fc2ブログ

殻付きピーナッツ

B106F43A-E526-43AD-B4CE-7C6785DAEE72.jpeg
村上春樹の初期小説に、「僕」が鼠と出会って行きつけのバーでビールを飲み、床をピーナッツの殻でいっぱいにした、というようなのがあったと思うんだけど、読んだときは「そんなに食べて大丈夫なの?」と思った。昔からピーナッツを食べると「ニキビが出る」とか「鼻血が出る」という言い伝えというか伝説(?)があってお年頃だった私は敬遠していた。

ところで「床がピーナッツの殻でいっぱいになる」とはどういうことだろうか? ふつう日本人の感覚からするなら、殻付きピーナッツが盛られた皿があれば「殻入れの皿」があるもので、殻が床に散乱することはないのでは、と思うのではないだろうか。神戸は横浜と並んで最も早く開港が進んだ地域で、当時の外国人のやり方がそのまま残っている可能性がある。

例えばレストランでフォークまたはナイフをうっかり落としてしまった、とする。それがファミレスだったら、呼ばれた接客係は「フォークが落ちたから拾ってくれ」と言われると「なにこの客」と思うかもしれないが、テーブルマナーとしては客が取り落としたものを自分で拾うことなどあってはならないので、もし貴人やVIPなら尚更のことである。

だから殻付きピーナッツが出された場合、「殻をどうするか問題」が付きまとうことになるが、おそらく「僕」の行きつけのバー(ジェイズ・バー)では客がピーナッツの殻を床に捨てる(落とす)のを容認していたのではないかと思う。日本の飲食店においては極めて稀なことであるが、神戸(舞台は海に近い芦屋)の一部の店では本当だったのかもしれない。

殻付きピーナッツは低GI食品で値が15なんです。GI値とはグリセミック・インデックス(グリセミック指数)で、摂取後2時間においてどれだけ血糖値が上がったかを示す値。60を基準としてそれ以上が高GI食品(最高値は100)で、それ未満を低GI食品としているわけです。だから殻付きピーナッツの15は、ものすごく優秀といえる。

食物摂取後はどんな人でも血糖値は上がるものだが、そこでインスリン(膵臓で作られるホルモン)が血中のブドウ糖の代謝を促す。日本人のインスリン分泌量は欧米人より少ない(人による)ので、日本人は「糖尿病になりやすい体質」といえる。そのような体質の人が欧米型の食事をすると、必然的に糖質/脂質の過剰摂取(糖尿病の要因)になってしまう。

ピーナッツの半分は脂質で、だからこそ「食べたら太る」といわれてきたわけだが、その脂肪はオレイン酸/リノール酸/パルチミン酸/αリノール酸などであり、悪玉コレステロールを減らし、血管をしなやかにする効果があるそうだ。またピーナッツの薄皮にはポリフェノールが含まれており、抗ガン作用やアンチエイジング効果があるという。

ピーナッツをそのまま食べるより、バターで炒めて塩を振った「ソルト・ピーナッツ」のほうがうまい、というのはわかるけど、ただでさえ脂質の多いピーナッツにバターはヤバいでしょう。それに塩もね。高血圧の人は特に、塩分のとりすぎに注意する必要があるからね。物足りないかもしれないけど、ピーナッツはそのままがお勧め。無塩の素焼きナッツとかもね。

ピーナッツの効果は他にも色々あるようだけど面倒くさい(おいおい)ので書かない。ウェブでいくらでも調べることができますよ。良いこと尽くめのピーナッツだけど、カロリーは100gで500kcal超えてるので食べ過ぎには要注意。なのでピーナッツの殻で床いっぱいになるってのは、若いから許されるので、ある年齢を超えたらそういう行為は慎みましょうね。


【付記】
殻付きピーナッツ、近隣で買えるのは外国産なんです。本当は千葉県産のをやりたいんですけど、もはや高級品になってしまいました。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

中国の田舎の食堂は床がゴミだらけでした。
みんな下に落とすんですね。
日本人の食事作法って、当たり前のように思っていたけれど
アジア的にみると、すごいのかも。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、コメントありがとうございます。
なるほど、確かジェイって中国系のハーフだったような……
だから「ジェイズ・バー」は中国式だったんでしょうね。
外国式とは思ったんですけど、中国式が正解でしょうね。

こんにちは。

落花生、本場のこちらでもお高いですよ。
以前はお中元といえば落花生でしたが、
年々に値段が高騰してゆくので、わたしども庶民は敬遠するようになりました。
こちらの人気といえば「茹で落花生」です。
炒った香ばしさはありませんが、ねっとりした脂質と甘みが得もいえません。

No title

当時、三宮辺りの英国風バーはそんな感じでした。床に殻。滑って転けるちゅーねん。

Re: こんにちは。;南亭さん

南亭さん、コメントありがとうございます。
ネットで値段を見てのけ反ってしまったんですが、
南亭さんが仰るのなら本当なんでしょうね。

ピーナッツも無塩で体に良さげなので食べ始めました。
夜勤明けの昼飲みのお供になっています。
もちろん外国産です。

Re: 荻野さん

荻野さん、コメントありがとうございます。
やはり神戸は外国流が残っているのだと思います。
作中のマスターは中国系ハーフだったと思いますので、
中国式か英国式かわかりませんよね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (1)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)