fc2ブログ

キャロル『THE★BEST』(2003)

はっぴいえんどを取り上げたのならこれを忘れてはいかんでしょう、というわけでキャロルである。名前は知らずとも「君はFunky Monkey Baby…」は大阪万博を知る年代の人なら、どこかで聞いたことはあると思う。今回は2003年発売のコンピレーション盤『THE★BEST』を聴いてみた。全部は無理なので少しだけピックアップしてみよう。

メンバーは矢沢永吉(v, b)、大倉 “ジョニー” 洋一(v, g)、内海利勝(g, v)、ユウ岡崎(ds)の4人。ほとんどの楽曲は大倉作詞、矢沢作曲による。一通り聴いて感じたのはトリビュートと言っていいほど初期ビートルズ色が強いことだろうか。それがスローテンポの曲になると、どこかグループサウンズみたいになってしまうのが興味深い。

日本語と英語の混ぜ合わせの歌詞はサザン・オールスターズみたいに思えたが、これは先にサザンを聞いてしまったことによるもの*で、実際にはキャロルのスタイルをサザンが継承したんですね。変な発音の日本語と怪しげな英語なんだけど、ロックになっている。1975年までに日本語でロックをここまでやれたバンドは他になかったのではないか。

「ファンキー・モンキー・ベイビー」はシンプルなロックンロールにわかりやすい(?)歌詞を乗せている。「楽しい 君といれば」の後のシャウトは格好いいし、長過ぎないギターソロも計算されている。「君がいなけりゃ Baby I’m blue no...」でテンポを落とさずたたみかけるように歌い、最後までアップテンポで歌い切った傑作だ。

「ルイジアンナ」は彼らのデビュー曲で初期ビートルズの影響がモロに出ている。ていうか普通はここまではっきりわかるようにはやらないものだと思うけど、正面からドーンとやられるとね。でも彼女の名前はルイジアンナじゃないとダメなんだろうね。これが「山田花子」だったり「鈴木松江」だとなぜかうまくいかなさそうな気がする。

「二人だけ」はアコースティック・ギターにヴォーカルが乗った曲だけど、びっくりするくらい甘い内容。「今夜君 二人だけ/愛の唄 捧げたい」と歌うのは大倉のヴォーカルだと思うが、意外と(失礼)高音まで伸びているし、飛びっきりの甘い声。だからグループサウンズみたいに聞こえてしまうのだろうか。コーラスもきちんと気合が入っている。

元のコンテクスト(文脈)から切り離して音楽だけ聞いてグループ・サウンズみたいだ、とか言っているけど、コンサートでアップテンポの曲が続いた後で「二人だけ」とか甘い声で聞かされるとまた違ってくるんじゃないかと思う。そこには矢沢でさえ羨ましく感じずにはいられない場の雰囲気があったのかもしれない。

ところでキャロルのサウンドは初期ビートルズの影響が濃厚だが、ファッション・スタイルは残された画像や映像などを見ると革ジャンパーにリーゼント(?)が多い。これは「ロッカーズ」と呼ばれるスタイルに似ており、メジャー・デビューした時のビートルズの「モッズ」スタイル**とは敵対するもので、このスタイルを提案したのは大倉だそうである。

そして日本語と英語を混ぜ合わせた歌詞も大倉によるもの。先に「ルイジアンナ」でも触れたけど、日本語だけでロックにするのはかなり難しかったようで、英語を排した(日本語に拘った)はっぴいえんどは十全にはうまくいかなかったように思える。やり方はともかく、日本語ロックを最も成功させた形で提示できたのはキャロルではないだろうか。

* このような逆転現象はジャズの古い音源を聴いているとしばしば体験すると思う。例えば私は、アート・テイタムを聴いて「あ、セロニアス・モンクみたいだな」と思ってしまった。

** ビートルズのモッズ・スタイルはマネージャーのブライアン・エプスタインのアイディアによるもので、ハンブルグ時代のビートルズがロッカーズ・スタイルだったのはよく知られた話である。

【付記】
⚫︎ 日本語ロックにしても、ファッションにしても、後の世代に与えたキャロルの影響は計り知れないものがありますね。今日改めて聞いてみると、「おっ、そうくるか」とか、「それはちょっと……」となったり、とても興味深い体験ができました。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

