fc2ブログ

謹賀新年(2021年)




謹 賀 新 年



旧年は拙ウェブログにお越しいただき、
またコメント賜りましたこと心より御礼申し上げます


E57E8CC2-FB6A-4BC6-979B-BA55BDC86554.jpeg


正月らしいものは何もできませんが
雑煮だけは毎年作るようにしております。
今年はいりこ(煮干し)と昆布の合わせ出汁とし、
塩、酒、みりん、うすくち醤油で味を調えました。

塩分濃度は約0.8%に仕上げてあります。
一口含むとかなり薄めに感じますが、
飲み切り前提なのでこれでいいのです。

「いい」とは言っても、これを地域の人に振る舞うのはNGです。
東北の人は最低でも塩分濃度1.5%、できれば2%くらいで、
「おいしい」と言ってもらえるのではないかと想像します。
いわゆる「じゃっぱ汁」や「きりたんぽ鍋」から類推するとそうなります。

でも関西のうどんでも色が薄いだけで、
塩分濃度は1%を超えているのが実情です。
それくらいの濃度がないと「おいしい」と思えないので、
外食で1%を切る食べ物は「ない」のが普通ではないでしょうか。
東北だけが濃い味付けになっているのではないのです。

この雑煮は地域性がありません。
こういう雑煮を食べたいな、と思って
テキトーに作ったものなのです。


268EC0FE-EF81-46A7-BD5F-ADD9AD06E777.jpeg


お正月なので清酒をいただきましょうかね。
秋田の酒、齋彌さんとこの「雪の茅舎 山廃本醸造」です
最近、焼酎を飲んでいますので、
たまに日本酒を飲むと、めっちゃ甘く感じます。

4合瓶で千円くらいの酒ですけど、
ふだん2リットルで千円位のを飲んでいましたので
たいへん高級なお酒なんですね。

酒を飲むための雑煮ですので、
かしわ(鶏肉)とかまぼこ(笹かまぼこ)を入れてあります。
以前、偶然笹かまぼこでやったところ気に入ってしまって。
次に好きなのは宇和島のじゃこてんでしょうか。
精進(?)すると餅で酒が飲めるようになります(おいおい)。

たいへんお寒うございます。
どうか皆様お体お大事になさってくださいね。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

謹賀新年
本年もよろしくお願いします
楽しいブログ、いつも楽しみにしていますよ
御雑煮は地域によって全然違いますね
私の実家は、白味噌でしたよ
私は、今日は夜勤明け、明日は日勤ですので、正月気分は3日からになります
塩分は気をつけていますが、つい・・・いけませんね

Re: きょろさん

きょろさん、明けましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。

この雑煮は「乙山流雑煮」でして、地域性はありません。
雑煮が「こうだったら良いな」と、
酒を飲むための雑煮であることが前提です。

私も2日から仕事で、31日まで仕事してました。
ま、そんなもんでしょう。
外国では大晦日だの正月だの「ない」らしいですね。
お互い、頑張って参りましょう。
今年もどうぞよろしくお願いします。

No title

あけましておめでとうございます。
今年もよろしく付き合いのほどお願いします。

ところで・・・「雪の茅舎」・・・其れが本醸造であったKどうかなんて情報は消え失せましたが、結構きりっとした味わいのお酒だったのを記憶しています(もう10数年も前の記憶です)。一帯に秋田の酒はそんな傾向が強かったように思うのですが、日ごろ蒸留酒系を飲んでいるのであれば、清酒はどうしても糖分を含んでいますからねえ・・・

Re: gatayanさん

gatayanさん、明けましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。

「雪の茅舎」は本醸造から純米、純米吟醸と揃っています。
秋田であまりない辛口系なのですが、と言っても、
焼酎になれた舌で飲むと「とても甘く」感じます。

仰るように秋田の酒はどちらかというと「重く」て、
「甘い」傾向があるようです。
秋田の人からすると北陸の酒は「水のよう」だと。

でも燗酒にすると、めっちゃ良いんですよ。
こうするのを計算して造っているんじゃないかと思うくらいです。
その反面、夏は重さと甘さが効いて、飲むのは気が引けます。

昨年は色々お世話になりました。
gatayanさんのグルメ話、もっと聞きたいです。
今年もよろしくお願いします。

No title

 おめでとうございます。

 正月は清酒といきたいところですが……ぼくは芋焼酎で間に合わせました。寒い季節には南国の芋の香りもまたよし。

 新たな一年、どうかお体を大切になさってください。

おめでとうございます

乙山さん、お雑煮美味しそうですね。外食の料理は本当に塩分が多く、帰宅してよくお茶を飲みます。おモチでお酒ですか。極めればそうなるのですね。
 私も正月は、純米吟醸酒を飲んでいます。甘ったるいのですが、スイスイ飲めるので、ついつい量を過ごして、寝てしまいました。風に注意ですね、近頃は風では病院に行けないようです。

