねえ、なんていいつつ薄笑いを浮かべながら、もうそこから離れようとしているんですね。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

tag : トレンチコート

コメントの投稿

非公開コメント

トレンチコート好きです。

トレンチコート、いいですねえ。
トレンチコートに限らず、私は昔ダスターコートとかスプリングコートとか呼ばれていた、
男の方のロング丈のコート姿が好きです。
今は、ダウンジャケット全盛の時代で、老若男女を問わず、ダウンジャケット姿が多いですが、たまに都心に出て、いかにも丸の内あたりのサラリーマンかなと思われるような男の方が、上質の黒いオーバーなどを無造作に着ているのなどをみると、ああ、すてき!と思ってしまいます。
トレンチコートにしてもオーバーにしても、無造作に着こなす、というところが肝心ですね(笑)。
女の人のトレンチコート姿というのもまたいいもので、私も、バーバリなどのブランド物はとても手が出ませんが、トレンチコートは良く着ます。着こなしてるとは言い難いですが。

乙山さん。きっとトレンチコートがお似合いだろうと思います。
ぜひ、お召しください(笑)。
アップなさったジャケットとシャツもすてきです。

Re:彼岸花さん

彼岸花さん、コメントありがとうございます。
トレンチコートにあこがれて、もうかなりになりますが、
なかなか手が出せないでいます。

もう、ボギーから卒業しようよ、などといいながら、
その呪縛にとらわれているのは乙山なのかもしません。
ううむ……トレンチコート。

それが似合うには、やはりいろいろと条件があるみたいな……
とかなんとかいいながら、厳冬の季節を乗り切れば、
もう春がそこまでやってきているわけですものね。

今年はコートを見に行くことさえしていませんでした。

オーヴァーコート

オーヴァーコートについてお書きくださったので、
トレンチコートの記事に戻ってきました(笑)。

今日も都心に出て、皆さんの着ているものを見たのですが、
ダウンジャケットをお召しの方が多いですね。
そんな中で、上質のオーヴァーコートをさりげなく着てらっしゃる紳士など
お見かけすると、私は、ああ、美しい、と思ってしまいます。

Re:彼岸花さん

彼岸花さん、再コメントありがとうございます。
なるほど、そういえば、ダウンジャケットの人が多いですね。
ダウンジャケットが暖かく、そればかり売っているからかもしれません。

軽くて暖かいコートが欲しいと思っています。
どう見えるかは別としても、です。
心から満足できることは難しいです。
とりあえずの満足で冬を乗り切るぞ! ってな感じです。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (6)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)