fc2ブログ

『ベルリン・天使の詩』

『ベルリン・天使の詩』 (1987) 西ドイツ/フランス

Der Himmel ueber Berlin
原題:Der Himmel Ueber Berlin
監督:ヴィム・ヴェンダース
出演:ブルーノ・ガンツ、ソルヴェイグ・ドマルタン、オットー・ザンダー、クルト・ボウワ、ピーター・フォーク他


話は天使ダミエル(ブルーノ・ガンツ)が人間の女性・マリオン(ソルヴェイグ・ドマルタン)に恋をし、天使をやめて人間になる、というもの。

街の高いところから天使ダミエルと親友の天使カシエル(オットー・ザンダー)が街を見ている。天使とは言うけれど、ロングコートにマフラーを巻いたスタイルだ。天使たちは街へ降りていき、人々に付き添い、彼らを見守るが、子どもを除いて人間からは天使の姿は見えない。天使には人間たちの心の声が聞こえ、いざというときは人間たちを救ったりもする。

そんなふうに天使たちはその日見たことや出来事を情報交換して過ごしているが、ダミエルは自分が霊的存在であり、永遠にそれが続くことに嫌気がさしてもいた。サーカスに迷い込んでしまったダミエルは、練習をしているマリオンを見て心を奪われる。マリオンの部屋に現れ、寝ている彼女のそばに付き添うダミエル。しかしマリオンはダミエルの存在に気がつかない。

ピーター・フォークは『刑事コロンボ』の役をする本人として映画に登場するが、「元天使」という設定になっており、すぐそばに来ているが見えないダミエルに「いるんだな、そこに。わかるぞ」と声をかける。ピーター・フォークはダミエルに、人間になることを勧め、ついにダミエルは人間になることを決意する。

人間となったダミエルはしばらく呆然としているが、しばらくすると空からなにか甲冑のようなものが落下してくるのにはちょっと笑わされる。それを骨董商に売ることでダミエルはとりあえずの金銭を手に入れ、コーヒーを買い、初めて飲むコーヒーに感激し、自分の足跡がつくことに気がついて小躍りし、大声を出して叫んでみる。

配役上、基本はドイツ語なのだが、マリオンはフランス語だし、ピーター・フォークは英語で話している。ちなみに、ちょっとだけだが日本語も登場します。三ヶ国語が飛び交う不思議な映画だけど、やはり字幕で見るのがお勧め。

最初から最後まで、「言葉/語り」が重要な役割を果たしていて、マリオンはただのサーカスの女の子のはずなんだけど、最後にはあたかも詩人ででもあるかのような「語り」を見せる。それはせりふとしてではなく、背景で語られるのだが、それがいちばんの見所だろうか。そしてダミエルの最後の言葉が心に残る。

Ich weiss jetzt, was kein Engel weiss.
(いま私は知っている、いかなる天使も知らないことを)

生きているということ、味や痛みを感じるということ、だれかに存在を知られるということ、そしてだれかを好きになること、だれかに愛されること。『ベルリン・天使の詩』はそれらがいかにかけがえのないことかを、改めて感じさせてくれる。


【付記】
● ご存知の方も多いと思いますが、映画の途中のある瞬間から画面が変化します。なるほど、そういうことだったのか、と初めて見たときは思わず納得したのを覚えています。

● 『ベルリン・天使の詩』は、あのベルリンの壁崩壊以前に撮影されているため、長々と続くベルリンの壁とそこにかかれた無数の落書きを目にすることができます。あまりにも重い何かがそこにはあって、一言ではいえないのですが、やはりベルリンの壁崩壊以前に撮影されたのが「よかった」のではないかと思っています。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (1)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)