fc2ブログ

aiko「カブトムシ」

aiko「カブトムシ」を初めて聴いたのは長年住んだ大阪の天王寺を離れ、宝塚の仁川という町に引っ越しした頃(2000年)くらいだったと思う。テレビで音楽ビデオが流れていたのを視聴して衝撃を受けたのを覚えている。「カブトムシ」は1999年発表された4thシングルで今(2021年)からすると古い曲だが、カラオケのランキングで現在でも上位に入る人気曲である。

今はネットで調べれば大抵のことはわかるので便利なものだ。「カブトムシ」のキー(調)はE♭(変ホ長調)だという。ドレミでいうと「ミ」を半音下げた音が基調になっておりB、E、Aをそれぞれ半音下げた音階になっている。この音階に3度、5度の音を加えたトライアド(3和音)のダイアトニック・コードはE♭/Fm/Gm/A♭/B♭/Cm/Dm-5である。

最後のDm-5を除くコードが「カブトムシ」で使われるが、楽譜を見るとセブンス・コード(4和音)が実によく使われている。興味深いのはこの調でふつう使われることのないAmが滑り込ませてあることで、また多くの人が指摘しているようにコードにない音でメロディーが歌われる時もあることも相まって、長調(メジャー)なのにどこか不安定でブルーな雰囲気になっている。

イントロの印象的なエレクトリック・ピアノ(何かは不明)の背後でストリングス(弦楽器)のような音が支えているがこれはメロトロン(の復刻版?)。編曲とプロデュースをした島田昌典によるもので、録音時は同氏がエレピを弾いてメロトロンは後録りしたのかもしれないけど、このピアノの伴奏が本当にエレガント。プレズ*のテナーを伴奏するテディ**みたいに。

気弱な自分を硬い殻(シェル)で守ったカブトムシに喩えている歌詞がまた秀逸で「鼻先をくすぐる春/凛と立つのは空の青い夏/袖を風が過ぎるは秋中/そう 気が付けば真横を通る冬」なんてもう凄いとしか言いようがない。自分の気持ちを正直に伝えられない女の子の気持ちを、まっすぐに歌い切った歌詞がどこまでも切なく、愛しい。

aikoの高域は低めアルトのそれだが低域がすごく伸びていて主旋律は伴奏より低めをなぞることもあるのだが、時にポーンと高域に飛ぶこともあり、これが実に印象的な効果を生んでおりカラオケで歌うのに高難度になっている。独特の揺らぎというか不安定なブルーを再現するのもかなり難度が高いもので、たいていのカバーを聴いてもすぐに止めたくなってしまう。

「花火」も独特のリズムとテンポ感があって、1、2回聴いただけでカラオケで再現するのは不可能で、相当回歌い(聴き)込まないと無理。自然に歌っているように聞こえるけどaikoの曲はかなり独特***なんですね。aikoという類稀なる才能と島田昌典による最強タッグの「カブトムシ」は、全てを包むこむようなエレガントなエレピと、メロトロンのフルート音で静かに閉じられる。

*レスター・ヤング(1909-1959)。
**テディ・ウィルソン(1912-1986)。
***例えば「いきものがかり」の曲だと初見でもカラオケで一緒に歌えそうな「親しみやすさ」がある。



【付記】
サビ前の墜落感(?)も島田昌典によるものかと。20年前の曲とは思えない色褪せなさがありますね。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

デジャ・ブ

こんばんは。

乙山さんのブログで、aikoさんの歌を始めて聴きました。
そう、始めてのはずなんですが、どこかで聴いた事が
あるような不思議な感覚になりました。

Re: デジャ・ブ;オッカイポさん

オッカイポさん、コメントありがとうございます。
そうですか初めてaikoの曲を……
イントロから歌詞、伴奏、エンディング、どれも好きです。
これを音楽ビデオで初めて視聴したときの衝撃は忘れられません。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (5)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)