fc2ブログ

酒と高血圧

塩分濃度計を買ったら、とにかく何でも測ってみたくなるのは人の常(なのか?)であろう。家の味噌汁とか社食のラーメン、うどん、そばなども測定し、必要とあらば*お湯を注ぎ足していた(飲み切りNGね)。ある日、お酒を飲んでいる途中、ふざけ半分で尿を測定したところ、どういうわけか塩分計が反応しないのである。

我が塩分計は最低値が0.4で、「うす味」だの「ふつう味」というようになっており、その時の正確な数値は表示されない。舌打ちしたい気分で故障か、と思い他を測定すると反応した。もう一度、尿を試すとやはり反応しない。普通そんなことはしないが、少し怖くなったので尿を含んでみると、塩味はなく、渋いような味わいである。

どうやら本当に飲酒後の尿の塩分濃度は0.4%以下になっているらしい。なぜそうなるのか不明だが、「酒を飲むと尿の塩分濃度は限りなくゼロに近くなる」というのは事実のようだ。たぶん今までもそうだったのだから、直ちに身体の異常だというわけではないが、その現象が何を意味するか、少し考えてみようと思う。

人間の身体には塩分を分解する器官は存在しない。なので塩分は水溶状態で体液として排出するしかないのである。数ある中で、最大かつ簡便なのが尿だろう。一回の排出量を300mlと仮定すると、概算(g=%*ml/100)で2.7gの塩分を排出していることになる。もし3回小用を足したとすると8.1gの塩分を排出しているわけだ。

あれ、8.1gって……成人男性の塩分摂取量より多いじゃないか、と思う人もいるだろうけど、ここが問題である。塩分8gというのは容易に達成できる数値ではなくて、奥様の協力のもと減塩をしているつもりだった、という人でもきっちり測定すると10g以上だった、というのがざらにある。好き放題の「普通の食事」ではまず無理と思っていい。

しかも1日3回、きっちり小用を足せるわけではない。人間の身体から尿を抑制する物質が分泌されていて、無駄に塩分を排出しないようコントロールされているからだ。だから「普通の生活」をしていると、塩分摂取量が多くなりがちで、同時に塩分排出量が少なくなりがちになっているはず。ここに高血圧の原因が潜んでいると思う。

もしも、塩分摂取量を抑え、かつ尿によって塩分を排泄し、塩分摂取量=塩分排出量にできたなら原理的に「高血圧は起きない」のである。つまり「種類は違えど高血圧とダイエットは原理的に同じ」である、といえる。前者では「塩分の摂取量と排出量」が問題となり、後者では「カロリーの摂取と消費」が問題となっている。

さて、ここでアルコールの問題に戻ろう。アルコールを摂取すると、尿の塩分濃度が下がる、つまり「酒を飲むと尿で塩分は排出されない」もしくは「飲酒後の排尿は塩分排出としてカウントされない」とすると、昼間に塩分過多気味だったのが酒を飲むことで翌日に「持ち越される」ことになる。これを繰り返せば塩分が蓄積されていくわけだ。

身体は常に血中塩分濃度を0.9%に保とうとするので、体液で薄めるしかなく、血液全体量が増える結果、高血圧になる。もし昼酒をやったとしたら、高塩分が晩まで持ち越されてしまい、そのまま晩酌に入ったとすると……恐ろしいですね。私は休日になるとよく昼酒をやるのだが、それは非常に危険な行為だというのがわかった次第である。

飲酒が直ちに高血圧に直結するわけではない。そうではないが、酒を飲むと身体がどういう反応をするか知っておいても損はないだろう。酒を飲むと、塩辛いアテが美味しく感じるし、シメのラーメンという誘惑もある。でもそれは塩分排出ゼロ状態での高塩分摂取であり、しかもそれが「持ち越される」わけでたいへん危険なのです。

* 社員食堂のめん類(おつゆ・スープ)の塩分濃度を測ってみると、常に1.2%振り切り状態なので、薄めないではいられない。本当に飲み切りなどもってのほかである。寒い時期は温かいスープが欲しくなるが、飲み切るつもりならかなり薄いスープでなくてはならないし、量も200ml以下に抑えたいところである。かりに0.7%の180mlなら、塩1.26gとなる。

