fc2ブログ

鶏胸肉とピーマンのあっさり炒め

76C05DE9-919F-4E97-A226-F63779DE1B7D.jpeg
ピーマンが安いとつい手に取ってしまう。青椒肉絲もいいけれど、それによく似た、よりあっさりしたのをやってみようと思う。鶏胸肉とピーマンのあっさり炒め、みたいな感じだ。鶏胸肉1枚買うと300〜400gあるので半分にカットして残りは冷凍保存しよう。鶏胸肉はかなり厚みがあるので観音開きにして厚さを揃え、さらに繊維を断つ方向で細切りにする。

醤油と酒を少し垂らし、軽く下味をつけ、片栗粉をまぶして全体を揉み込むような感じで。この際、使い捨てポリ手袋があると便利だし、スーパー市場でもらったビニール袋に入れて同様の作業をしても幸。片手鍋に水を入れて点火、完全に沸騰する寸前の、鍋に泡が出るくらいで胸肉を入れ、菜箸でほぐすように火を通す。後で火を入れるので半分くらいでよい。

胸肉に半分くらい火が通ったらボウルに張った水に入れ、余熱で火が通るのを防ぐ。片栗粉をまぶしたことで表面がヌルッとして食感が良くなり、タレの絡みも良くなる。さらに片栗粉のおかげで軽いとろみがつくってわけ。ピーマンは縦半分に切って種を取り、繊維を断つ方向で細切りにしておく。4〜5個で2人分だけど、1人で全部食べきることができる。

油をフライパンに入れてピーマンを炒め、ある程度火が通った所で鶏胸肉と合わせる。ピーマンがシャッキリしていたほうが良い、という意見と、くったりしていたほうが青臭くなくて良い、という向きもあるだろう。その辺りはお好みで。味付けは創味シャンタン粉末タイプを小匙2、だけ。鶏胸肉とピーマンの総量が200gオーバーなので、これでいい。

さて「鶏胸肉とピーマンのあっさり炒め」ができましたよ。本当にあっさりしており暑い季節にぴったりだ。酢を入れるとさらにあっさりするだろう。そんなもん食えるか、という意見もあるだろうけど、今の食の質が後の身体の質を決定する、と思っている。哀れみたい向きや笑いたい向きはそうして下さることを願う。一種の社会貢献にもなっているんじゃないかな。

もう好きなものを好きなだけ食べてよい時期はとっくに過ぎている。塩分制限に加えて糖質制限も考えないといけない。できるだけ加工食品や出来合いの惣菜を避け、純度の高い白い食品も控えるようにしないとね。甘い清涼飲料とか甘い炭酸飲料も厳禁しなくちゃ……あのね、そういうのってもう「病人食」とか「老人食」っていうんだけど、知ってた?


【付記】
食の問題は難しいです。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

むね肉はどうしても敬遠しがちですね
唐揚げにするとかすかすですし。。。
この調理法はいただきですね
やってみる価値あります
むね肉買いに行かねば。。。ピーマンもなかった!

Re: きょろさん

きょろさん、コメントありがとうございます。
そうですね、普通は鶏の胸肉なんて食いませんよね。
私だってそうだと思います。

特別の理由でもない限り、鳥の胸肉を好んで食べることもないのかと。
記事にも書きましたが「老人食」や「病人食」レベルですよね。
でも私はそれが必要な健康レベルなので。

水晶衣?

近年のピーマンは昭和の頃と比べて苦味が殆どないので、味が馴染めば充分かも知れませんね~。
そして、胸肉やささ身の淡白さを片栗粉の膜がフォローして、コクにも似た相乗効果がありますね。下味をせずともポン酢だけで美味しゅうございました♪

Re: 水晶衣?;つっちさん

つっちさん、コメントありがとうございます。
仰るように近頃のピーマンはあの「えぐみ」が少ないですね。
胸肉やササミは片栗粉をまぶしてやるといいんですよね。
つるっとして食べやすくなりますし、
合わせ調味料の絡みも良くなります。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/11 (14)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)