fc2ブログ

Anticipation of death

長めの晩酌の途中、トイレに立ったついでにタバコを吸おうと勝手口から出て椅子に座って一服した後、立ち上がった時にふと身体の均衡を失ってよろめいた。自分が思っている以上に過ごしてしまったらしい。酔っているせいで身体の落下速度に感覚器官がついていけず、バケツをひっくり返し、雪かき用のスコップをぶっ倒してしまった。

受け身を取ることすらできなかったので、掌とか手首をまともに擦り剥き、コンクリートの床にしたたか身体を打ち付けてしまった。あまりのことに呆然となってすぐに立ち上がることもできず、仰向けになったまましばらく身体を横たえていた。その時なぜかわかったというか見えたんだ、自分が死ぬ時ってこんな感じなんだろうな、ってね。

もう何年も前、作家の中島らもが亡くなった時のことを、わかぎゑふのエッセイで読んだ。詳細は忘れてしまったけど、酔って階段から転げ落ちて頭部を打ち付けたからではなかったろうか。そんなふうにして、酔った末に命を落としてしまった人は少なからず存在すると思う。これは、自動車事故によるよりはるかに確率が高いのではないか。

たしか21歳の冬だったと思う、同級生のK君の訃報を聞いた。あまりにも早すぎる知らせを俄には信じられなかったが、まるで眠っているようにしか見えないK君の頬に触れた時、これは本当に起きてしまったことなんだと悟った。新年会だか忘年会だかわからぬが、朝、排水溝のそばで発見されたという。

真面目なK君だったから、ふだんから酒もそんなに飲まなかったと思う。宴会で無理に酒を勧められて断れず、つい飲みすぎてしまったのかもしれない。ふらつく足での帰り途、よろめいて頭を打ち付けてしまったのか。そのまま泥酔して眠り込んでしまったのか、それとも意識を失ってしまったのか、真相は不明だし詳細は聞けなかった。

本当にいい人だった。友達の少ない私に、同級生で年賀状をくれたのはK君だけだった。でもK君のことだから、他にもたくさん年賀状を書いたんだろうと思う。私は本当にダメなやつで、K君にお返しの年賀状を書かなかった。今でも心が痛むけど、もうK君はいないんだな。なんで良い人は早くいなくなってしまうんだろう。

血の滲んだ手を、ぼんやり他人の手であるかのように眺めながら、K君のことを思う。なぜ、よりによって彼なのか? だがおそらくそこに意味や答えはないだろう。やがて来るであろう自分のそれを思うと同時に、いま生きて在ることの不思議さを感じるのだが、なに考えてんだか、またしても酒杯に手を伸ばそうとする阿呆はもう、どうしようも、ない。


【付記】
酔っ払いました。んで、バカやりました。こういう打撲って、後になって響いてくるんですよね。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

あとから、思いがけないところに痛みが出てくるかもしれませんが、
とりあえず軽い?怪我でなによりでした。
私もいちおう酒飲みですから、何度か転んだり記憶にない傷を負ったりしました。
目が覚めたら警察のトラ箱だったこともあります。
酒飲みの勲章などと自慢できることではありませんが。

ところで、語弊はありますが、
「死」はこういうかたちで訪れるのも悪くないと思っています。
このところ立て続けに重い肺炎、あるいは肺癌を患ったものですから、
長く病床で苦しみながらの他界を恐れるようになりました。
でも、死に方は選べない。それがイヤですね。

へんな話になってしまいましたが、タバコは止めましょうね(余計なお世話ですが)。

Re: こんにちは。;南亭さん

南亭さん、コメントありがとうございます。
いやあ、参っちゃいますよね。
ホントお恥ずかしい限りです。

自分は大丈夫だ、とか、
わりと酒は強いほうだ、とか思っている人ほど危ないですね。
気を付けようとするのですが、まだいける感じでしたので。
そして突然、ぐらっと来るんですものね。

お気遣い、ありがとうございます。
酒もタバコも、減らしていく所存でございます。

No title

生者必滅という言葉がありますが
自分が衰え、病も身近になり、死を思う瞬間がある。
生きている限りの宿命ですね。
僕は死を考えるようになって、逆に生を深く考えるようになりましたね。
人生の定義が、「残された時間」と思うようになったからです。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、コメントありがとうございます。
自分があるからこそ世界を認識できるのに、
自分がいなくても世界は存在し続けるんですね。

自分に残された時間が少ないことがわかると、
色んなことを大事にしないといけないのですが、
またしても酔ってしまいました。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (1)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)