【付記】
⚫︎ 酒と塩を考えることで、長らく原因不明だった高血圧の尻尾をつかめたような気がします。でも心情的には酒や塩を悪者扱いしたくないんですよね。上手く付き合っていきたいものです。 ちなみに、酒を飲んだ翌日の朝一番の尿を測定すると塩分濃度0.4%ほどでした。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

すごいことが分かりました。
酒を飲んで。翌日に検査されると、とんでもない塩分量になるということだ。
僕の異常値は、それだな。
つまり検査の前日に飲まない、それで数値は下がるのではないかな。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、コメントありがとうございます。
せっかく塩分計(私と同じもの)があるのですから、
一度、尿の塩分濃度を測ってみることですね。

何度か試した上での公開ですので追試でも同じになるはずですが、
ぜひ、人体の不思議を体感していただきたいものです。
酒を飲むと排尿の回数が増えますが、その都度きっちり出していては、
塩分不足になるのは目に見えています。
なので身体が塩分流出を防いでいるものと想像します。

検査の前は、出来るだけ塩分を控え、
同時に水分をとって排尿を増やすことで「塩抜き」して臨むのがベストかと。
たぶん1日だけでは間に合わないでしょうけど……
私も「塩抜き」して降圧剤を投与すると、血圧がガンと下がりました。

ノーベル賞ものかも

乙山さん こんばんは。
私の高血圧外来の名医も、乙山先生の発見した飲酒とオシッコ理論を知らないと思いますよ。もしかして、この件を論文として書かれたら、世界的な名声を得られるかも。私も高血圧体質の酒飲みなので、今後の対策に応用させていただきます。その結果は、いずれ拙ブログで書いてみたいと思います。

Re: ノーベル賞ものかも;オッカイポさん

オッカイポさん、コメントありがとうございます。
できるなら数値が正確に出る塩分濃度計があるといいですね。
私のは、相対的把握しかできないようなので。

何度か試した上で公開していますので、
たぶん追試なさっても同じ結果になると思いますが……
要は楽しく酒を飲め、音楽を聴けるということですよね!

No title

 塩分と高血圧との相関関係ですが、ずいぶん個人差があるよう
に思います。ぼく自身を例に挙げますと、しょっばいもの好きな
ものですから、ほとんど塩分取り放題なんですけれど(お医者さ
んが見たら卒倒するくらい塩をふりかけます)、血圧値にはほと
んど変化がありません。

 しかもぼくは毎日アルコールを摂取しますので、血圧がぐんぐ
ん上昇するはずなのに、決してそうはならないというのは、もは
やオカルトの領域でしょうか(笑)。

> 心情的には酒や塩を悪者扱いしたくないんですよね。

 酒と塩は人生を豊かにしてくれますから、どうか仲よくしてく
ださい。焼くと塩が吹き出て白くなる塩鮭で一杯やってごらんな
さい。うまくてたまりませんよ。ただし個人差のある話ですから、
万人にはおすすめできませんけれど……

Re: 薄氷堂さん

薄氷堂さん、コメントありがとうございます。
そうですね、仰る通り、個人差が大きいでしょうね。
塩をたくさん摂ると高血圧になる、わけではないのでして、
塩をどれだけとっても、その分排泄できていれば大丈夫なわけです。

酒も、飲むと直ちに高血圧になるわけではありませんしね。
それにしても高血圧にならないのは羨ましいです。
私も血圧と心電図以外は問題ないのですが、
健康診断をするたび気分が暗くなります。

塩鮭は美味しいですよね!
でも今は手を出す気になれません。

塩を選ぶ

アルコールと塩分代謝の関係は知りませんが、アルコールは交感神経を刺激するので、高血圧に繋がるとは、よく言われていることですよね。

塩分については、乙山さんは自炊もされてるようなので、生成塩でなくミネラルが豊富な天然塩を使うようにするのも大切かと。外食ではどんなお塩を使っているのか、分かりませんので、私も家では良いお塩を使うように、心がけています。それと味噌にも余分な塩分を輩出する成分が入っていると聞いたことがありますよ。

