fc2ブログ

地域密着にもほどがある

「地域密着」という言葉には不思議な魅力があって、なにか自分の心の故郷のようなありがたく懐かしい感じがする、ように思う。地域でしか通用しないようなコード(やり方、作法、流儀など?)が暗黙のうちにあって、何も言わなくても「いつものね」が通じる感覚、とでもいえばいいのだろうか。個人商店でこそ成り立つ話である。

公共施設であればなおのこと、もしそんな施設があれば、いつまでもなくなってほしくないよね。でも公共施設でありながら「地域密着」が進みすぎると、首を傾げたくなることもあると思う。秋田県は温泉がたくさんあって、それこそ「掘れば温泉に当たる」のかもしれないが、道の駅と温泉を兼ねた施設もわりとある。

ところで「外風呂(そとぶろ)が好き」というのがある。家で風呂に入られるのに周囲には銭湯がわりとたくさんあって、家で風呂に入る感覚で銭湯を使う文化があった。もしかしたら今でもそうかもしれないけど、少なくとも昭和に大阪市内や京都(銭湯のある町)に生まれた人ならわかってもらえると思う。

以前、どこかで青木玉(幸田露伴の孫)の文章を読んで、東京でも昭和初期の銭湯には、頼んだら三助さん(ふんどしスタイルの若い男性)が女風呂に入っていって(!)簡易マッサージ的サービスをしてくれる、というくだりがあった。銭湯には色々気をつけないといけないことがある、と幼い筆者が諭されるのである。

話を戻すと、銭湯はあくまで「公共空間」であり、暗黙のルールが存在しているはず、なのである。ところが「地域密着」が進みすぎると、暗黙のルールがもはやなくなってしまいかねない状況になる。外風呂が好きなので、たまに温泉のある施設を訪れることもあるが、秋田県某所の温泉施設では、閉口してしまうことがよくある。

いつだったかタオルを持って入って行くと、浴槽付近で「人が寝ている」のである。普通そんな所で、しかも石の床の上に寝るか? だいいち邪魔で仕方ねえや、と思うのだが本人は実に気持ち良さそうである。例の箇所にタオルを置いてあるのが救いといえば救いなのだが、ふつう銭湯でそれはないよなあ。ていうか見たくないんだよね。

湯に浸かっているとご老人が入ってくるのだが、元は手拭いだったであろう茶色に変色した布を手にしている。湯に足を入れるや否や、その布を湯につける。うっ、ソレをゆすがないでくれ、と心の中で叫ぶのだが老人の手は止まらない。その時点で私は立ち上がっているのだが……だから「ソレでソコをこする」のだけはやめてくれって!

季節に関係なく水風呂が大好きな人が多い。これは秋田に限ったことではないのかもしれないが、サウナと水風呂を何度も往復している。なんだろう「強い男の証明」みたいな意識があるのかな? たしかに水風呂に入るのは勇気のいることで自分だったら絶対しないと思うけど、「鼻をつまんで潜水」するのはやめたほうがいいと思うよ。

風呂から出ようとすると出口付近で体を拭いている人がいて、なんだか妙な拭き方をしている。だからなんで「ヌンチャク拭き」をする必要があるんだよ? ふつうに拭けんか、ふつうに。でもかなり年季が入っているようでわりとそれっぽく見えて様になっているのが可笑しくて仕方がない。はっきり言って通りにくいんですけど。

いやはや、地域密着にもほどってものがあるだろう。公共空間という意識が希薄なのかな。ロビーではおばちゃんたちが菓子やら食べ物やら広げて小宴会やってるし、ソファーで顔晒して完全に熟睡している人もいるしで、ふと特撮の『怪獣無法地帯』という題名を想起したが、県外の人に見られたくない気がするのは自分だけ、なの?

【付記】
• 「おおらか」あるいは「ざっくばらん」ということなんでしょうか。おそらく某所だけで起きている現象で、「秋田ではこれが普通」というわけではないと思いますが……

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

 ご心境お察しいたします。ぼくだってそんな目に会ったら、いやな
気持になるにちがいありません。

 大都会であれ地方であれ、洗練とはまことに得がたいものだと思い
ます。

 もうずいぶん昔の話になりますが、青森県弘前市で同年代の若者と
話をする機会がありまして、彼らの控え目で誠実な話しぶりに、深い
感銘を受けた記憶があります。(ぼくも地方出身者なんですけど)地
方には地方の洗練というものがあるのだと知った、いわばたいへん貴
重な経験でした。

 秋田にもそれはあるはずだと思いますので、どうか気長にお探しく
ださい。いつかきっとみつかることでしょう。

Re: 薄氷堂さん

薄氷堂さん、コメントありがとうございます。
その某所は、普通の銭湯より規模が大きく、
脱衣場とロビーが完全独立しているのです。
なので「銭湯の掟」が通用しないのかもしれません。

実は「普通の銭湯」は、限られた地域にのみ存在するもので、
その感覚で判断するのが間違っているのかもしれません。
ちなみにその温泉施設の壁には、
「公共マナーを守ってご利用ください」という張り紙があります。

銭湯に行くのにだれも着飾ったりしないもので、
「気取らず着飾ったりしないのが都会」という、
一風変わった意識が銭湯文化(?)にはあるように思います。
銭湯のない阪神間地域や北摂の一部とは違った気質が、
大阪市内(の銭湯がある町)に育った人間にはあるのです。

銭湯には銭湯のマナーがあるのですが、銭湯の介在によって、
より大きな公共マナーが希薄になっている傾向もありますね。
関西人(特に大阪人)のマナーが悪い、という定評(?)も、
銭湯文化に関係があるのかもしれません。

> 大都会であれ地方であれ、洗練とはまことに得がたいものだと思います。

いや、まったく、仰る通りだと思います。
常々、田舎っぽさは特定の場所や環境にあるのではなく、
度し難い人間の意識にあるものと思っています。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (1)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)