相変わらず、音楽への造詣の深さを感じる記事です。
原田真二について乙山さんの記事を読んでみたいのです。

こんばんは。

うーむ、乙山さんの音楽エセーには唸ってしまいます!
音楽に限らずですが・・・。

キャロルは名前として認知してましたが、
読ませていただくとなるほど、
日本の音楽シーンに大きな役割を果たしていたのですね。

はっぴいえんど、もそうです。
これだけのビッグネームが揃っていながら、
彼らの音楽に触れた記憶がないのです。
この時代、私は何をしていたんだろう・・・
たぶん、毎晩酔いつぶれていたに違いありません。
休日は競馬に入れあげていましたし。
ろくな青春時代でなかったのは確かです。

しかし、プリプリは知ってますよ!
50代になってのライヴ放送を見ましたが、
当時とは一味違ったパフォーマンスに、少なからず感激しました。

プリンセス・プリンセスといえば、二番手のガールズバンドに
ピンクサファイアが居ましたね。
実は古いブログ仲間の一人が、そのメンバーでした。
彼女は今や「レシピの女王」として有名です。

レシピ本を二冊刊行するほどの人気でしたが、
乳がんの予後が芳しくないようで、現在行方不明の状態です。

Re: トニーさん

トニーさん、コメントありがとうございます。
原田真二! これはまたピンポイントですね。
クリスタルキングや子門真人について語るより困難かもしれません。

No title

こんにちは、キャロル及び矢沢永吉は、あの時代のファッションアイコンだったんでしょうね。
私の中学時代のツッパリ(ヤンキーという言葉はなかった)も、皆リーゼントでしたよ。元をたどればプレスリー?ジェームス・ディーン?
かどうかわからんのですが、ビートルズも反抗的若者代表としてリーゼントでのスタート、だったんでしょうね。でも、エプスタイン考案のモッズスーツとマッシュルームカットにより、リーゼントと革ジャンが古臭いダサい(=さらば青春の光でのロッカーズ)ものみたいになったのは興味深いです。モッズスーツ&マッシュルームカットが反逆のシンボルとはね。昔何かのドキュメンタリーでビートルマニアの女の子が「Elvis is dead」と言うフリップ持ってたのを思い出しました。若い子は上の世代を否定したがるものだし、エルヴィスは既に権威だったのかもしれません。

とか言う感じで、見た目と音と敵対してた価値観が同居したキャロルは、日本でないと生まれなかったアーティストなのかもしれませんね。

ところで、横レスですが、私も原田真二はちと興味あります。そう言えば、ヒットしたシングル3曲以外は聴いたことないです。てぃーんずぶるーすはシカゴのサタデー・イン・ザ・パークみたいだったなあ。

Re: こんばんは。;南亭さん

南亭さん、コメントありがとうございます。
キャロルの影響はとても大きなものがあると思います。
「洋楽と日本語」という問題のソリューションとして、
おそらく最も早く、成功した例ではないかと。

そしてファンションとしてはダウンタウン・ブギウギ・バンドと並んで、
「ヤンキー」や暴走族、不良たちのスタイルの源流だと言えましょう。

多数派の長髪にジーンズというヒッピー・スタイルに対して、
旧制高校の流れをくむバンカラ・スタイル(硬派?)がありましたね。
少数派のアイビー・スタイルはお坊ちゃんたちのもの(軟派?)でした。
それらとどこか違う不良たちは、キャロルに魂の故郷を感じたのでしょう。

はっぴいえんどのファッション・スタイルは平凡なヒッピー流でしたが、
頭が良くて、しかも照れ屋さんが集まっていましたので、
音楽それ自体でなんとかしようとしていたんでしょうね。


Re: yuccalinaさん

yuccalinaさん、コメントありがとうございます。
残された映像や画像を見る限り、キャロルのスタイルは、
ジェームズ・ディーンやエルヴィスに近いものですね。
いまステレオタイプとして認識されている(?)リーゼントは、
おそらく横浜銀蝿のスタイルで、キャロルのスタイルとは違います。

ビートルズのスタイルを、当時の日本で真似するのは無理だったでしょう。
特にあの髪型とかね。それにスーツの着こなしも。
1970年代前半では、どちらもやはり無理だったと思います。
1980年代後半でさえ、スーツの着こなしは今ひとつでしたしね。

原田真二、さほど(というかほとんど)聴いてなかったですねぇ。
レンタルメディア店でもたぶん「ない」のでは。
それこそYouTubeのお世話になるしかないかもしれませんね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (1)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)