fc2ブログ

レンコンのてんぷら

EC3EFE55-C7D9-44CD-AA8C-04D92737C517.jpeg
家では揚げ物をやらぬと決めているが、なぜだか無性にてんぷらを食いたくなることがある。たいていスーパー市場の揚げ物を買って抑圧された(?)欲求を満たすようにしているが、最大の不満は大好物であるレンコンのてんぷらが良くないことである。いつもかなり大きな斜め切りにしてあって、巨大なレンコンてんぷらなのだ。

1個90円とかで売るために仕方なくそうしているのだろうけど、レンコンのてんぷらはごく普通に薄めの輪切りにするのがベストである。串かつ屋だとその不満は解消されるが、衣は今ひとつに思う。それでもレンコンのフライも中々で、大阪の池田に住んでいた時は立ち飲み屋の串かつで「レンコンだけ3個下さい」とか注文していた。

5年ほど住んでいたが飲み屋で名前を名乗らないので、店の人たちは「レンコンの人」と呼んでいた*そうである。池田を離れる少し前に教えてもらったけど今となっては苦笑するしかない。かほどにレンコンのてんぷらが好きなのだが、家で揚げ物をやると油の処理とか面倒である。まあしかし、フライパンで揚げ焼きならできるのではないか。

まずはダイソーでオイルポットを買ってきました。油こし紙も忘れずに買い求めた。隣のマックスバリュで市販のてんぷら粉も買い求めた。卵なしでもてんぷらができる便利なものだ。レンコンは小さめの1パック200円ほどのを選んだ。準備が整ったところでキッチンの寒さに思い至った。夏はともかく厳寒期に長く立ちたくないのである。

実際その日は一日中氷点下で、どうにもやる気が起こらず、他のものを食べて凌いだ。夜、卓上にて電気鍋を使って横着鍋を食べている時、そうだこれでてんぷらをやったら良いんじゃないかと思い付いた。ていうか、電気鍋には油の飛散を抑えるてんぷら用のカバーも付いていて、オイル・フォンデュの真似事もできる仕様になっている。

てなわけで卓上てんぷらでござんす。きれいに洗って乾かした鍋に油を注いでスイッチオン。油が温まる間にレンコンを切り、てんぷらの衣を作る。なになに、粉100gに対して水160ml、とな。比率は1:1.6なので、任意の粉に1.6倍の水を使えば良い。1人用だと粉はせいぜい30gでじゅうぶんである。水48mlは半端なので50mlで良いと思う。

切ったレンコンに打ち粉をしておきましょう。ここではボウルにレンコンを入れ、片栗粉を入れて使い捨てビニール手袋で満遍なく粉をまぶしておこう。衣を箸につけて油に入れ、すぐに上がってくるなら約180℃で、衣をつけたレンコンを投入する。音が小さくなって、泡も小さくなったら揚げあがりってことね。

塩だけで食べるのがベストだが、諸般の事情でやめておく。てんつゆもいいけどぽん酢で食べるのもうまい。レモン塩も捨てがたいんだよなあ。ここでは酢醤油を作り、和辛子を添えて食べることにした。久しぶりに食べたレンコンのてんぷら、やはり美味しかった。食べている間に次のレンコンも揚げて、全部食べてしまいましたよ。

* 大阪で行きつけのバーでも名乗らなかったが、池田に住んでいることは話したので、マスターは便宜的に私を「池田さん」と呼んでいた、と後になって教えてもらった。

【付記】
• 油の量が少なめですので、タネもできるだけ薄めの物にするといいでしょう。予想以上に電気鍋のてんぷらはうまくいきました。これだったら豚ひれかつもできるんじゃ……なかったです。できるだけ揚げ物は避けるべきでありました。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

レンコン天ぷらは美味しいですよね
池田の立飲みってどこだろう?意外に立飲みが少ない池田ですね。
駅北の寿司屋の横の立ち飲み屋は、どうも鬼門でしてコロコロお店が変わっています
池田駅界隈は様変わりしましたよ!

好物

こんばんは。オッカイポです。
当地は、鳴門市がレンコンの産地という事もあってか、レンコン料理がよく食卓に上がります。
味のしみたオデンも美味しいですよね。我が家では、レンコンをすりおろしツミレ状にして、油で揚げて食べています。消化も良いし、カルシウムたっぷりで、とても美味しいですよ。

Re: きょろさん

きょろさん、コメントありがとうございます。
池田に限らず、川西、宝塚、西宮(阪急側)も立ち飲み屋は少ないです。
池田駅の南側、Nステーションビルの1階に「にいみ酒店」があり、
隣が池田の酒飲みで知らなかったらモグリと言われる「備前屋」です。

これは間違いなく池田のNo.1の立ち飲み屋で、
酒屋直営だけあって、地酒が安くて豊富です。
No.2はサンシティの地下食堂街にある「かすみ」でしょうか。
店員さんと会話をしたいならこっちです。

