fc2ブログ

稲垣潤一『コンプリート・シングル・コレクション』(2005)

以前カラオケ酒場でアルバイトしていた時にだれかが歌うのを聞き、「あ、いいな」と思ったのが稲垣潤一である。熱心なファンどころか存在すらほとんど知らなかったのが本当のところだ。今回は『コンプリート・シングル・コレクション』(2005年)を聴いてみた。CD3枚組という膨大な量なので、ピックアップしようと思う。

通して聴かずに記憶に残る曲をいくつか聴いてみて思うのは、典型的な産業音楽ということだろうか。バンドという形でならアイデンティティというか、これは**のギター(ベース)だな、みたいな感じで聴くと思うんだけど、そういう部分が「ない」んですね。シンガー/ソングライターでもなく、稲垣は作詞作曲をほとんどしていないようだ。

喩えるなら、1970年代後半から醸成されてきた「片岡義男的なもの」と1980年代前半に登場した「わたせせいぞう的なもの」のハイブリッド商品とでも言えばいいのだろうか。どこまでも軽く、お洒落で生活感のない都会的なシーンの断片的表現。「都会的であること」を前面に押し出した歌詞とサウンドは意図して作り込まれている。

「ドラマティック・レイン」は稲垣初めての大きなヒット曲。歌詞に特徴があって「もしもこのまま堕ちてゆくなら/男と女…ドラマティック」と匂わせ、「雨の音さえ隠せぬ罪」でキメている。この部分だけで男女が社会的には「罪」とされる関係にあることをほのめかしているが、どういう関係であるかは一切語られていないのがポイント。

「ロング・バージョン」もそれ系(?)の歌で、「サヨナラ言うなら今が/きっと最後のチャンスなのに/思いと裏腹な指が/君の髪の毛かき寄せる」とくる。二人が一線を超えたのは「君はあの日 遊びでいいと/酔った俺の手をつかんだ」後なのかな。ボサノヴァ調の曲がどこか退廃的かつ刹那的な雰囲気に合っている(?)ように感じる。

「思い出のビーチクラブ」は夏の避暑地での一コマ。「約束した人いるの とあの日/訊けずにボートに隠れてキスした/本当のことを知るのが怖くて」と言っておきながら「さよなら/僕に隠して/好きなのとどうして囁いたの」てか。どうしてもこうしてもあるかい、あんたら共犯でしょうが。するコトしといて野郎だけ無罪って、それはないよ。

「夏のクラクション」は典型的な都会派ソングかな。「海沿いのカーブを/君の白いクーペ/曲がれば夏が終わる」なんて『ハートカクテル』に出てきそうだよね。「傷口に注ぐジンのようだね/胸が痛い…胸が痛い」って、アルコール消毒したことあるのかな? 叶わぬ恋の痛みって、そんな激痛じゃないような気がする。

なんかね、精神的にキツい状態がずっと続くだけなんだよ。氷点下がずっと続く寒冷地の冬みたいにね。そして出口はないの。たとえば憂歌団の「胸が痛い」なんかを聴いてみるといい。「胸が痛い/救け出してくれ ここから/胸が痛い/切なすぎて うずくまる」とあるけど、思いが大きく強いほど状況はひどくて本当に「救け出して」欲しいんだよね。

でも、そういうツッコミはさておいて、都会的な歌って自分が労働者であることを忘れさせてくれる瞬間*がある。なので酔って歌うにはこの種の歌がとても良いんじゃないかな。カラオケでサクッと歌うとちょっとカッコいいじゃない? そんな時のために(って、あるのか?)プレイリストに加えておいてもいいかもしれない。

* 見方を変えるとカラオケは一種の現実逃避装置として機能しているわけで、泡沫経済期に限らず、いつの世でも「パチンコ/スロット」あるいは「クラブ/ディスコ?」のような場を必要としているのかもしれない。かつて娯楽の少ない街で映画館もそのような機能を果たしていた。

【付記】
⚫︎ てか、加えてあります。ですが決して「熱唱」あるいは「絶唱」するのではなくて、あくまでさりげなくサクッと歌い上げるのがクールなのではないでしょうか。稲垣潤一のオリジナル・キーが再現できる、という問題をクリアできれば、の話ですけど。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

