fc2ブログ

高菜漬け

20191219143329093.jpeg
九州の名産品の一つに「高菜漬け」(辛子高菜)がある。若い頃勤めていた会社の先輩に九州出身の人がいて、お昼ご飯の時にお土産だ、と出してくれた。ご飯の上に乗せたら何杯でもいける、との言に偽りはなく、茶色に変色した菜っ葉に唐辛子が効いており、本当にご飯が進んだのを覚えている。ひょっとしたらキムチより好きかもしれない。

「一生それだけを食べるとしたら」でキムチと高菜漬けの二択なら、たぶん後者を選ぶ。自分で買うほどのめり込んだわけではなかったが、ふと食べたくなる時があって、その際便利だったのは「ほっかほっか亭」の高菜弁当だった。ご飯の上に高菜漬けと錦糸卵、魚のフライなどが乗せてある弁当で、高菜漬けを存分に味わうことができる。

ほっかほっか亭の中でもおそらくいちばんリピート回数が多かったんじゃないかな。やはり「一生それだけを…」でほっかほっか亭の中から一つだけ選ぶなら、高菜か幕の内で悩むだろうね。もしも、魚フライが塩鮭だったら、迷うことなく高菜弁当を選ぶと思う。もうね、なんか高菜弁当を食べたくて仕方がなくなってしまったんです。

男鹿にほっかほっか亭はないけど、潟上市にはあったような気がする。通勤の往復で何度か見たんだ。でも、たかが高菜弁当を食べるためにクルマで他市に出かけるってどうよ? あ、聖林俳優はヘリコプターとか自家用ジェット機で日本のラーメンを食べに来るっていうじゃ……だから何で貧民の自分とセレブリティーを一緒にしてんだよ!

茶番はさておき、一応チェックしておきますか。地域性または地域色というのがありまして、チェーン店といえど全国津々浦々まで同一メニュー展開してるわけではないの。ほっかほっか亭のサイトに行って「秋田」のメニューを見ると……あれ、高菜弁当がないよ? 見間違いかもしれないと思ってもう再度確認するが、やはり「ない」。

「ない」となると、無性に食べたくなる心理は不思議としか言いようがない。近隣のスーパー市場で高菜漬けを探してみるんだけど、イトクやマックスバリュにはなかった。ついでに言うと、関西でよく食べていた細くて黒っぽい「きゃらぶき」の佃煮もないの。いつも何処にでもあると思っていた物がなかったりすると、困るんだよなぁ。

たぶんアマノにはあるかもしれないけど、諦め半分でドジャース男鹿店に行くと、あるじゃないですか! よくわかんないけど、とにかく買ってみました。150gで200円以下なので、さほど高くはない。地元産の味噌漬けのほうがよほど高いくらいだ。高菜のしょうゆ漬け、とありますね。メーカーによっては唐辛子を混ぜてあったりする。

茶色なのは発酵が進んでいるからだという。これをね、炊きたての白ごはんに乗せて食べると……いや、たまりませんなあ! いささか酸味も感じられるが、これも発酵(熟成?)が進んでいるからだろう。豆腐の上に乗せて食べても美味しかったし、お茶漬けにしてもいい。それと高菜チャーハンね。これ、絶対また買うだろうなあ。


【付記】
• やはり九州の名産品ですので、秋田で見つけにくいのは仕方ありません。記事にマックスバリュに高菜漬けはないと書きましたが、後日改めてよく探すとありました。ちなみに塩分量は100g中3.3gで、一度に100gも食べませんのでさほど心配する必要はないようです。写真は高菜チャーハンですが、高菜の使用量は30g程度に抑えておきたいものです。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

福岡県民です

こんばんは。
わたしは、福岡生まれの福岡育ちです。
高菜の古漬けは、油炒めにしてゴマを入れると、もっと破壊力が増しますよ。(笑)

Re: 福岡県民です;take525さん

take525さん、コメントありがとうございます。
九州は高菜漬け、柚子胡椒、かしわの水炊きなど、
美味しいものがたくさんで良いですよね!
仰るように高菜の古漬けを加熱するとより美味しくなりそうです。

No title

高菜漬けはおいしいですね。
漬物はご当地グルメといっても過言でないですよね。
私は、漬物は箕面市にある、漬物屋さんでゲットしています
少し高くても、美味しいお漬物が食べたいですね!

