なにゆえに、彼らは 「彼」 を待ち続けるのか

朝倉かすみ 『田村はまだか』 光文社(2008)

waiting_for_Tamura.jpg
札幌・ススキノにあるスナック・バー「チャオ!」(マスターは花輪春彦)で飲んでいる男三人(池内暁、坪田隼雄、永田一太)と女二人(加持千夏、息吹祥子)は、小学校のクラス会の三次会で盛り上がっており、彼らは遅れて参加する予定であるかつてのクラスメイト「田村」を飲みながら待ち続ける、という話。

田村久志の人となりが、そして「問題児」だった中村里香のことが語られる第一話「田村はまだか」。

「特別隠居」したつかみどころのない先輩、二瓶正克の下で働く会社員・池内暁が、パンダの着ぐるみを着けたまま街を走る第二話「パンダ全速力」。

高校の保険教諭を務める加持千夏が、いつしか一人の男子生徒に心を寄せてしまう第三話「グッナイ・ベイビー」。

坪田隼雄がネットサーフィンをしていて偶然見つけた若い女性ブロガーのウェブログを精読しているうちに、ブロガーの正体を知ってしまう第四話「きみとぼくとかれの」。

マスターの花輪春彦がスナック・バーを開業するに至った顛末と、永田一太と息吹祥子の不倫関係が語られる第五話「ミドリ同盟」。

そして「田村」がなぜ来ないのかが明らかになる最終話「話は明日にしてくれ」。

本書の巻末を見ると、文芸誌に第一話から順を追って掲載されたようで、当初から連続短編の形式をとっていて、やがて一冊本としてまとめることを意識していたのだろうと思われる。

スナック・バーに集まった男女五人(とマスター)の回想と、「田村」を待ちながら酒を飲んでいる現在が交錯しながら話は進んでいくのだが、「田村」が一向に姿を見せないので、舞台劇を見ているような感じがする。

いや、本書は回想の部分が多く、むしろそこに比重がかかっているので、舞台劇よりはカットバックを自在に挿入した映画に近いと言える。文字というメディアを使った表現の自在さがこのあたりにあると思う。

「田村」はまったくといっていいくらい登場しないにもかかわらず、田村久志の人柄が、他の登場人物のだれよりもまして、読んだ後に心に残る。もちろんそれが、作者の意図なのだろうけど、本書を読む場合はそれにどっぷりはまってみたほうがいいのかもしれない。読む人それぞれの「田村久志」が心に残るはずだ。


【付記】
●「男性が書く女性」と「女性が書く女性」について、以前このウェブログでも書いたことがありますが、本書では「女性が書く男性」が読み所の一つとなっているのではないか、と乙山は思いました。見透かされている、とでも申せばいいのでしょうか。男にとって女は永遠の謎、であるのに、です。乙山も含めて、「わかろうとしない」だけなのかもしれませんが……
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (6)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)