あの頃

乙山さんの解説とツッコミが面白くて、笑ってしまいました。彼の曲は、本当にあの頃に若い時代を過ごした人たちの空想的な欲望の周辺を飾っていたと言えるかもしれません。
ファッションであったし、消えていくことはわかっていました。懐かしいですね。

Re: あの頃;トニーさん

トニーさん、コメントありがとうございます。
1980年代後半から1990年代前半、
本当に「あの頃」と思える異様な雰囲気がありましたね。

工業化社会から大衆消費社会への移行がほぼ完了した頃、
多くの人が商人かサービス業者になったのでした。
宅建を手にしたヤクザや、にわか個人投資家たち、
ネズミ講やマルチ商法ではないと強調するネズミ講とマルチ商法業者たち、
もう百鬼夜行といってもいい状態でしたね。

「消え去っていった」わけではありませんよ!
稲垣潤一や徳永英明はそれぞれ、
ヴォーカリストとして活動を続けていますね。
これはすごいことだと思います。

No title

こんにちは。

実は私、稲垣潤一と徳永英明の区別がついてなかったですよ~(^_^;)
でも、筒美京平のアンソロジーCDボックス買ったら、『夏のクラクション』が入ってました。

おっしゃる通りの歌謡曲=産業音楽なんですが、実は歌謡曲を作ってた人達が実は凄かったと、そのボックスで知ったのでした。昔は欧米のロックでも、作家とバックの演奏はプロがやってて、バンドは歌とコーラスだけ、みたいな時代があったそうですが、筒美京平はグループサウンズにも多大なる影響力を持ってて、その後も桑名正博からピチカートV、井上陽水、藤井フミヤに小沢健二、TOKIOまで、様々なアーティストとコラボしておりました。

という訳で、私はカラオケに行くと筒美京平シリーズってのを勝手にやってます。稲垣潤一自体への興味は、いまだに湧いてないですけど(^_^;)

Re: yuccalinaさん

yuccalinaさん、コメントありがとうございます。
作詞家や作曲家、編曲家の仕事って大きいですよね。
それにスタジオ・ミュージシャンも。

以前記事に「松田聖子の歌は本当によく出来ている」と書きましたが、
作詞家と作曲家が本当にすごい仕事をしていますね。
演歌の作曲家の先生が、作った曲をギターの弾き語りしてる映像なんかも、
とても素敵で、YouTubeでつい見入ってしまいます。

こんばんは。

稲垣潤一は、よく判らないです。
山下達郎、稲垣潤一、村下孝蔵。
老人にはごっちゃになってしまいます。

それぞれのアーティストを良く聴いてないからでしょう。
山下達郎はクリスマスソングの名曲で知られていますし、
稲垣さんもクリスマスになるとよくかかる曲がありますね。
それ以上ではないので、コメントをためらっておりました。

しかし
「「片岡義男的なもの」と1980年代前半に登場した
「わたせせいぞう的なもの」のハイブリッド商品とでも言えばいいのだろうか。

なるほどー!!
乙山さんの評には、いつもながら畏怖を覚えてしまうんですね!
音楽に限らずラーメンに対しても、酒、食、ファッション・・・
たぶんあらゆる事象に鋭敏な批評眼をお持ちなんだなーと、
油断ならないお人と、お知り合いになったものです^^

そういえばカラオケ、十年以上行ってません。
しかも肺炎になってからは、声量が我ながら乏しくなったようです。

Re: こんばんは。;南亭さん

南亭さん、コメントありがとうございます。
記事にも書いてある通り、私も熱心なファンではありませんでした。
ずっと以前にだれかがカラオケで歌うのを聞いて、
それが記憶に残っていたのです。

それだけ良い曲だったということでしょうね。
稲垣潤一が作ったわけではないのですが、
シンガーというのは作ってなくてもいいのです。
ロッド・スチュワートがそうであるように。

稲垣さんは近頃でも活動なさっているようです。
女性歌手とデュエットという方向で、何枚かアルバムも出しています。
レンタルメディア店で借りてみたんですよ。
どんなふうなのか、とても楽しみです。

私の評などあてになりませんよ!
でもお誉めいただいてとても嬉しく思います。
いつも中心を射抜けているかどうか、気にしています。
的外れなことも、けっこうあるんじゃないかと。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (1)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)