FC2ブログ

男鹿半島と周辺を歩く(26) すいれん(男鹿市船川)

20181010193022d12.jpeg
某休日、久しぶりに外食してみようという気になったんだけど、とくに行きたい店はない。男鹿で車に乗って30分以上かけて通う価値のある店がどれだけあるというのだろうか。いや、違うか。本当はいい店があるのにそれを知らないだけなのかもしれぬ。だが事実、また来てしまった、というやむにやまれぬ衝動に駆り立てられる食い物屋は少ない。

どういう経緯か不明だがYouTubeの動画で屋台で焼きそばを作るというのが流れていて、それを見ているうちに何だか焼きそばが食いたくなってきた。こういう時、例えば男鹿名物の〈しょっつる焼きそば〉だとなぜかダメで、どうしてもソースでないといけない。自分にこれほどのソース愛(?)があったとは意外な感じがする。

男鹿(秋田)でソース焼きそばに期待するほうが間違っているような気がするんだけど、船川に良いソース焼きそばを出す店があるんです。一度、姉に連れていってもらって食べた「オムそば」(ソース焼きそばを卵で包んだ料理)はたいへん印象に残った。聞けば女将は関西出身だという。なるほど、これは関西の焼きそばを知らないとできない味だろう。

というわけで男鹿市船川の〈すいれん〉にやって来ました。雑居ビルの2階にあって、カウンターと座敷がある。夜の居酒屋がメインで昼はランチのみ営業のようだ。おそらく女将と母親の2人で切り盛りをしているようで、察するに「昭和っぽい雰囲気」がテーマなのかなと思う。私の言葉を聞くと観光客にしか見えないだろう。

ところがですね、ランチメニューのボードに「焼きそば」または「オムそば」が見当たらない。でも気分は焼きそばなので、あのう、今日は焼きそばはないんですか、と訊いてみた。すると、できますよ、焼きそばだけでいいですか、オムそばもできますよ、と。気の利いたことに、ご飯も付けますか、というので、ほんの少しだけ、とお願いした。

20181010193023db6.jpegさて料理がきましたよ。思わずエッ、と声が出そうになるボリューム。写真からだとその巨大さがわかりにくいかもしれないが、ご飯茶碗の大きさから類推してください。たぶん、麺1玉半使ってるんじゃなかろうか。しかもこれがノーマルサイズ*なんですね。卵も3個くらい使わないとこの大きさを包めないだろう。

ここから文化の違いの話ね。写真にはご飯と味噌汁、小鉢2個にメインのオムそばが写っているのだが、デフォルトではご飯が付かぬのに「オムそば定食」なのだ。でもそれだと焼きそばに味噌汁とか小鉢を合わせることになり、関西の感覚からすると「違うんだよなあ」となる。味噌汁とか小鉢はご飯があってこそ生きてくるという考えがあるのだ。

以前書いたけど、ラーメンに漬物(キムチではない)とか蕎麦に小鉢が付いてきて誰も不思議に思わないのが秋田流なのだ。だから焼きそばに小鉢や味噌汁が付いていてもまったく問題ない、というわけだ。秋田人にはいたって普通の日常的光景だろうけど、私からするとご飯がない場合、それらは「余計なもの」と映ってしまうのね。

だってさぁ、お好み焼きとか焼きそば食べながら味噌汁飲むって普通しないよ? サイドメニューならともかく、和風の小鉢とか漬物食べながらお好み焼きとかあり得ないもん。でもご飯と味噌汁、香の物(または小鉢)が三位一体のセットとなった場合、それと何か一品を合わせて「定食」として受け入れることができる。

「出汁巻定食」とか「焼き魚定食」をはじめとしておよそオカズになるものならほぼ全て定食になり得る。あ、だからといって「海苔の佃煮定食」とかないからね! その流れで「焼きそば定食」とか「お好み焼き定食」(私は絶対頼まないけど)が成立する。「うどん定食」とか「そば定食」が存在するようにね。

しかし、である。秋田では「焼きそば定食」は存在しないのだ。社員食堂で焼きそば(味噌汁、サラダ付き)があるんで注文し、ご飯をよそっていると食堂の小母さんが「本当はママ(ご飯)食うんなら50円だべ」とかいうんだよ。他の人がうどん・そば・ラーメンにご飯をよそっても何も言わないのにさ。

面白いことにナポリタンとかカルボナーラもメニューにあってやはり味噌汁、サラダ付きなのね。さすがにこれにご飯を合わせる剛の者はいない(と思う)けど、どうも秋田人にとって焼きそばはパスタと同じカテゴリーに属するらしく、これはある意味正しい(どちらも小麦のペースト)。認めたくないけど理屈としては通っている。

あ、余談が長すぎましたね(いつもだろ?)。言いたいのは男鹿船川の〈すいれん〉は関西風ソース焼きそば好きの人なら見逃しちゃいけない店だってこと。とても融通の利く女将だから、焼きそばやご飯の量とかお願いしたらきっちりやってくれると思う。もし船川に住んでたら通いつめてしまうかもしれない素敵な店だ。

* 初めて来店した際、地元の人だと思うが「オムそば定食、大で」と注文した。ちらっと見るとそれほど若者ではないし、店の人も「ウチは普通でも大きいんだけどね」とつぶやくのが聞こえてきた。その後、いかなるオムそば定食が出されたのか、私は知らない。

【付記】
⚫︎ 自分も含めて関西人の困った点は、関西流が世界で一番優れていると本気で思っている節がある、ということでしょうか。それはさておき、焼きそばの仕上がりはバラつきの幅が大きめ、と申し添えておきましょう。関西における焼きそばを完璧に再現しているわけでは「ない」のですが、この種の店が好きな方は「すべて含めて」受け入れると思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

地方は量

乙山さん、田舎のお店のメニューの量は、時としてとてつもない場合がありますね。
 私もソース焼きそばが大好きで若いころは2Kgあっても平らげたものです。セットを構成するときの各小鉢、御味噌汁はあまりこだわらず出された物を食べてます。焼きそばは1ヶ月に一度は食べたいメニューですね。
 やっとブログを再開しました。「トニーのゆっくり回覧版」tonys.cocolog-nifty.com/blog/ と改めました。また、よろしくお願いします。

Re: 地方は量;トニーさん

トニーさん、コメントありがとうございます。
ソース焼きそば、仰るように月に1〜2回は食べたいですね。
できれば「焼きそば定食」として食べたいのですが、
なぜか秋田では存在しないのが残念です。

ブログ再開、おめでとうございます。
待ってましたよ! とても楽しみです。
早速そちらにリンク張らせていただきますね。

No title

うちの近くの食堂は、焼きめしはソース味です。
かと思えば、もう一軒の焼きそばは、沖縄そばを使ったケチャップ味です。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、コメントありがとうございます。
沖縄は、それこそ文化の違いを体感できるのではないかと。
琉球、日本、アメリカと大きな流れに加えて、
各島ごとの違いもあるのではないかと想像します。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/11 (5)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)