fc2ブログ

読めば心が洗われる―下村湖人 『論語物語』

下村湖人『論語物語』講談社学術文庫(1981)

Rongo_monogatari.jpg
最初はどういうきっかけで手にしたかはもう定かでないのだが、下村湖人の『論語物語』を読んだのは高校生のときだったのではないかと思う。
おそらく、高校の国語の教科書に載っていたのを目にしたからではないだろうか。

子曰く、吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順う。七十にして心の欲する所に従えども矩をこえずと。

たしかに載っていたと思い出せるのは上記の箇所で、他はもう思い出すことができない。上記の箇所にしても、いま手元に『論語物語』の現物を置いてただ写しているだけなのである。

どうして高校生の私(乙山)が、なにやら難しそうな中国古典関係の本を、わざわざ買って読んだのだろう? 今となっては首を傾げるほかはないのだが、私はしかし、どういうわけか『論語物語』を読み、面白くてやめられず学校の休み時間に読んでいたところ、級友に見咎められ、不思議がられたのを思い出す。

『論語』自体は例によって「子曰く」で始まり、孔子やその弟子たちが、かくかくしかじかのことを言った、と簡潔に述べているだけなので、それ自体を読んでも何のことかわからず放り出してしまうようなものだと思うけど、下村湖人の手にかかると、孔子が弟子たちとともに生きいきと描き出され、『論語』はぜんぜん知らなくても『論語物語』は楽しんで読めるようになっている。

「孔門十哲」と呼ばれた弟子たちも登場するが、中でも子路と子貢が印象に残る。
子路は勇猛果敢だけどおっちょこちょいなところがあって、軽率な行動をしばしば孔子に戒められる(「子路の舌」)。
また隠者にやり込められて一瞬孔子のことを批判的に見るも、師の大きさに心を入れ替える(「渡し舟」)。そればかりでなく、本書の中に何度も何度も孔子と子路のやりとりがあり、読むたびにお互いの愛情が伝わってきて胸を打たれる。

子貢は弁舌が立ち、商才もあって孔子門下ではもっとも裕福な立場になる。しかし孔子は顔淵(顔回)の米びつがいつも底をつきそうなのを誉め、自分のことは少しも誉めてくれないのを不満に思う。
貧乏なとき人にへつらわず、裕福なときにおごらず、という境地に実際に体験したうえで辿り着けたのは自分だけだ、と自負心をもって孔子に問うが、「そういうことにとらわれているということは、まだ自分の中にそのような心があるからだ」と諭される(「富める子貢」)。

本書に登場する孔子は、あくまで「下村湖人の孔子」であり、『論語』をよく知る人はその孔子像に疑問を呈したくなるかもしれない。だけど、宮本武蔵がいろんな人の手によって描かれ、伝えられてきたように、いろんな孔子がいてもいいじゃないか。

読むたびに心が洗われ、時を経て読めば新たな発見がある。
そんな魅力を持っているのが下村湖人の『論語物語』である。


【付記】
下村湖人『論語物語』は現在でも講談社学術文庫で入手できるようです。ちなみに手元にある『論語物語』をみると600円の文字が。今の値段を思うと、なにか隔世の感があります。下村湖人の『論語物語』が講談社学術文庫に収録されたのが1981年で、乙山はどうやらその初版本を買ったのでしょう。下村湖人が『論語物語』を執筆したのは昭和13年ごろで、1938年が初出のようです。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (4)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)