fc2ブログ

レンコンと豚肉のさっぱり甘酢炒め

B3B23B48-96C1-49AF-B698-87697F8FA41D.jpeg
レンコン好きにとってレンコンが安くなるのは嬉しいことだが、レンコン水煮のパックは価格が安定しており便利である。生レンコンに比べだいたい4割くらい安くなっている。サッときんぴらを作ったり、筑前煮なんかを作りたい時にじつに重宝するのである。しかし多くは外国産であり、次亜塩素酸ナトリウムで処理されているので栄養価は少なく危険なのではないか。

横着者の私はカット野菜もよく使うのだけど、やはり次亜塩素酸ナトリウムに浸した後、水で洗浄して袋詰めされているので、水溶性の栄養素が欠落し、添加物の危険性もあるかもしれない。いったいどれくらい危険なのか調べてみると、次亜塩素酸ナトリウム液を野菜の洗浄に使う場合、100〜200ppmという濃度になっているらしい。

200ppmをパーセントに換算すると0.02%になる。味覚に置き換えてみると「おいしい」と感じるのは食塩0.8%以上で、しかも水で洗浄されているので味覚的に添加物を感じるのはほぼ不可能といえる。食品工場でアルバイトした経験があるから言うのだが、家庭のキッチンとは比較できぬ厳重さで衛生管理されており、家の台所のほうがよっぽど不衛生で危険だと断言できる。

だからといって水煮パック野菜やカット野菜が「安心・安全」を保証してくれるわけではないのだが、たまに使うくらいはいいのではないかと思っている。そんなわけで今回はレンコンの水煮パック(外国産)を使って豚肉とレンコンの甘酢炒めを作ってみよう。豚肉はいろんな部位が混じっている細切れ肉を使用する。1人用なら50gだけど、100gくらい使ってもいい。

下味をつけるには塩・コショウをもみ込むとか、酒と醤油でもみ込むとかあるが、後者にした。その後、片栗粉を入れてよくもみ込み、しばらく放置する。その間に合わせ調味料を作っておきましょう。甘酢といえば中華風に傾く傾向になるが、酢豚とか肉団子の甘酢みたいな方向ではなく、ケチャップを使用しないあっさり系の味付けでいこうと思う。

レンコンと豚肉で200gオーバーなので、塩分量は2g前後を目指す。めんつゆ(2倍濃縮)大匙1、創味シャンタン粉末タイプ小匙1、みりん大匙1、酒大匙1で合わせ調味料とする。フライパンに油を入れ、豚肉を炒める。ここではしっかり火を通し、おいしそうなきつね色になる感じ。レンコンはすでに火が通っているので温まったらOK。

最後に合わせ調味料を入れ、全体に絡めながら炒めていくと、水気がほとんどなくなり軽いとろみがついてくれるのは豚肉に片栗粉を入れてもみ込んでおいたおかげ。かなりうす味になっているが、濃いめの味にするなら合わせ調味にオイスターソースなどを加えるといいと思う。これがあるとコクが出て便利なので、なんにでもオイスターソースを使ってしまいがち。

さてレンコンと豚肉のあっさり甘酢炒めができましたよ。予想通り、豚肉とレンコンだけでは色目がちょっと、だけどね。見た目のキレイさが欲しい向きはニンジンの薄切りとかサヤインゲンを入れるといいんじゃないかな。味もほぼ狙い通りで、酢豚とは違ったあっさりさっぱり系の甘酢にできた。できるだけ酢を食事に取り入れるつもりでね。


【付記】
近隣の商店、パック野菜と調理済みパック惣菜の品揃えが豊富になってきました。生野菜はスーパー市場に比べると割高なんです。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

お久しぶりです。
今回の退院後は非常に疲れました。
しかもパソコンの不調と重なって、やる気も失っておりました。
何度もコメントをいただきながら、申し訳ないことです。
しかし、改めて乙山さんのブログを拝読すると、
料理は当然プロ、しかも言葉だけで味を伝える文章力は、
さすがのものと感服しきりです。
何事にもいい加減なナンテイ、せめて料理ぐらいは乙山さんに習って、
正しく調理しようと思った次第です。

Re: こんばんは。;南亭さん

南亭さん、コメントありがとうございます。
南亭さんの場合、通常とは違うと思いますので、
疲れの度合いも大きいのではないかと想像します。

パソコンの調子が悪いのも困ったものですね。
今はiPadでやっておりますのでなんとも言えませんが、
これもいつ壊れるかわかったものではありません。

まあ、料理を出してお金をもらっていた以上、
一応は「プロ」ということになる、のでしょうが、
本当のプロからすると「笑わせないでほしい」のかと。

実際そうなのだと思います。
料理の場合「正しさ」は度外視してもいいのではありませんか。
だれが何と言おうと、自分がうまいと思え、
やり易いと思ったのがその人にとっての正解だと思うのです。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (1)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)