fc2ブログ

フキノトウと小海老のてんぷら

DB8171E8-8F15-432C-8C2E-66F36AA4FF00.jpeg
春の野草としてよく知られているものにフキノトウがある。山野に自生しており、フットワークが軽ければタダでとることができるが、あいにく私は不精者である。できればどこかで購入して、てんぷらにしてみたい。フキノトウはいろんな調理法があるけどアクが強いので、そのままてんぷらにするのが安直で良いと思う。

この種の野草は、スーパー市場でもとめるより道の駅の産直コーナーにある確率が高い。というわけで久しぶりに道の駅おが(オガーレ)に行ってみた。思った通り、袋にたくさん入ったフキノトウが150円で売られている。おそらくフキノトウ栽培農家は存在しないので、どなたかが生えているフキノトウをとってくれたのだろう。

フキノトウだけでは物足りないし、それだけをたくさん食べるものでもない。なにかと合わせて食べたいが、ここでは冷凍のむき身の小海老を選んだ。むき身の海老は、安易に使うと臭みを感じることがあって、自分の経験では揚げ物が最良の一つではないかと思っている。てんぷらにするのがベストの食材どうしの組み合わせである。

フキノトウは葉(?)を開いて、葉と葉の間に小さな土砂の粒などが付着していることがあるのでしっかり払っておく。外縁部に汚れた葉があればちぎって除去する。葉をしっかり開いて打ち粉(ここでは片栗粉)をしておこう。まず最初に、冷凍えびの解凍をしておいた方がいいのは言うまでもない。

小海老の解凍ができたら水を切り、キッチン紙で水気をしっかり取るようにする。塩水処理された物が多いので、下味はつけない。これもボウルに入れた片栗粉をまぶして打ち粉をしておく。これらの下準備ができてから揚げ油のセットをするのではなく、まず初めに揚げ油の用意をしておき、油が温まる間にてんぷら種を仕込むとムダがない。

フキノトウは低温でじっくり揚げるのではなく、高温で短時間に火を通すほうが良い。手に持って、しっかり開いた状態で下を向けて油に入れ、しばらく火を通してから手を離す。小海老も順次油に入れるが、こちらはさほど気にする必要はない。くっついたらかき揚げみたいになるが、そっちの方がむしろ食べやすい。

さて料理ができましたよ。フキノトウは独特のほろ苦さと香り高さを楽しめる。小海老は本当にプリップリで、てんぷらにした甲斐があったと実感できる味わい。てんつゆで食べたけど、小海老は山椒塩とか胡椒塩、またはレモン塩でやったほうが良いかも。海老はいくらでもいけそうな気がするが、フキノトウは1、2個でもういいかな、と思う。


【付記】
• やはりフキノトウは単独でいくらでもいけるものではなく、春のてんぷら盛り合わせの中の一品、という感じでしょうか。一方、冷凍のむき海老のてんぷらはまたやりたくなりました。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

フキノトウの天ぷらはイイですよねぇ。
ほろ苦さが良くて御飯にも日本酒にも良いです。

小エビの天ぷらはまたビールにとても合いますね。
中華料理屋に行ったときには必ず注文します。

確かに山椒塩が一番良いかも知れませんねぇ。
今晩は王将にでも行って餃子と小エビ天で生ビールを飲みたくなりました。

Re: Noriさん

Noriさん、コメントありがとうございます。
フキノトウのてんぷら、良かったです!
買って食べた後で、庭に生えているのを見てショックでした。
少しだったら、自分でとって食べられますからね。

小海老のてんぷら、やはりバッチリでした。
安価の冷凍物でもてんぷらにするならOKですし、
酒のアテにするのなら、小海老の方が良いと思っています。

> 今晩は王将にでも行って餃子と小エビ天で生ビールを飲みたくなりました。

ああ、もう……たまらないです!
そのコースでも1500円以下でしょうし、
シメのラーメン食べても2000円くらいでしょうか。
まさにそれなんですよね。
自転車で(できれば徒歩で)王将を利用したいものです。

おいしそう

こんばんは。
事情があって、あと2週間程お酒が飲めません。
フキノトウと小えびの天ぷら!ビールでも清酒でもウイスキーでも会うでしょうね。う~ん飲みたい!
あとタラの芽の天ぷらも良いですね。タラの木は、我が家の裏山にあるので、採りに行こうかな。

No title

ふきのとうは春の味ですよね
私も天ぷらが一番好きですね~。あとお味噌汁に刻んで入れても香りがいいから美味しいですね
つい先日は、実家に持って行ったら、フキノトウ味噌を作ってくれましたよ
これも御飯が進んでおいしかったです!

