fc2ブログ

男鹿半島と周辺を歩く(51)そゑ川(秋田市添川)

703266FC-CFF1-4B1F-A41E-EE7718413881.jpeg
某休日、久しぶりに姉とお昼ご飯を食べることになり、店は姉に任せることにしたが、行ったことのない店にしてほしい、と注文した。もちろんウェブログの話のタネにする魂胆である。けど減塩を意識しだしてから外食はほとんどできなくなってしまった。多くの店が塩分過多になるんだけど体質のせいだから仕方がないね。

でも、たまにはいいではないか。ラーメンのうまい店を紹介してもらいたいところだが、不思議なことに姉は「ラーメンはあまり詳しくない」という。でも蕎麦のうまい店があるというので賛成した。蕎麦は大好きなんだけど男鹿に蕎麦屋は存在しない。男鹿中の浜間口に〈浜のそば〉があるけど、季節限定で不定期の営業だから利用したことがない。

今回は秋田市添川の〈そゑ川〉を訪ねた。県道41号線(秋田昭和線)沿いにあるのだが、周囲はほぼ田んぼと山でなんとも鄙びた場所である。にもかかわらず駐車場には車がたくさん停められており、とても人気のある店だとわかる。こんな辺鄙な(おいおい)所までわざわざ車で来るなんてよっぽど暇を持て余しているのかな(お前もな)。

手前の駐車場はすでに満場で、奥の駐車場に停めた。車を出るや否や、鶏のけたたましい鳴き声に驚かされる。見るとよくある(?)白色レグホンではない、茶色と黒の混じった毛並みのかなり巨大に思える鶏が5、6羽放し飼いになっている。店で使う鶏卵用と思われるが、この分だとこの店の卵焼きはうまいに決まっている。

DD9EC6FC-CD4D-4565-982F-C820E4A37438.jpeg玄関の佇まいも雰囲気があって良い。店内はほぼ満席で、奥の大人数用の部屋に通されたが、なんと囲炉裏が! たぶん本物で厳寒期には炭火をいこしてきりたんぽとか炙ったりできるんじゃないかな。メニューを見ると「蕎麦やお米は、超低温熟成させた玄蕎麦や玄米を低温保存して使用しております」とある。

また「山菜やきのこなどは、店主自らが近くの野山に取りに行き、常に採りたてのものを使用しています」と。いや、これはかなり期待できそうだ。蕎麦も「二八蕎麦」と「十割蕎麦」そして「田舎蕎麦」からチョイスでき、せっかくだから十割蕎麦のてんざるを頼んだ。店で粉を挽いて、手打ちの蕎麦にしているようでもうたまらない。

さて料理が来ましたよ。てんぷらは海老、レンコン、サツマイモ、大葉に数種類の野草。衣が驚くほど薄く、しかもカラッと揚がっていて文句の付けようがない。動物系は海老だけで、野菜のてんぷらといってもいいほどだが食べてみて不満に感じることはなく、むしろ他では味わえない価値があるように思える。

F1C9069C-8DB0-4FAF-B898-78D66E9AB5B2.jpeg十割蕎麦はぼっそりしてなく、むしろモッチリしていて食べ応えがある。挽きぐるみも入れた蕎麦の色は美しく、風味や香りもしっかり楽しめる。薬味は白ネギとワサビのみで、つまんないウズラの卵とか刻み海苔が添えられていないのもいい。どうせワサビしか使わないけど、薬味なしでもじゅうぶん楽しめると思う。

いや、これはかなりの高レベルですよ。一品料理には比内地鶏の塩焼きとかフグのから揚げなんかもあるし、酒は秋田の地酒の旨いどころがズラっと揃っている。てんぷら盛り合わせと比内地鶏の塩焼き、フグのから揚げとかウナギに秋田の地酒を合わせて愉しみ、十割蕎麦の盛り蕎麦でシメる。ああ、もう……


【付記】
• 予め秋田市内に宿を取って、料理と酒を思う存分楽しんだ後、この店からタクシーで帰るだけの価値はある気がしますが、実行するかどうかは別問題であります。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

私蕎麦は好きですが、そばの味には疎くて、二八でも十割でもよくわからないです。
最近は、たくさん食べたいから、セルフ太鼓亭の、特盛蕎麦なんて食べています。
しかし、このお店の蕎麦もおいしそうですが、ほかの料理も愛情が感じられますね
チェーン店は割り切っていくべしですね!

