FC2ブログ

麦とホップの黒を飲む

20181009165610fe0.jpeg
いつも飲んでいるわけではないが機会があれば買って飲むのがサッポロの「麦とホップ 黒」である。ハイネケンとかハートランドビールなんかが好みで、できれば銀河高原ビールを飲みたいのが本音だけど、低収入&高支出の生活である以上、無理をしてはいかんのである。自分で招いたとはいえ、運命だの人生には首を傾げざるを得ない。

されど首を傾げたところでどうにもならぬのが運命や人生なのである。発泡酒で妥協する前は最後のあがきでトップバリュの〈バーリアル〉というビールをよく飲んでいた。これはれっきとしたビールで、発泡酒ではない。男鹿温泉で会社の寮に住んでいた頃、裏技みたいな感じで「おうちでイオン」を使って箱買いしていたくらいだ。

クルマに乗るようになると、近隣(車で25〜30分)のスーパー市場で物色できるようになった。トップバリュ系の商品がないスーパー市場なので何か代替品にしないといけない時に見つけたのが「麦とホップ」だった。発泡酒には良いイメージがなかったが事前調査の結果、麦とホップが良いらしいという情報をつかんでいたわけです。

飲んでみると、あ、いけるじゃないの、みたいな感じだった。以前いつか、どこかで飲んだ発泡酒がまずかったせいか、むしろ美味しく感じたほどだった。それ以来、麦とホップを愛飲するようになったが、ドジャース男鹿店で麦とホップの黒が置いてあるのを見て、思わず手に取ってしまった。ちょっと期待したわけですね。

まさかギネスみたいなわけではないだろうけど、黒ビールには独特のコクがあるからね。飲んでみると、かなり良い感じだった。普通の発泡酒が物足りないと感じる人にはお勧めできる仕上がり。冷やして飲んでも良いんだけど、実はこれ、真冬に室温で飲むのがうってつけなんですよね。熱燗をやりたいくらいの時に、ぬるい黒発泡酒が良いんですよ。

まだそこまで寒くない季節、普通に冷やして飲みましょうか。缶だけでは寂しいのでダイソーでビアグラスを買ってきましたよ。ちびちび飲むってのが黒には似合いますね。ある程度まで飲んだなら、普通の麦とホップをこれに注ぎます。割って飲むと色合いが美しく、後になるほど淡くなる色の変化や味わいを楽しむのにふさわしい秋ですね。


【付記】
⚫︎ 普段は缶ごと飲んでいるんですが、ビアグラスで飲むと色を楽しめるのが良いですね。味もグラスで飲んだほうが美味しく感じ(?)ます。わかってはいるんですが、悪癖があるのでまた缶ごとに戻るような気がします。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私はずっと「麦とホップ」派で、基本的には金色を飲んでいました。季節によっては赤の缶を愛飲したり、ちょいと黒缶を飲んだりしましたが・・・

・・・最近はちょいと宗旨替えしまして・・・「本キリン」です。

今はこれが一番。下手なビールだったらこっちのほうがずっといけますからねえ~

Re: gatayanさん

gatayanさん、コメントありがとうございます。
なるほど、「本キリン」が一番なんですね。
江口洋介出演のCMでしたっけ?
確かに美味しそうな雰囲気ですよ。

私は今しばらく麦とホップを続けます。
赤と黒も楽しみですよ。

No title

バーリアル・・・親近感のある言葉。安いんだ、これ。
そして、銀河高原ビール・・・・・きめの細かいこのビール、しばらく飲んでいない。

貧しい男の喉越し感性、オーバーラップしてきます。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、コメントありがとうございます。
バーリアルは、今ではトップバリュの発泡酒のようですが、
ビールとしてのバーリアルも存在していました。

そちらにはオリオンビールがあるでしょうし、
チンタオビールもメジャーな感じがしますね。

No title

乙山先生、こんばんは。

ホワイトベルグというのも安くて良くできた発泡酒です。
本家?にあたるヒューガルデンも日本の酒税法で発泡酒にあたる訳で、
外形的にも「本物」といえますね。

早いもので、もう琥珀エビスが店頭に並ぶ季節ですね。
この時期に対抗?して出されるサントリーのIPAもなかなかの逸品で、
とりあえずカクヤスで半ケースほど確保致しました。

晩酌は普段専らウイスキーなのですが、秋の夜は陶器のビアマグに
濃いめのビール入れて傾けるのも、悪くないものでございます。






Re: 82gtkさん

82gtkさん、コメントありがとうございます。
そうですね、ホワイトベルクは見かけたことがあります。
ヒューガルテンもたいへん魅力がありますね。

ベルギービール自体がとても魅惑的なんですよね。
値段的に厳しいものがありますけど……
これからの時期は室温ビールが良いですね。

とりあえずの一杯は季節を問わずビール系の飲み物にしています。
その後、日本酒やウィスキーに移るわけですが、
喉が乾いてくることがありまして、そんな時、
正体不明のチューハイ系が良かったりします。

No title

乙山先生、

日本のメーカーには是非Duvelの味と濃度の発泡酒を、五分の一の価格で再現して頂きたいものでございます。

ところで口喝は脱水傾向でございませんか?盃の切れ目にチェーサー代わりにコップ半分の水を摂ることをお薦めしたく思います。

サッポロの9999とかまるで水のごとくで迎え酒でも美味しいのですけれどもね・・・


Re: 82gtkさん

82gtkさん、コメントありがとうございます。
仰るようにチェイサーをとらないといけないですね。
ウィスキーと日本酒だけでは、喉が渇いていけません。
とくに寒い時期、ウィスキーは濃くなりがちで、
日本酒は燗酒にしますものね。

デュベルは本当にいいですね!
ベルギービールのような感じの発泡酒は望ましいですね。
ビールに近づけるより、別の方向でも面白いと思います。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/11 (5)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)