Re: きょろさん

きょろさん、コメントありがとうございます。
こちら(秋田)では高菜漬けはさほど人気がないようで、
マックスバリュなどでも1種類しかありません。
200g入りで100円程度なので非常に安価なのですが、
表示を見ると外国産でした。

> 少し高くても、美味しいお漬物が食べたいですね!

本当に、仰る通りですね。
漬物屋がないので、手に入るもので我慢するか、
通販で買うしかありません。

No title

チャーハンまで行かなくても、混ぜ飯で十分美味しいですね。
お気に入りはジャスコにときどきある壬生菜の漬物。。
これを飯に合えると菜飯になります。好きです。
最近、探しても見つからないのですが
紫蘇の実の混ぜ飯に恋い焦がれています。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、コメントありがとうございます。
壬生菜も野沢菜も飯に合いますね。

菜飯といえば、和歌山だったでしょうか、
「めはり寿司」というのがあるんです。
あれが大好きなんです。
大阪にいた頃、めはり寿司を食わせるラーメン屋があって、
好きすぎて何度通ったかわからぬほどでした。

No title

おお!高菜漬け!

あ。新年のご挨拶の方が先ですね。^^
乙山さん。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

私は九州大分大分生まれの博多育ちですので、高菜は大好きです。
でも、我が家では亡くなったつれあいも娘たち夫婦も高菜がそれほど好きでなく、
私しか食べないとわかっていたので、あまり買わなくなっていた。
でも、一昨年の暮れ、兄が高菜漬けを送ってきて、私たちの実家に伝わる
いわゆる母の味、の調理法も書いてきてくれた。
美味しいので、よかったら、一度お試しください。^^
と言っても、とてもシンプル。古漬けの高菜を小さめのいりこと、ごく少量の
刻んだ鷹の爪と炒めるだけ。

いりこは、頭とおなかのワタの部分だけは取り除いておきます。
まず、最初に、いりこを焦がさないように乾煎りして香ばしい香りを出します。
これがポイント。
一旦いりこを取り出しておき、同じ鍋に油を入れて鷹の爪と高菜を炒めます。
炒め油は、好みでゴマ油でもなんでもいいですが、私はごま油ちょっと苦手
なので、オリーブ油で炒めます。いりこを戻し、さらに炒めます。
塩分は高菜漬けの塩気だけで充分なんですが、最後に香りづけに醤油を
ジュッと一たらしします。

これが兄の教えてくれた高菜の炒め物ですが、私は、だしを取った後のいりこ
でこれを作っています。
だしをとったあとのいりこ。まだまだ美味しいのに捨てるのはもったいない。
だしガラのいりこは、ちょっと面倒ですが、身を二つに割いて背骨を取り除いて
おきます。骨があるともぞもぞするので。
あとは上記と同じに調理する。
ごはんのおかずに、おつまみに。とても美味しいですよ。

ついでに、だしを取った後のいりこは、同じ要領で、セロリの薄切りや、
季節ならウドの薄切りと炒めるのもとてもイケますよ。^^

でも、乙山さんの下の記事の、いりこをミルミキサーで粉にしてだしをとる、というのは栄養的にも素晴らしいですね。わたしもやろう~~~! ^^

そうそう。私、72の手習いで、ピアノというか電子ピアノ練習してみることに
しました。楽器が演奏できないことがずっとずっと残念でしたので。
でも、右手と左手とだけでなく、すべてのことにおいて2つ以上のことを同時に
出来ない不器用な私。はたして弾けるようになれますかどうですか。
今のところ、乙山さんのこのページだけの秘密にしておきましょう(笑)。