Re: きょろさん

きょろさん、コメントありがとうございます。
記憶は曖昧ですが、たしかイナロク沿いに蕎麦のチェーン店ができたような……
一度行こうと思っているうちに、池田を離れてしまいました。

阪急そばの普通のそばは、蕎麦粉の含有量が50%ありません。
ですが西宮北口や十三では十割蕎麦が食べられると思います。
下手な蕎麦屋より、よほど美味しいかもしれません。

関西で良い蕎麦屋を見つけるのが難しく、
例の蕎麦チェーン店のほうがいいかもしれませんよ。

No title

なかなか良い蕎麦ではないですか。
十割そばでも短くちぎれてなくて細くしゃっきり打ててますね。
私も乙山先生が仰有るようにつまらないウズラの卵とか刻み海苔がない方が好印象です。
ヘタな所に行くと山のように刻み海苔が掛かっていて、出汁に全部放り込んでも蕎麦に張り付いてイライラする事が間々有ります。

蕎麦屋で日本酒と蕎麦の相性を確かめる為に帰りはタクシーで…というのは判ります。
私も実行しようと企んで居りますが、なかなか実行には到りません。

ちと遠い店ですけど無理に自転車で…と思ったりもしてます。

No title

いいね色付きの文字

・・・以上です。ほかの言葉を付け加えたくはありませんね・・・

Re: Noriさん

Noriさん、コメントありがとうございます。
秋田の年配の方は、米が普通にとれるので、
蕎麦をさほど好まない傾向がある気がします。
なので秋田は比較的蕎麦屋が少ないのだと想像します。

この日、店はほぼ満員で、若い人たちばかりでした。
秋田でも若い世代なら「蕎麦好き」がいるということでしょうね。
これから、秋田にも蕎麦屋が増えていくと思われます。
といっても、男鹿に蕎麦屋はできないでしょうけど。

> ちと遠い店ですけど無理に自転車で…と思ったりもしてます。

少し遠いところなら、軽い汗をかいて自転車がいいですね!
蕎麦前を待ちながら、ぐっと飲むビールは最高でしょう。
蕎麦前が来たら、冷たい日本酒にして、とか……
いや、もうたまりませんね。

Re: gatayanさん

gatayanさん、コメントありがとうございます。
いや本当、この店は佇まいから料理まで中々のものでした。
野草山菜が入ったてんぷらも上々でしたし、
蕎麦も思わず唸ってしまいました!

No title

故あって、ここのところうどんが主流です。
そろそろそばが欲しくなりました。
山形あたりはそばは多いですよね。
秋田では文化がやはり違うんですね。
もう三十年以上前ですが、真冬の秋田に取材に行ったことがあります。
囲炉裏の部屋で寒くて寒くて
それでも囲炉裏の火が何よりのご馳走だったことを思い出しました。

こんにちは。

素敵な蕎麦屋さんに巡り合えて良かったですね!
十割蕎麦もさることながら、天婦羅がへんな主張しないのはなによりです。
お店の佇まいも結構ではないですか。
フグの唐揚げ、比内地鶏で秋田の地酒。
〆に盛り蕎麦なんて、たまりませんねー!

秋田市はなかなかの粋どころと聞いています。
時々でいいですから、乙な飲み屋さんなど紹介願いたいものです。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、コメントありがとうございます。
仰るとおり、山形の蕎麦は有名ですよね。
板そばとか、食べてみたい……

山形は米作りも盛んで、銘酒がたくさんあります。
〈くどき上手〉とか大好きですよ。
岩手も蕎麦のイメージがありまして、
盛岡の冷麺は蕎麦粉を使っていると聞いています。

秋田は私が知らないだけと思いますが、
あまり蕎麦屋を見かけません。
やはり米から作ったきりたんぽとか、
稲庭うどんのほうが有名です。

でも将来的には蕎麦屋が増えていくと思います。
少ないけれどいい蕎麦屋は、いつも満員ですからね。

Re: こんにちは。;南亭さん

南亭さん、コメントありがとうございます。
この蕎麦屋さん、自宅から車で約1時間なんです。
だけど時間とガソリン代をかけても、行く価値があるかも。

この店のてんぷらは、かなりのものでした。
衣が本当に薄くて、カラッと揚がっているのです。
普通では食べられない野草山菜なのもうれしい。

仰るように、飽くまで蕎麦が主役になるような按配ですが、
なぜか野菜中心のてんぷらで満足できるのです。
この匙加減、ちょっと真似できません。

蕎麦前の豊富さ、そして秋田の地酒も揃っています。
寒い時期のヒラメも、それは旨いものですよね!
秋田沿岸部が「北限のフグ」とも聞いておりまして、
いつか食べてみたいと思っています。

> 時々でいいですから、乙な飲み屋さんなど紹介願いたいものです。

本当は、近隣に飲み屋がひしめく猥雑な環境こそ、
自分に合ったものではないかと思っていますが、
限界集落に住む以上、飲み屋紹介は無理であります。

だったら、家飲みでとことん愉しんでやろう、と。
家でてんぷらをする気になったのもそこなんです。
揚げたてを食べられますからね!
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)