今年もよろしくお願いいたします。

Re: 薄氷堂さん

薄氷堂さん、明けましておめでとうございます。
私も昼、雑煮に合わせるときは清酒でしたが、
夜は発泡酒と焼酎に戻りましたよ。
と言っても麦焼酎ですけど。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

Re: おめでとうございます;トニーさん

トニーさん、明けましておめでとうございます。
外食の塩分が多いのは仕方ないことです。
おいしくないと、売れませんから。
なので塩分濃度は最低1%で、それ以下だとアウトでしょう。

純米吟醸酒は美味しいでしょうね!
以前だと私もそうしていましたが、今はできません。
今回の酒は、普通酒でもじゅうぶんに思いました。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

No title

大阪で三年暮らした時、「関西は薄味」という言葉をどれだけ聞いたが。
でも関西の料理は、僕にはしょっぱい。
出汁と味の概念が違うのだなと理解しました。
醤油は風味付けと関西人はとらえているようですが
関東では味なんですね。醤油の味を楽しみます。

今年もいよいよ始まりましたが、
コロナ不況は、いよいよ本格化していきます。
何とか生き抜いて、しぶとく人生を味わっていきたいものです。
今年もよろしくお願いします。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、コメントありがとうございます。
仰る通りだと思います。例えば関西の味の「定番」である、
ヒガシマルうどんスープを推奨レシピ通りに作ると、
ものすごく塩分濃度が高くなりますね。
乙山雑煮はその点を踏まえて作られています。
つまり「関西風」ではなく、地域性はありません。

厳しい状況が続きそうですね。
本当に「負けてなるものか」と思います。
昨年は何かとお世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

賀春

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

お雑煮を作れる男子、私の知る範囲では皆無だと思います。
私も雑煮作りに手を出したことはありません。
流石は乙山さんです。
しかも「顔」が美しい雑煮ですね。

雑煮というのは長い年月を経て、ハーフまたハーフになってゆくようです。
例えば九州の女性が関東に嫁いできたとしましょう。
最初は関東風の雑煮(それもだいぶ混血かもしれません)を覚えさせられますが、
次第に鶏肉を入れた博多風の出汁になり、
ここに関東と九州のハーフが出来上がるという、
そんな雑煮の進化があちこちで見られるのではないでしょうか。

今日もそんなことを考えながら、博多風の雑煮を頂いたものです。

とりとめもない話になってしまいましたが、
今年もよろしくお願いします。

新年のご挨拶

乙山さん。
新年おめでとうございます。

今年もまたコロナとの戦いは続きそうですが、ほんとにね、負けてなるものか!
と思いますね。とりわけ私などは、コロナ収束と自分の余命の競争みたいな
もんなので(苦笑)。
でも、元気と気力いっぱい、今年も生き抜いてやろうと思っています。

いつもながら、乙山さんのお雑煮は、すっきりと綺麗で美味しそうですね。
丁寧にお作りになられているからでしょうね。私などアクが出ててもそのまま。雑なそれこそお『雑』煮です。 ><

夫がいなくなるとおせちを頑張って作る気合も無くなり、この正月は手抜き
手抜きの料理でささやかに過ごしています。

でも!宇和島のじゃこ天!!美味しいですよねっ!大好きです。
私は、疲れたな、寒くて体が温まらないな、などと思った日は、簡単に
買い置きしてある冷凍の讃岐うどんを温めて、宇和島じゃこ天と青葱だけを
入れたさっぱりうどんを食べます。^^
おそばは、関東に来てから味を覚えたので、東京風の濃い醤油味のつゆ
ですが、うどんは自分の育った西の地域の味、いりこだしの塩味ベースの
淡い色のうどんじゃないと食べた気になりません。
じゃこ天買うと、うどんではほとんど使いきれないで残るので、小松菜
茹でたのなどと炒め物にして食べます。ちょっと一味も振って。
じゃこ天はそのまま食べても、というかそれが一番美味しいかな。
お酒のおつまみに最高ですよね。

