fc2ブログ

Was confirmed as the pervert

高校最後の夏休み、美術部だったので体育祭のメインパネル製作をする名目で学校に集合した。サブロク(90cm×180cm)の木枠にベニヤ板を貼ったパネルに水性塗料のホワイトを塗り、乾いたところでパネルを並べ、かねて描いておいた下絵をメインパネルへ拡大模写するのである。芯が異様に太いスケッチ用鉛筆で下絵を見ながら写していく。

薄いベニヤ板を踏み抜かないよう、それこそ四つん這いになって転写していくんだけど、私のちょうど真ん前で作業している1学年下の女子KSがネック広めのオーバーサイズTシャツを着ていて、少しというかたいへん目のやり場に困ったのである。あちゃあ、もうブラどころかお腹まで見えちゃってるよ。目のやり場に困りながらも、やはりチラ見してしまう。

そうか今日はライトブルーのブラか、としたら下もお揃いなのかな、とかあらぬ事を想像していたら、いつの間にか私の隣に同級生のY君が来ていて、「おいKS、見えてんぞ!」と言った。KSは「キャッ! ごめんなさい」と上体を起こして胸のあたりを隠す仕草をしたんだけど、上体を起こした後ではあんまり意味ないと思って笑ってしまった。

「俺だから正直に言ってやったんだけど、本当のスケベは黙ってじっと見てるだけだからな!」とY君は声高々に宣言し、KSは「ありがとうございます」とか言った。え、ちょっと待てよ。ってことはだね、KSの真ん前にいて何も言わなかった私は、自動的に「本当のスケベ」だってことにならないか? ていうか、はい、本当のスケべに確定されました!

自分がスケベであることに異論はなく、正直に認めるしかないんだけど、この種の男女のやり取りに関しては思うことがある。もちろんすべての女子がそうするわけではないのは言うまでもないが、今度の事に限って言うとKSは「わかっていて、わざとやった」のだと思う。意識的で周到な女子なら、姿見で見え方までチェックしてるはず。

だからそういうアプローチをしてくる女子に対してはむしろ「ちゃんと見てあげないといけない」と思っている。稀にそういう人もいるかもしれないが、彼女たちは自分の特定の一部を、とくに見てほしいのではない。そうではなくて、それを通して自分の方を向いてほしい、自分をちゃんと見てほしい、と言っているのである、と勝手に想像する。

でもあくまで付き合ってもいい、とか、付き合いたい気持ちがある相手にのみそうするべきであって、特に興味のない相手に対してはどこまでも鈍感であるフリを通すほうがいい。KSは「只野さん、体操服用の巾着、作りましょうか」とか言ってくる子だった。その気持ちはわからぬではないが、同級生に好きな女子がいたので距離を取るしかなかった。

音楽好きの仲間とバンドの真似事みたいなのをして、公民館の一室を借りてライヴをすることになった。時間をかけて下準備をしたんだけど、うっかりしてKSにライヴのことを話さなかったし、誘いもしなかった。どこからかライヴの話を聞いたらしくKSは私のところにやってきて「私、ライヴ、行きませんから!」とめっちゃ不機嫌そうに言った。

KSはメガネ女子だったけど、遠視なので眼鏡をかけた彼女の目が大きく見えていた。色白で、しかも眼鏡を外したらびっくりしちゃうくらい可愛い子だった。卒業生送別会の時、「KSとっておきのパフォーマンスをやってほしい」とリクエストしたら「只野さんと2人だけの時ならやってもいいですよ」と言った。部員たちはヒューとか言って散々囃してくれたっけ。

もしもあの時、同級生の好きな女子がいなかったら、と思うほど彼女の存在はいつしか大きくなっていた。結局、同級生の女子に告ったんだけど振られちゃったんで、その時はどうかするとKSに傾きそうになったけど、今では同級生の子にきちんと気持ちを伝えられて本当に良かったと思うし、KSに生半可な気持ちで近づかないで正解だったと思っている。

ちなみにスケベではない正義の紳士、Y君のことを最後に語っておく。Y君はその夏に美術部の1学年下の女の子(KSとは別の子)と仲良くなったようだ。で、2学期になるとどういうわけかY君は学校に来なくなった、というかいなくなっていた。風の噂では女の子のお腹が大きくなったとか云々、本当のことはわかんないけど、その女の子もいなくなった。


【付記】
なぜ愛はいつもすれ違ってばかりなんでしょうね。この話は事実を元に多少の装飾を加えてあります。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

見てしまいます

どうしても、自分をコントロールしなければと思っても、見てしまいますよね。これは年とってもそう。本能ですね。
 只野さんもてたのですね。若いころのちょっとドキドキする思い出です。どうみても女の子から好かれそうにない男は、こんな経験はなかったのでしょう。神様は不公平ですね。
こんな話題にダボハゼのように食いついてしまう私でした。

Re: 見てしまいます;トニーさん

トニーさん、コメントありがとうございます。
私が通った高校は、ある事情で男子より女子が多かったのです。
また顧問が自由放任主義の先生だったので、

普通の部活より異性が親密になる時間がありました。
我らが紳士Y君が女の子と懇ろになったのも、
それとおおいに関係があると思います。

トニーさんは、ご自分のことを謙遜しすぎです。
トニーさんの実物を見た私がそういうのだから間違いありません。
貴方は、渋さとセクシーさが同居する人です。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (4)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)