fc2ブログ

水菜のお浸し

C8B3A2A1-F8E7-46AA-84F1-E2DFCC6EA83D.jpeg
高栄養価の青菜としてほうれん草や小松菜があるが、水菜も中々の物だということを知った。ていうか小松菜を調べるとほうれん草も繋がってくるし、そうこうしているうちに水菜も関係してくる。京菜とも言われ、元々関西で栽培されていたそうだが、今では全国に広まっている。

旬は12月〜4月で、冬の鍋物に入れることもあろうかと思う。大阪だと「はりはり鍋」という鯨肉と水菜の鍋料理があるけど、今は商業捕鯨ができないので鯨肉の流通量がかなり少なく、はりはり鍋ができるほど多めの鯨肉を入手するのは困難になっている。代わりに豚肉などでシンプルにやるのもいい。常夜鍋のほうれん草の代わりにするってことですね。

名前の由来通り水気が多く、約90%が水分だそうだ。いかにも栄養なさそうに思えるが、成分表を見ると次のように書いてある。生100gあたりマグネシウム/カリウム/カルシウム/リン/鉄=31mg/480mg/210mg/64mg/2.1mgとかなり優秀。カロテンが1300μg、ビタミンCは55mgあり、栄養がないどころか「食べないと損」な野菜であるといえる。

しかも冬の野菜が乏しい時期に旬が来るので、冬だとほうれん草や小松菜より安く買うことができるのも嬉しい。私もよく鍋に入れたりするが、今では白菜より出番が多くなっているほど。水菜と白ネギ、エノキと豆腐があれば、あとは鶏肉でも豚肉でもおいしい鍋ができるわけですからね。上記4品はわりと価格が安定していて安く買えるのもいいですよね。

さて水菜を食べるならサラダに入れたりして生食がベスト。カロテンやビタミンCは水溶性なので長時間煮ると溶け出してしまうとか。なので今回は水菜を短時間で「蒸して」料理しよう。深型のフライパンに根元をよく洗った水菜を入れ、水を少し入れ蓋をして点火。蒸気が出るまで強火で加熱し、蒸気が出たら弱火にして1分くらいでOK。

水を張ったボウルに入れて粗熱をとったら水気を絞っておく。だからこれ、根元を完全に切り離してしまわず、調理したほうがいい。大きめの束なら根元から包丁を入れて縦半分にカットするとかすると幸。水気を絞ったら食べやすい大きさに切って、めんつゆ(2倍濃縮)をかけるともう、水菜のお浸しが出来上がりですよ。

そのままでもじゅうぶんおいしいけど、あればカツオブシをかけるとこれまたおいしい。生でも食べられるのであまり火を通しすぎないほうがいいと思うけど、写真の水菜は火を通し過ぎていますね。そのあと水ですすぐわけですので有効成分はかなり失われてしまっているかと。調理法として最上とはいえないけど、簡単に食べるやり方のひとつではあります。

ニンニクと唐辛子があれば、油でニンニクの香りと唐辛子の辛みを油に移し、水菜を入れて酒を振りかけ、蓋をして蒸し煮すると「水菜のペペロンチーニ風」ができる。味は塩だけとか、鶏がらスープの素だけとかが幸。これ、シンプルだけどかなりおいしいです。もうひとつお勧めなのは豚肉で巻いてフライパンで焼く、これはめっちゃうまいです。


【付記】
どんだけ貧しいんだよ、といいたくなる水菜のお浸しですね。でも中原中也は三つ葉のお浸しで食事を済ませていたこともあるそうで。時代と地域が変われば、食べ物も変わってくるってことでしょう。三つ葉って普通に高いです。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

水菜は美味しいですね
豚肉と鍋物は定番ですが、ベーコンと炒めるってのもいいもんですよ
ベーコンに塩分が多いので、塩加減が難しいですけどね
大量にあるときは、薄揚げとお浸しにしますね。
これから、道の駅はほうれん草一色になりますね!

Re: きょろさん

きょろさん、コメントありがとうございます。
水菜は冬が旬ですから助かりますね!
水菜とベーコンの炒め物はおいしいでしょうね。

西宮/宝塚や池田にいた頃、車に乗りませんでしたので、
道の駅というものが実感できませんでした。
車社会に馴染むと、道の駅なしでは、になりました。

こんにちは。

ちょっとご無沙汰してました。
やはり放射線の副作用は手ごわい。
食道炎を患ってしまい、食欲がめっきり減りました。
となると、なにもかもやる気が無くなりブログも億劫になります。
リハビリのつもりでなんとか更新してきましたが、
間隔の空くのは仕方ないですね。

かたや乙山さんの更新には驚いてます。
以前は週二を守っていらした筈が、なんと隔日とは!
それだけお気持ちが前向きなられたのでしょう。
とても喜んでおります。

水菜・・・
よく使いますよ。
なにより安価なのが嬉しいですよね。
私がよく作るのは油揚げとの含め煮です。

酒のつまみにも最適かと思います。

Re: こんにちは。;南亭さん

南亭さん、コメントありがとうございます。
やはり副作用というか後遺症があるんですね。
しかも想像を超えてくると、かなり厳しいと思います。

私は奥歯の歯肉が腫れるのが良くありまして、
これもしっかり噛んで食べられませんので、
プリンやアイスクリーム、卵豆腐のようなのを流し込みます。

こうなると、なんだかやる気がなくなってくるんですよね。
ものを食べる楽しみが奪われるのは本当に辛いことです。
どうか負けずに踏ん張ってくださるようお祈りします。

水菜は今が旬(終わり頃かも)の野菜で、
ほうれん草や小松菜より少し栄養的に劣りますが、
中々どうして栄養のある野菜ですよね。

生食がベストですけど、
仰るようにサッと含め煮にするのもいいですね。
どうぞお大事になさってくださいね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (4)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)