あ。元日のお酒は、娘が買ってきてくれた日本酒の発泡酒の小瓶を
いただきました。お酒の味に疎い私。日本酒だと思わないで、ただ
アルコールの少し入った果実酒、と思って何杯も飲んじゃいました。(笑)
アルコール度数は5%。
何を飲んでも差がわからない私。いつも気分だけを楽しみます。

乙山さん。いつもありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

Re: 賀春;南亭さん

南亭さん、あけましておめでとうとざいます。
コメントありがとうございます。
雑煮作りは楽しいですよ!
あれは買った、ようし、でもこれはまだ、とか。

今回、生の柚子がどうしても手に入らなくて、
柚子皮のフリーズドライを使っています。
北国では柑橘系の栽培は難しいようです。

今回の雑煮、写真の仕上がりが今ひとつでした。
恐ろしいほどの寒波が来たので、
大根とニンジンの下ゆでと本ゆで、
焼き餅も全てストーブで済ませています。
盛り付けとか容器も、もう少し気を遣うべきでした。

地域性の少ない(ていうかない)雑煮ですが、
これはお酒を飲むための雑煮なのです。
南亭さんと一緒に歩いていける今を愛しく思います。
今年もどうぞよろしくお願いします。

Re: 新年のご挨拶;彼岸花さん

彼岸花さん、あけましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。

在住の地域では「大丈夫」という気運がありましたが、
近所で感染が確認されるたびに不安になってきます。
それは目に見えぬかたちで伝播していって、
気が付いたら当該の家に卵が投げられるとなって表れるのです。

田舎って怖いですね。
すれ違うたびにじっと見てくる人が多いです。
見る時間がね、ホント長いんですよ。
知らん顔して目を逸らしてばかりです。
で、あらぬ噂ばかりが光速より早く駆け巡るわけです。

あ、雑煮の話でしたね。
乙山のはね、具材を並べて出汁を張るやり方ですので、
アクは「出ないように」なっております。
これ「煮る」わけじゃありませんから。
雑煮だから煮るのが本当だと思うんですけど!

西だと「てんぷら」は練り物の素揚げですし、
衣をつけたいわゆる「てんぷら」もてんぷら(なんのこっちゃ!)です。
宇和島のじゃこてん、忘れられないなあ。
全体が灰色になってましてね、
秋田で売られている「さつま揚げ」とは少し違うんですね。
彼岸花さんなら、さつま揚げのほうがお詳しいでしょうか。

昨年はコメント差し上げられず申し訳なく思っています。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

賀正

明けましておめでとうございます。
お節はともかく雑煮とお屠蘇(というか酒)さえ口に入れば正月を迎えた気分になりますね!
写真の白いのは笹かまだったンですね?きりたんぽかと思ってました。
此方北海道は道東の一部でも、かしわと三つ葉はインポータントです。加えて大根や人参の短冊、そして椎茸先生が入ることが多いかなぁ。
道産子の嗜好はしばしば東日本に倣うのでやはり醤油が勝ち、切り餅が多数を占めますよ。

そして秋田の酒は食事と共に楽しみ、燗上がりのするものがスタンダードな印象ですね。爛漫と北秋田が好みです♪

Re: 賀正;つっちさん

つっちさん、明けましておめでとうございます。
正月でなくても夜勤明けは昼酒してますので……

まさかまさか、きりたんぽ入れると餅&米でヤバいことに!
でもきりたんぽ鍋のシメが稲庭うどんだったりするんで……
笹かまぼこは秋田に来てから本格的に食べました。

なるほど北海道は東の文化の影響が大きいわけですね。
関西からの移住は少なかったんでしょうね。
乙山雑煮はこれからも進歩(?)して参りますよ。

さすが秋田の酒の本質をつかんでいらっしゃる。
おおむね香り控えめなので食中酒向きで、
どっしりした飲み応え(重み)は燗上がりするものが多いです。
爛漫も北秋田も大好きで、どちらも良心的すぎます。
が、新政に手を出してはなりません(なんでやねん!)。

今年もどうぞよろしくお願いします。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (1)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)