fc2ブログ

豚肉と新玉ねぎの黒胡椒炒め

F0F699B6-21E9-4816-B5A0-922B16A6910E.jpeg
新玉ねぎが出回り始める季節になった。新玉ねぎ丸ごと1個をホイルに包んで魚焼きグリルで焼いてもおいしいが、今回は豚肉と合わせて炒め物にしようと思う。豚肉と玉ねぎだけでは全体が白っぽくなるので緑色が欲しいところ。青ネギでもいいけどピーマンを選んだ。これに黒胡椒をたっぷり使ってピリッとした味わいを楽しむ算段である。

豚肉はバラ肉でも細切れ肉、生姜焼き用いずれでもいいけど細切れ肉を選んだ。分量は1人分だと50gくらいが適量だが野菜炒めではないので100gほど用意してガッツリ(?)いこう。細切れ肉だからそのままでもいいが大きめのがあると食べやすい大きさにカットしておきます。塩をひとつまみ、あるいはめんつゆ(2倍濃縮)を少し入れて下味をつける。

そこに片栗粉を入れて全面によくまぶしておく。玉ねぎは1人分で1/4個くらいが適量。たくさん食べたい時は1/2個使うといい。ざっくりとくし形に切ってひとつずつ切り離しておきましょう。ピーマンは2個使って、玉ねぎと同じくらいの大きさにカットする。青椒肉絲より少し大きめ(太め)の感じにするといいんじゃないかと思う。

合わせ調味料はめんつゆ大匙1、酒大匙1、粉末鶏がらスープ(創味シャンタン粉末タイプ)小匙1、黒胡椒を合わせておく。塩分量は約2gで、食材の総重量が200gなら約1%の味付けになる計算。中華風にしたい向きはめんつゆの代わりにオイスターソースを使い、ごま油を適宜加えると幸。パンチの効いた味付けにしたいなら焼肉のタレを使ってもおいしい。

フライパンに油を入れ、玉ねぎとピーマンから炒める。新玉ねぎは水分が多めで火を通し過ぎると面白くないので、7割くらい火が通ったらいったん引き上げて皿に移す。次いで中火で豚肉をほぐしながらゆっくり炒める。強火でやると焦げ付いてしまう恐れがあるのでご注意を。8割がた火が通ったら野菜を戻し、合わせ調味料と絡めて炒めたら出来上がり。

さて豚肉と新玉ねぎの黒胡椒炒めができましたよ。玉ねぎとピーマンを入れすぎるとただの野菜炒めになってしまうけど、野菜もたっぷり食べたいよね。ただの野菜炒めの何が悪い、って話だよ。黒胡椒がピリッと効いていていいですね。写真の豚肉よりもう少し火を通してカリッとさせ、おいしそうな焦げ目をつけたほうがいいかもしれない。


【付記】
東北だとピーマンはまだ高いですね。宮崎産などがよく出回っています。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

新玉ねぎと豚肉の中華風炒めは先日作りました
夕ご飯に食べて、朝にもね!
今回のタマネギ、新玉ねぎ10玉がめちゃ安かったから購入したのですが、私にとっての「新玉ねぎ」は、淡路島産の生で齧れる甘い新玉ねぎなんですよね
そうでなく、フツーに「新もの」でした。苦みもきついし。。。産地は秘す。
そんなわけで、サラダにするのはあきらめて、ナポリタンに入れたり炒めたりしています
玉ねぎも種類があるのですね!

Re: きょろさん

きょろさん、コメントありがとうございます。
豚肉と玉ねぎ炒めはシンプルだけどおいしいですね。
関西では淡路産がやはり人気だと思います。
こちらでは北海道産の新玉ねぎが人気です。
あれば何かと使えますから、やはり玉ねぎは重宝しますね。
辛みとか苦みは有効成分かと思いますので、
それはそれで「良い」のではないかと思いますが……

No title

ピーマンと玉ねぎ、今、安いですからね。
毎日のようにいただいています。
最近、味付けに焼き肉のたれもよく使いますよ。
片栗粉をまぶすひと手間は
面倒臭くてなかなかやりませんが
料理が本格的になるんですよね。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、コメントありがとうございます。
こちらではピーマン、まだ高いです。
1袋で120円以上しますので……
焼肉のタレは便利で、私もよく使いますが、
隠し味として使う事が多いです。
片栗粉をまぶしておくと焼き色がつきますし、
肉の旨みを閉じ込めてくれる上、
合わせ調味料にとろみが付くんです。

こんにちは。

豚肉、新玉、ピーマンの炒め。
おかずにもなれば、お酒のアテにもいいですね。
それにしても乙山さんはエラいです。
男子一人では野菜を料理することは少ないし、
ましてやのん兵衛は、野菜を敬遠しがちです。
居酒屋でも野菜を注文するとすれば、塩トマトぐらいなものでしょう。
私も野菜嫌いでしたが、畑を始めてからやっと野菜料理を学ぶようになりました。
ただ、今でも人参、ブロッコリー、ゴーヤーとか苦手なものは多数あります。

Re: こんにちは。;南亭さん

南亭さん、コメントありがとうございます。
本当は野菜と魚を中心にしたいのですが、
今や魚はおしなべて高級食材となりつつありますので。
おいしいサバ缶は200円を覚悟しないとなりません。

身体の調子にもよるのかもしれません。
高血圧や高コレステロールを抱えていますので、
半ば食事療法も兼ねての料理となっております。
人には出せぬ味かもしれません。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (1)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)