fc2ブログ

マイケル・ブーブレ 『マイケル・ブーブレ』

Michale Bouble / Michale Bouble (2003)

Michael Bouble
1. Fever
2. Moondance
3. Kissing A Fool
4. For Once In My Life
5. How Can You Mend A Broken Heart
6. Summer Wind
7. You'll Never Find Another Love
8. Crazy Little Thing Called Love
9. Put Your Head On My Shoulder
10. Sway
11. The Way You Look Tonight
12. Come Fly With Me
13. That's All



マイケル・ブーブレのデビューCD『Michael Bouble』を店頭で見たとき、フランク・シナトラを思わせる大型新人云々などと宣伝文句に書いてあった。フランク・シナトラという文字を見て飛びつく客層っていったい……などと思いながらもCDを手に取り、結局買ってしまった。ジャズ・ヴォーカルにおけるフランク・シナトラの影響は想像以上に大きなものなのだろう。

磨き上げられた白い階段から、タキシードに身を包んだ歌手が優雅に下りて来て、途中の踊り場でひらりと身体を一回転させ、こちらを向いたときには両手を広げて観客ににっこり笑顔を……そんな映像が浮かんできそうなゴージャスな雰囲気に満ちたサウンド作りになっている。プロデューサーは80年代によく名前を聞いたディヴィッド・フォスター。

マイケル・ブーブレのヴォーカルは基本的に豊かな声量と安定感があり、ちょっと低めのテノールといった感じだが、聴く者を惹きつける魅力がある。「ロマンティック・ヴォイス」なる宣伝文句も伊達ではなかったわけで、なるほど……と納得。しかも曲にあわせて声の出し方を細かく変える芸達者な面も持っている。

たとえばヴァン・モリソンのカヴァー(2)ではロック・シンガーふうに喉から声を出しているし、ポール・アンカの(9)ではどこまでも優しく甘く、夢見るような声。(10)はラテン音楽、(11)ではボサノヴァ、(13)はチェット・ベイカーを思わせるささやきを聴かせてくれる。

(3)Kissing A Foolはジョージ・マイケルがオリジナルで、私(乙山)はこの曲のためにジョージ・マイケルのアルバム『Faith』を買ってしまったほどである。オリジナルの盛り上がりを見せる部分(3:33)でジョージ・マイケルが高音で歌い切っているところを、マイケル・ブーブレは大人しく音を低くして(2:50)歌っている。いずれにしても甲乙付けがたい出来になっているわけで、私はどちらもiPodに入れて聴いている。

私が知らないだけかもしれないが、どうも男性ジャズ・ヴォーカルのリリースが女性のそれと比べて極端に少ない気がしてならない。女性ヴォーカルばかりが元気なジャズ・ヴォーカルにおいて、マイケル・ブーブレのような男性ヴォーカルの登場はうれしいことだ。


【付記】
● どうやら「マイケル・ブーブレ」と表記するのが定着しているようですが、個人的には「ミシェル・ブーブレ」と呼びたい気がします。カナダでおそらくケベック州の人だと思われることですしね。Michael Boubleの最後の e にちゃんとアクサンがついています。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今晩は。

マイケル・ブーブレ。
You Tubeで聞いてみました。ちょっとかすれたような、でも、鼻にかかった
甘い声ですね。
私としては自分のブログで、ディーン・マーチンの歌唱を紹介したこともあり、
Sway が、とっても気に入りました。
とろとろに甘いディーン・マーチンの歌とまた違った、清潔な甘さ、とでも
言うような歌い方で、魅力的でした。
正確で、けれんみのないところがいいなあと思います。

Re:彼岸花さん

彼岸花さん、コメントありがとうございます。
若いジャズヴォーカリストで、こういうタイプの人は少ないのではないかと思います。
だからこそ、なのでしょうか?
そもそも、男性ジャズヴォーカル自体が少ないのです。
乙山はビング・クロスビー(1930年代)とナット・キング・コール・トリオのCDを注文しました。
届くのが楽しみです。

No title

拙ブログにコメント、ありがとうございます。
ビング・クロスビーとナット・キング・コールも良さそうですね。
懐かしいです。

私も最近もっと音楽聴こうと思っているところです。

Re:彼岸花さん

彼岸花さん、こんにちは。
とても古い音源(1920~40年代)を聴きこみ、それに慣れてしまうと、
比較的古い音源(1950年代)がとてもよい音に聞こえてありがたみが増すんですね。
このあいだもローズマリー・クルーニー(1950年代録音)を聴いたのですが、
古い感じもなく、とても楽しめました。
また寄らせていただきますね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (4)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)