Re: 彼岸花さん

彼岸花さん、明けましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。

そうか、彼岸花さんは九州の方でしたね。
いつぞや生まれ故郷のお写真を見せて頂きましたっけ。
ならば柚子胡椒や高菜についてもよく御存じのはず。

秋田では高菜漬けを探さないとなりませんし、
九州にあるような一級品ではないようです。
どこのスーパー市場でもあるような安ものでした。

高菜といりこの唐辛子炒め、おいしそうですね!
私ならゴマ油で炒めると思います。
擦った生姜を入れてもいけそうな気がします。

出汁をとったいりこといえば、
関西でも「うどん四国」というチェーン店がありまして、
ここでビールを頼むと、いりこの素揚げを出してくれます。
これがまた、おいしいんですね!
出汁もいりこで、醬油は使っていなかった気がします。

電子ピアノを始められるんですね。
なるほど、さすが目の付け所が違います。
じつは私も、電子ピアノのことを考えていたんです。
それからナイロン弦のギターのこともね。

今はまだ余裕がなくて無理ですが、
いつかそのうち、少しずつ練習したいなあ……
水彩画だって、再開する計画だけはあるんですよ。
絵の具を買って、パレットに配置して、そのままんまですけど。

これも彼岸花さんと私だけの(手遅れだけど)秘密にしておきましょう。
今年もどうぞよろしくお願いします。

No title

あっと。昨日送信した私のコメント。字の間違いがありましたので、訂正再送
しました。ありゃ。まだあった。大分大分と二度も書いてますね。><

乙山さん。水彩画をなさるんですね。ぜひぜひお時間を作られて、水彩画
再開なさってくださいね。実は私も昔は絵を描くのが好きで。小学校から
授業中などにもノートに落描きなどしてました。結構デッサン力あったんですよ。^^
歌うのも好きで、音楽は美術と共に得意科目だった。家庭科も調理などは
苦手だったけど縫い物は得意でした。その他ちょこちょこ好きなことはあった。
典型的な器用貧乏ですね。(爆)結局何ものにもなれないで終わりました(笑)。
中でも本当は絵の道に進みたかったんだけど、家庭の事情が許さず。
まあ、仮にやっていたとしてもものにはならなかっただろうと思います。
20歳くらいで絵を描くのはぱったりとやめたかな。たま~に水彩画、もう一度
楽しみでやってみようかなと思うこともありましたが、もう今となっては根気が
ありません。jhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh
         ↑
(この部分は、猫のコロが書きました。乙山おじちゃんへの猫からのお手紙です。(爆)
私がパソコンやりだすと敏感にかぎつけて、キーボードの上を歩く。終いに寝そべる)

電子ピアノ、今日届いたんですが、すでに気合負けしています(笑)。
さて。どうなりますか。^^


Re: 彼岸花さん

彼岸花さん、コメントありがとうございます。
一応、高校時代は美術部でした。
なのである程度は絵を描くことができます。

油彩もやってみましたが、自分の感性とマッチしなくて、
卒業後は水彩とか色鉛筆がメインになりました。
てか、その後も続けているのが奇跡に近いんですけど。

彼岸花さんはYouTubeご覧になりますか?
パソコンがあるならすぐに視聴できますよ。
私はテレビがない(本当はあるんだけどBSしか映らない)ので、
もっぱらYouTube再生テレビとなっております。

たとえば「水彩画」と検索をかけると、
水彩の描き方とかを初心者向けにした動画があって、
見ているだけでたいへん楽しくなります。

(電子)ピアノも、左手と右手の動きが違うのですが、
まずは左手を回転させながら、右手は前後に動かすなど、
ピアノ以前のレベルから教えてくれるんですね。

余裕ができたら、中古の電子ピアノを入手して、
少しずつやっていこうと考えています。
映画『グラン・ブルー』でジャン・レノがピアノを弾くんですが、
あれがまた格好良くて。

ある事情で左指の一部が欠損しているんですけど、
ジャンゴ・ラインハルトだって左手で動くのは3本だけだったそうです。
だからギターも、やればできると思うんですよね。

楽しみができて良いですね。
ま、私の場合、挫折する可能性が限りなく高いんですけど……
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (4)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)