fc2ブログ

能登杜氏入魂の灘の酒 「道灌」

Dokan_junmai.jpg
池田の酒「呉春」を買った酒屋さんで「旨い灘の酒はありませんか」と尋ねたところ、教えてくれたのがこの「清酒道灌」である。酒の名「道灌」は、室町時代の戦国武将で江戸城を築いた太田道灌に由来するという。何しろ蔵元の名前はずばり「太田酒造株式会社」なのだ。

太田酒造のホームページによると「太田家は江戸の初期、道灌公の末流太田若狭守正長が越前福井藩から海道の要衝近江の草津に移り、代々関守をつとめてまいりましたが、その後この宿場で酒造りを始め、遠祖の名に因んだ清酒「道灌」は東海道や中山道を往来する人々に、これぞ天下の銘酒と賞味されてまいりました」とある。

つまり太田酒造は滋賀県草津市が本拠地で、そこでも酒蔵があって酒造りを続けているが、灘にも「千代田蔵」という酒蔵を構えて「灘の酒」として酒造りをしているというわけだ。灘の酒というと、ふつうは丹波杜氏が携わることが多いそうだが、「道灌」では能登杜氏が仕事をしているのだと酒屋さんに教えてもらった。

真っ白ですかすかのラベルの真ん中には、一部が欠けた楕円形のようなものが見えるけれど、これは米の一粒だけを描いたものだろう。太田酒造のホームページを見てもそういうデザインのものは見当たらないので、新しいデザインかと思う。右のほうには「灘の生一本」という文字と「道灌」が配され、左下には「千代田蔵」の文字が見える。

Dokan_junmai2.jpg私(乙山)は酒肴をあてにもっぱら酒を飲み、その後「食事」をとる飲み方ではなくて、晩御飯と一緒に酒を飲むので、酒はだいたい本醸造(昔でいう一級)か普通酒(二級)を選んでいる。吟醸酒が旨いのはわかっているが、料理の引き立て役としてのそれらは少し個性が強すぎるのだ。とか言いながら、じつは経済的な事情も大きく影響しているのかもしれないのですが……なんだかんだ言いながら「特別純米道灌」を開栓。

黄色がかった酒の色は、灘の酒ではあまり見かけないと思うが、これも私が知らないだけかもしれない。一口含むと、まず「旨み」が感じられ、そしてほのかな甘みと香りが後を引く。これは旨い……と思いながらもう一度杯を重ねる。表示を見ると「日本酒度:+4.5 酸度:1.5 アミノ酸度:1.2」とあるが、とくに辛口というふうには感じないし、なんとバランスの取れた仕上がりなんだろうと感心してしまった。

変な喩えかもしれないが「久保田」の旨みに香りと切れが加わった酒、とでも言っておこうと思う。灘の酒といってもいろいろあるんだな、と改めて思わせてくれた「道灌」であった。問題はお値段のほうなんですが、消費税込みで2415円(一升瓶)がメーカー希望小売価格。これなら、なんとか買えないこともないなあ……純米酒だからこれくらいは当たり前なんだけど。今日はいい酒を飲むぞ、と気分が高揚しているときにこそ買いたい酒ですね。


【付記】
● 以前このウェブログで灘の酒「仙介」の記事に「かすかに木の香りがする」と書きましたが、お酒屋さんにその話をしたところ、「仙介」の蔵元では新しい醸造所を作っており、そこに使われている木の香りが酒にうつったもので、それは蔵元の本意ではない、とのことです。

木の樽で醸造したわけでもなく、醸造した後に木の樽に移して保存したわけでもないのに、どうしても木の香りが残ってしまったのだそうで、「よくわかりましたね」と酒屋さんが感心していました。あてにならない乙山の味覚ですが、不思議なこともあるものです。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

おおっ、道灌は見覚えが…と思ったら、職場の近くの酒屋に置いてある銘柄でした。
ただ、特別純米とか吟醸クラスになってしまうようですが。
今度行ったときに検討してみます。

Re:RSさん

RSさん、コメントありがとうございます。
じつは乙山も「道灌」の存在を最近まで知りませんでした。
酒もそうですが、音楽でも小説でも、何でもそういうことなのでしょう。
少しずつ、世界が広がっていくのが楽しみです。

ビックリ!

道灌は、以前雄琴温泉に旅行に行った時、
滋賀県の地酒として飲んだ覚えがあったので、滋賀県だけのものだと思っておりました。
まさか、とまとの育った神戸にも、酒蔵があったとは!!
ビックリです♪

困った・・・
こちらのブログにお邪魔すると、お酒が飲みたくなってしまう(>_<)
無事に出産を終えて、以前のようにお酒が飲めるようになる日が、待ち遠しいです(笑

Re:とまとさん

トマトさん、コメントありがとうございます。
乙山はけっして酒をメインにしたウェブログだとは思っていませんが、
酒の記事をほめてくださる方もいらっしゃいます。
ううむ……カテゴリーを見ると、酒が一番多くなってしまうのも時間の問題か。
どうもそうなってしまいそうです!
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (4)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)