fc2ブログ

二つの "Let It Be"

The Beatles / Let It Be (1970)

LetItBe_1970.jpg
1. Two of Us
2. Dig a Pony
3. Across the Universe
4. I Me Mine
5. Dig It
6. Let It Be
7. Maggie Mae
8. I've Got a Feeling
9. One After 909
10. Long and Winding Road
11. For You Blue
12. Get Back
13. Let It Be Mini-Documentary [Multimedia]



ビートルズのアルバムの多くはLPレコードで持っているので、わざわざCDで買うのも気が引けていた。だけどLPレコードの再生装置がない以上、もう何年もビートルズを聴いていなかったのが実際のところだ。

このたび(2009年)「ビートルズが新しくなった」などと称して売り出しているのを見ると、なにやら音がよくなっているとかいう話である。マルチバイで割引キャンペーンもしていることだし、この際新しいビートルズとやらを買ってみようかなという気になって、「カートに入れる」のボタンを押してしまった次第である。

『レット・イット・ビー』は映画撮影も同時に行われており、レコーディングの様子などがフィルムに収められていったわけだが、メンバーは常にカメラが入って撮られることに疲れ切ってしまい、膨大なサウンドトラックを放置するような状態だったという。これは何年も前に見たビートルズのドキュメンタリーでも確認できた。

放置された膨大なサウンドトラックを編集、手を加えてアルバムの形に仕上げたのがフィル・スペクターである。『レット・イット・ビー』だけ聴いてきた私には、オリジナルのサウンドトラックにフィル・スペクターがどんな処理を施しているのかよくわからなかったのだが、2003年に出たときに、ふらふらと買ってしまった『レット・イット・ビー……ネイキッド』と聴き比べてみると、なるほど、と納得できた。

『レット・イット・ビー……ネイキッド』は、フィルが加えたオーケストラ、コーラス、サウンド処理を削ぎ落とした(というかオリジナル音源をマスタリングしたと思われる)もので、「レット・イット・ビー」「ロング・アンド・ワインディング・ロード」「アクロス・ザ・ユニヴァース」などの変わりよう(?)には驚かされた。

LetItBe_2003.jpg詳しいことはあまり知らないが、最近フィル・スペクターの評判はあまりよくないようで、『レット・イット・ビー……ネイキッド』発売の背景にはそのあたりの事情が反映されているのかも知れず、フィルの仕事を「余計で、邪魔」なものとして扱う傾向もあるようだけど、ジョン・レノンはフィルの仕事を高く評価していたようで、ソロになってからの『プラスティック・オノ・バンド』や『イマジン』でもフィルはプロデュースに携わっている。

私(乙山)はオリジナルの『レット・イット・ビー』も、「裸になった」それも、どちらも好きだ。フィルの仕事は映画『レット・イット・ビー』で見られたメンバー間の軋轢やあまりよいとはいえなかった(どこか投げやりな)雰囲気を伝えながら、オーケストラとコーラスを加えて作品を磨き上げているように思う。

2003年の『ネイキッド』は「元のまま」を強くアピールして、こちらがオリジナルだぞ、と言いたげだが、フィルの仕事にはきっちり残されていた、ビートルズのメンバー間の険悪な雰囲気は払拭されている。これは、サウンド面からすると「オリジナル」かもしれないが、メンバー間の雰囲気、実情からすると「元のまま」から離れていて、逆の意味で「美化」が施されている、と見るのはひねくれ者の私だけだろうか。

まあしかし、どちらも「いい」ことに変わりはない。一つの種から二つの作品が生まれたわけで、好みに応じて好きなほうを、または両方を楽しめばいいので、優劣論争や元祖/本家の争いみたいなことは……だけどそれもまた楽しみの一つ、というわけなんだろうか。


【付記】
・本記事最後のほうで言及した「美化」は、『レット・イット・ビー』オリジナル盤や、映画『レット・イット・ビー』、またはビートルズのドキュメンタリーにふれて、『レット・イット・ビー』がどんなふうに制作されたかを「知ってしまっている」視点からみた場合のみにあてはまることで、それらを知らない若い世代の人が2003年の『ネイキッド』を聴いても、「美化」は感じられないと思います。

・たとえば、スタン・ゲッツとジョアン・ジルベルトが初めて組んでレコーディングした『ゲッツ/ジルベルト』のレコーディングは、穏やかではなく、険悪な雰囲気の中で行われたそうです。ですがCDにはそんな雰囲気は微塵も表れていません。本来音楽CDとはそういうもので、音楽のみを伝えることを目的とするなら、2003年の『ネイキッド』に「美化」の意図を読み取る必要はないわけです。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

そう言えば私も最近ビートルズを聴いてませんね。
聴けばそれなりに聴けるんだろうけど・・・・
新たにCDを買うののもねって感じで長いこと過ごしていたように思います。
これを機会に、聴いてみようかな・・・

Re:gatayanさん

gatayanさん、コメントありがとうございます。
なぜビートルズがこれほどまで人気になったのか、乙山(おつざん)も不思議でなりません。

言えることは、彼らはメンバーが全員歌えることに加えて、ソングライティングができる人間が三人もいた、ということです。そしてビートルズはハンブルグなどヨーロッパ各地を回りながら観衆を前に歌い、演奏してきた、叩き上げのグループだ、ということです。

いま、当時からかなり時間が経過した後で、同時代のほかのグループやシンガーと聞き比べてみても、印象に残るというか、心をぐっとつかまれる感じが突き抜けているように思えます。
リマスターCD、結構いい音ですよ。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/11 (14)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)