どちらもよく利用しました。
今となっては全てがただ、懐かしい……

Re: 好物;オッカイポさん

オッカイポさん、コメントありがとうございます。
なるほど、鳴門市はレンコンの産地なんですね!
秋田におそらくレンコン農家はないのでしょうか、
スーパー市場でも栃木産で、しかも高いのです。

すりおろしレンコンを揚げたもの、
かなり美味しそうですね。
私だったらおろしレンコンと挽き肉を混ぜ、
粗みじん切りのレンコンも合わせて揚げてみたいです。

No title

読んでいて何か懐かしい気がしましたねぇ。
私も学生時代に出入りしていた喫茶店のアルバイトの子から「コートの人」と呼ばれてました。
何故かというと冬の間はステンカラーコートを多用していたせいです。
実はその子が後々になって片思いの相手になるんですが…。

因みに余計な話ではありますが『テーブルフライヤー』という家電製品がありまして。
メニューに困ると串揚げに頼るという事例が多かったので、随分と助けられていました。

こんにちは。

天婦羅は殆どつくりません。
油は飛ぶし使用後の始末が面倒で。
蕗の薹を摘んできたときだけは、しょうがないなーとか言いながらやりますけど。
レンコンもほとんど食べませんね。
なぜかというともうもう歯がぼろぼろなんです。
早く歯医者行けよ!みたいなもんですが。。。
レンコンといえば通学路の半分はレンコン畑で蓮の実が成るころに、
竹竿でその蓮の実を薙ぐのです。
蓮畑の水面に落ちた蓮の実を手繰り寄せて持ち帰り、
ちょっと茹でたのを醤油で食べるとむちゃくちゃ美味かった記憶があります。
ま、その頃はおやつなど贅沢な時代でしたからね。
ただ、畑の主に見つかると恐ろしい目に遭わされましたが・・・

女の子より、食べることに懸命でした。

Re: Noriさん

Noriさん、コメントありがとうございます。
店側としては、便宜的にいろんな呼び方をするのでしょうけど、
「レンコンの人」と「コートの人」ではえらい違いがありますね。

テーブルフライヤー、なるほど小型の電気フライヤーですね。
これだと、いわゆる「ディープ・フライ」もできそうです。
今回は「揚げ焼き風」で揚げ物もどきにしてみました。

Re: こんにちは。;南亭さん

南亭さん、コメントありがとうございます。
お住まいのほうだと、レンコン畑がある(あった)のですね。

歯の話ですが、数年前に親知らずを3本抜いてもらいました。
親不知の歯肉が腫れるので、良かれと思ってのことでした。
直後は良かったのですが、噛み合わせは難しいですね。

親不知あってこその、奥歯だったのです。
それがないと、負荷のかかり方が違ってきて、
隣の歯が傾いたり、抜けたりしていきました。

今となっては、抜いて良かったのか悪かったのか、
判断ができないのですが、取り返しはできません。
いずれそのうち、多くが失われていくでしょう。

てんぷら、思ったより上手くいきました。
なので、またやるかもしれません。
やはり「揚げ焼き」になると思いますけど。

No title

ほとんど自分ではしない料理法ですね。揚げ物。
油はどれくらい使いまわしますか。
何度か、手羽先のから揚げに挑戦しましたが
温度感覚がわからず、油の温度計でも買おうかなと思ったくらいです。
僕は梅田の地下で、混雑した客の壁に
半身の肩をねじ入れて、串カツを食べていましたね。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、コメントありがとうございます。
今回は油をたっぷり使った「てんぷら」ではなくて、
少なめの油による「揚げ焼き」に近いものです。

ある程度油の温度が下がるとオイルポットに入れ、
そこから炒め物に油を使います。
次にてんぷらをするときは、新しい油を足してやります。
そうすると、わりと使い切ることができるんです。

梅田の地下……ホワイティとかありましたね。
ウメチカは、もう迷路のようですよね。

ビバ!揚げ物

天ぷらは案外手軽で好きです。遅い春に山菜と野草が顔を出す時期は頻回に揚げてますよ♪
それでも、魚介類もなのですが山菜はアクで油が疲れるので、継ぎ足しや使い回しに制限がありますけど。

因みに、自分は現在十勝池田の住民デス。
一応ワインで知名度があるはずですが、如何せん酒の嗜好と噛み合わないので難儀してます。

Re: ビバ!揚げ物;つっちさん

つっちさん、コメントありがとうございます。
山菜はアクで油が疲れる、というのはわかる気がします。
でもタラの芽とかフキノトウはやりたいですよ。

揚げ物の連続はよくないけど、油を放置するのもよくない。
これ、明らかに矛盾してますよね?
考えすぎると、かえって良くないのかもしれません。

十勝ワイン、有名ですね。
ワインは大好きなんですが、和風の料理と合わせるとなると、
話が違ってくるのです。難しいですよね……
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (4)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)