fc2ブログ

はっぴいえんど『CITY』(1973)Side-B

はっぴいえんどの『CITY』(1973)を一回読み切りの記事にしようとしたが、聴けば聴くほど面白く、他のようにばっさり省略できなかった。ふつうコンピレーション盤を聴くと、もういいか、とスキップする(おいおい)曲も多々あるものだ。そうならないのは、それだけよく出来た曲が詰め込まれているのだと思う。

「花いちもんめ」は鈴木茂作曲で、イントロのギターはデレク&ドミノスの「レイラ」を想起させる印象的なフレーズ。キーボードの使い方も上手くてサウンドの仕上がりは格好いいと思う。ただ、はっぴいえんど全般に言えることなんだけど、歌詞の内容とサウンドの格好良さが食い違い過ぎてないか? それになんでヴォーカル抑えようとするのかな。

それは細野作曲のトラックに顕著で、「夏なんです」は次のような歌詞なんです。「ギンギンギラギラの太陽なんです」とか「ホーシーツクツクのセミの声です」とか「日傘くるくる ぼくはたいくつ」とか、「モンモンモコモコの入道雲です」とかね。こういうお茶目というかおフザケを、わざとやってみせる部分が大瀧や細野にはある*と思う。

だが細野の作詞作曲による「飛べない空」では一転して、この人が言いたいことを言おうとするとこうなるのか、というシリアスさを見せる。ただし歌詞はほぼ全編「喩え」で、何が言いたいのか読み解くのは難しい。プロコル・ハルムではないけどキーボードが印象的で、個人的にはおフザケよりこういう路線がもっとあってもいいと思う。

大瀧作曲の「春よこい」では珍しく自身の心境をストレートに表現している。「家さえ飛び出さなければ/今頃みな揃っておめでとうが言えたのに/どこで間違えたのか」そして「だけど全てを賭けた/今は唯やってみよう/春が訪れるまで/今は遠くないはず」と。どこか飄々としたはっぴいえんどだが、こういう一面もあるんだね。

「さよなら通り3番地」は鈴木作曲でなんだか陽気なサウンドだが、歌詞は寂しげ。おそらく意図的にそうした鈴木のセンスもすごいが、全編にわたって歌詞を書いている松本にも敬服する。大瀧や細野の要求に応えながら自在に言葉を操る松本が、後に作詞家として活躍するのは皆さんご存知の通り。

最後の「かくれんぼ」は1971年に開催された第3回全日本フォークジャンボリー(岐阜県中津川市)でのライヴ収録音源。現在ではウィキペディアの記述を参照するか、関連書籍をあたるかなどしないと実情は不明だが、はっぴいえんどがフォーク・グループとして活動していた記録だろう。だがサウンドはブールズ・ロック調であるといえる。

静まり返った観衆が息を飲むような雰囲気の中で、相変わらず何を言っているのかよくわからない歌詞に絞り出すような大瀧のヴォーカル、ソロに入るとデュアン・オールマンを思わせる鈴木のギターにうねるような細野のベースラインが絡み、松本のドラムスが盛り上げていく。演奏後の拍手で彼らの演奏が受け入れられたことがわかる瞬間が再現されている。

今日改めて聴いてみると、はっぴいえんどがいかに先進的であったか、今更ながら驚く。個人的にはサウンドの格好良さと歌詞が離れていないか、とか、リズム・メロディー・歌詞が溶け合ってないなとか感じるけど、それでも聴き込むほどに新しく、面白い。1970年代初頭にしては音質も良く、ハイレゾでじっくり聴いてみたいものである。

* おフザケのようでも、それによってフォークの呪縛(暗さ、重さ)からの回避がなされて(試みられて)いる。どうもコミカルさは大瀧の本質の一部のようで、「暗く、わかりにくく」なりがちなバンドの傾向をなんとかしようと考えていたのかもしれない。

【付記】
⚫︎ 日本の歌を聴いていると、はっぴいえんど/ティン・パン・アレー関係者の名前に必ずどこかで引っかかってきますね。もはや避けて通れないわけで今回の記事に至りました。


≪ はっぴいえんど『CITY』Side-Aへ


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

オールマン・ブラザーズ・バンド

乙山さん こんばんは。オッカイポです。
鈴木茂のギタープレイに、デュアン・オールマンのスライドギターの匂いを感じるというご指摘に、私は全面的に同意します。
そういえば、オールマン・ブラザーズバンドには、デュアンの再来のような若手のギタリストが加入して、今も頑張っていますね。
私は、オールマン・ブラザーズバンドの最高傑作と言われるフィルモア・イースト(ウェストだったかな)のコンサートライブのアナログ盤を愛聴しています。デュアンのスライドギターには、しびれます。