Re: おいしそう;オッカイポさん

オッカイポさん、コメントありがとうございます。

> 事情があって、あと2週間程お酒が飲めません。

事情は伺いました、お大事になさってください。
フキノトウはわざわざ買いましたが、
後日庭に生えているのを見てショックでした。

タラの芽のてんぷらもいいですよね!
これはフキノトウとは違って庭に生えてませんからね。
味的にはタラの芽のほうが良さげに思えます。

Re: きょろさん

きょろさん、コメントありがとうございます。
北摂は山があるからいいですよね。
池田に住んでいた頃、五月山動物園に歩いて行ったものです。
箕面も少し歩けば山ですし。

> つい先日は、実家に持って行ったら、フキノトウ味噌を作ってくれましたよ

おお、その手がありましたか。
私はてんぷらしか思い付きませんでした。

こんにちは。

乙山さんの調理の手順、その丁寧さに驚いています。
今更ながら、かもしれませんが。

私、いつもこんなもんだろ、みたいないい加減さで、
同じ料理なのに味付けがいつもばらばら。
調味料の分量をメモしておきなさいよ!
言われっぱなしです。

キッチン紙で水けをしっかり取る。
蕗の薹は低温でなく、高温で短時間に。

これぞプロの言葉ですね。
メモします!

小エビのてんぷら、急に食べたくなりました。
揚げ物作るのが苦手のナンテイですが。

Re: こんにちは。;南亭さん

南亭さん、コメントありがとうございます。
お褒め頂き、恐縮致します。
いつもテキトーにやっているのですが、
抑えるべき点がありまして、
そこだけはきちんと(?)しているつもりなんです。

小海老のてんぷら、やはり美味しかったですよ!
揚げるなら、冷凍のむき海老で充分だと思います。
大型より、むしろ小型のほうが、いいように思います。
フライパンに少なめの油でも大丈夫かと。

フキノトウの写真をよく見ると、
葉の部分に火が通り過ぎているのがわかると思います。
短時間ではなかったわけでして、
この男の腕前も、まあそんなものです。

No title

やあ、いい組み合わせだなあ。

フキノトウはあんまりいっぱい食べる気はしないけど、やっぱり春を感じますよね。

Re: gatayanさん

gatayanさん、コメントありがとうございます。
フキノトウはメインになる感じはしませんので、
メインには小海老になるようにしました。
仰るように、フキノトウは「春のてんぷら盛り合わせ」の一品ですね。

No title

ふきのとうの天ぷらなんて、夢に出てきそうですね。
こちらではまずいただけないものです。
Noriさんのわさびといい、乙山先生のふきのとうといい、
本土の郷愁を掻き立てる一品です。

ここは亜熱帯の島ですからね。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、コメントありがとうございます。
海で隔てられていると、植生も違ってくるのでしょうね。
こちらで普通にとれる山菜、野草を見かけないのかと。
植物だけでなく、魚もそうなのではないかと想像します。

ワサビにかんんしては、こちらも同じですよ。
温泉旅館では粉ワサビを使っています。

蕗の薹、今が旬ですね!こちら十勝もちらほらつぼみが出てきてますが、まだ土が固いのでアイヌ葱は今少しお預けです。恐らく凍結深度が道内でも深いと思われます。

時に、2個も食べれば充分と云うのはよく分かりますよ。アクと香りが強いので、食べ疲れますね。ぬたにしたり蕗味噌にすればそれなりに捗りますが。それでも、ガクの開いてない新芽の天ぷらはやっぱり旨いな~♪

Re: つっちさん

つっちさん、コメントありがとうございます。
以前は道を歩いていても気付かなかったのですが、
最近では、「あ、フキノトウが」とか思ってしまいます。

仰るようにたくさん食べられないですね。
でも、新芽だけなら、開かずともてんぷらにできるでしょうね。
来年は、フキノトウの新芽を自分で見つけて、食べてみたいです。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (1)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)