私は小さい頃から塩辛い食べ物が大好きだったのですが、幸い血圧はずっと正常値です。自分の食習慣を顧みると、果物も大好きで3食欠かさず、沢山食べていて、結婚、出産後もそれはずっと続いていますので、果物はかなり良いのではないかと思います。

Re: 塩を選ぶ;yuccalinaさん

yuccalinaさん、コメントありがとうございます。
ミネラルが多く含まれている塩はそれだけで食べる価値がありそうです。
色々調べて、ミネラル塩を探し当てますよ!

味噌に含まれる塩分を排出してくれる物質……ひょっとしてカリウム?
味噌というか大豆にカリウムは多く含まれていますが、
味噌の場合100g中に360㎎ですのであまり期待はできません。

果物にカリウムは多く含まれているようですね。
熱に弱いようなので、生食できる果物とか、
ドライフルーツだといいんじゃないかと。
3食欠かさず果物を、というのがとても有効に思えます。

カリウムと言えば、茄子やきゅうりにも多く含まれていますね。
浅漬けやもろきゅうは酒の肴や箸休めにもってこいデスヨ~。
バナナやプルーンにも多く含まれますが、プルーンをホワイトリカーに漬けたプルーン酎は、味醂の代わりに使うと仄かな酸味も相まって、面白い煮物に仕上がります。そして眼にも好いし。
カリウムは大事。

Re: つっちさん

つっちさん、コメントありがとうございます。
カリウムについて、あまり重視していませんでした。
調べると、カリウムはナトリウム(塩分)の排出を手助けしてくれる他、
心臓の動きもナトリウムとカリウムによるものだそうです。

塩のほうは意識しないでも勝手にとれそうですが、
カリウムは意識しないといけないようですね。
上手に、ナトリウムとカリウムのバランスをとるように心がけたいです。

こんばんは。

ご無沙汰しています。

休店中も訪れていただき、ありがたいことです。

ところで高血圧というのは上が幾つでしょうか?
また下の値も大事かと思います。

以前もお話したようですけど、
高血圧は塩分だけの問題ではないようです。
タバコは吸わない方とお見受けしますが、
糖尿、ひいては腎臓の病気も怖いという話を医師から聴いています。
あとは環境の変化も大きいでしょう。
そして冬は健常人でも高くなるそうですから・・・

現在、140を超える血圧でも心配することはないようですね。
私、昨日の検診では156ありましたが、
医師は何も言わなかったということは・・・
もしや、諦めているのではありますまいか!

ま、人生時計の21時近い仲間が集まりますと、
殆どが病気自慢で終わってしまいます。
もう4回腹を切った、あるいはペースメーカーを入れておるぞ!
なんて。
それでもがんがん酒を飲み、タバコを吸う怖ろしいジイ様もいて、煽られる始末。

ともあれ、臆病な人生ほどつまらんものはないと思いました。
開き直りと、少々の用心。
それが長く酒を楽しむ極意と見ましたが。
あとは、天のみぞ知るですか・・・

好き勝手申しました。

Re: こんばんは。;南亭さん

南亭さん、コメントありがとうございます。
高血圧も他の症例と同じで、個人差があると思います。
原因は一つではないし、表れ方も人様々でしょう。

私も長らく原因不明で難儀しています。
ですが記事に書きましたように、
塩と酒に無関心だったのです。

塩と酒だけで高血圧がどうにかなるわけでない、
と思うのですが、とりあえず一つずつ消去していくつもりです。
まずは本気で、きちんと減塩を考えてみようかな、と。

生活の中で血圧は上がったり下がったりしますので、
いつも一定レベルで保とうとするのは不自然です。
しかも高齢者に理想値を押し付け「病気」扱いするのは言語道断、
背後に高血圧マフィアがいるとしか思えません。

私の場合、心臓に負担がかかっているので、
もう待ったなし、自分の判断で薬漬けになりました。
ですが打つ手なしでは困りますので、考えながら、
少しずつ、対処していこうと思っています。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (1)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)