Re: オールマン・ブラザーズ・バンド;オッカイポさん

オッカイポさん、コメントありがとうございます。
デュアン・オールマンもそうだと思うのですが、
リトル・フィートのローウェル・ジョージの影響もある気がします。

ただ、リトル・フィートの初期(1stから『ディキシー・チキン』まで)と、
はっぴいえんどの活動期が重なりますので、
ローウェル・ジョージの影響ははっぴいえんど以後、なんですけど。

オールマン・ブラザーズ・バンドの『フィルモア・イースト』、
私はCDで聴きましたが、とにかくソロが長い!
引き出しにたくさん入っている、というより、
漫画にあるように引き出しが異次元空間につながっている感じですね。

こんばんは。

音楽においても、非常にプロの知識を持っておられることに驚いております。

音楽用語は無論のこと、楽器についてもお詳しい。
もしや業界にいらしたのではないかとすら、思ってしまいました。

私はいろいろ聴くことは聴いてきましたが、
どうも上っ面を撫でる程度だったようです。
音楽について書いたことの、今読み返すとなんと幼稚なこと!

ま、全てにそうですが自分の言葉、その錬度の低さには、
コンプレックスが増すばかりの昨今です。

いや、、、素晴らしい音楽評を読ませていただきました。

ちなみに「はっぴいえんど」の名前は知っていましたが、
一度も聴いたことがないので、これもお恥ずかしいです。

Re: こんばんは。;南亭さん

南亭さん、コメントありがとうございます。
そんなに大したものではありませんが、
昔、音楽にのめり込み、学園祭みたいな機会で、
数百人の観衆を前にギターを持って歌ったことがあります。

エレクトリック・ベースを弾いて、
バンドの真似事をしたこともあるのです。
その後、相当の時間と金を費やして音楽を聴きました。
もちろん、もっとすごい人はいくらでもいると思います。

私、書くことしか能がありませんから。
今は映像でもってお金を稼ぐ人たちもいますけど、
きっとそんな風にはできないと思います。
時代遅れなやり方で、まったくお金にならぬことをやってるんですね。

なんででしょうね。自分でもわけわかんないです。

No title

シュガーベイブもそうですが、あのメンバーが一つのグループにいた奇跡!って感じです。

はっぴいえんどは岡林信康のバッキングもしてたので、フォーク扱いだったのかな?歌ってる内容は、何かフォークの主流プロテストソングとは正反対ですが、その力の抜け具合が、古さを感じさせないのかもしれません。

大滝詠一はナイアガラ音頭とか、ひょうきん族での「うなづきマーチ」など、お笑い好きそうでした。細野さんも近年「イエローマジックショー」でコントやったりしてるので、基本お笑いは好きなんだと思います。後に細野さんもセルフカバーし、矢野顕子もカバーしてる『相合傘』なんかも、言葉遊びな感じ強いですし。

「ですます調」は、音的に小粋で韻を踏みやすそうなんで、多用してたのかな?とか私は勝手に思ってます。作詞の松本隆はドラマーで、細野さんもベーシストだから、基本ビートを意識して曲作りをしてそうですよね(^^)

Re: yuccalinaさん

yuccalinaさん、コメントありがとうございます。
本当に、あれだけのメンバーが揃ったのはすごいですね。
各メンバーの後の活躍がなければ今日的評価は違っていただろう、
という意見もあるようですが、聞けばすごさがわかりますよね。

大瀧はクレイジー・キャッツとか、いかりやドリフターズみたいな路線を、
それこそ本気でやろうとしていた頃があったそうです。
細野も被り物なんかしてテレビに出るのも平気なようですから、
彼らは本質的にお笑いが好きだったんでしょうね。

でも大瀧はマスメディアへの露出が極端に少なくて、
残された映像を見ると、どこか無理してる感があったりする。
ラジオみたいな場が、一番好きだったのかもしれませんね。
本当に不思議な人、だとしか言いようがありません。

ですます調にかんしては色々考えさせられますね。
歌詞の内容からして、ひょっとすると宮沢賢治の影響かも、
とか、ふと思ってしまいます。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (5)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)