FC2ブログ

新しいティーチャーズでハイボール

20180810145212e19.jpeg
暑い日々が続いている。秋田はまだマシなほうかもしれないが、それまで冷房なしでなんとかやり過ごせるレベルの暑さだったのに、急に30度を上回る気温になるから困るのである。こうなるとビールとか発泡酒の消費が多くなるのは必定である。単純に冷たい飲み物を体が欲している結果だろう。

だから夏の居酒屋で、とりあえずビールの後にチューハイを飲む人が多いのもわかる気がする。ビールが苦手でもチューハイならいける、という人も多いのではないかと想像する。好んでチューハイを飲むわけではないが、チューハイは料理と合わせてもそんなにひどいことにはならぬようになっていて、とても上手くできているカクテルだと言える。

カクテルは飲むにふさわしいタイミングや場所、状況というものがあって、食前にはこれ、食後にはあれ、といったようにわりときっちり区分のようなものがあるようだ。たとえばジン&トニックはオールタイム・カクテルとされ、食前でも食後でも構わず飲んで良いようであるが、チューハイはそれ以上のエニィタイム・カクテルのような気がする。

ん? なんの話だっけ。別にチューハイ擁護論を展開するつもりじゃなかったんだけど? 本当(?)はね、暑いからウィスキー&ソーダでも飲もうよって話なの。あんたに言われなくてもそうしてるよ、って声が聞こえてくるんだけど、まあ良いではないか。今回は脇本のマックスバリュで〈ティーチャーズ〉を見かけたので買ってみたんです。

ボトルのデザインが変わっていますね。だが相変わらず「HIGHLAND CREAM」を謳っている。そして以前のボトルにはない「HIGH IN PEATED MALT」などどある。取扱業者が変わったと思われるので裏ラベルを見るとサントリーが関係しているようだ。つまり自社の所有するアイラ島蒸溜所のべヴィ・ピーテッド原酒を回したのかな。

つべこべ言わずソーダ割りにします。8〜10オンスのタンブラーを用意しましょう。氷を入れ、ウィスキーを注ぐと軽くステアします。冷蔵庫で冷やしておいたソーダを静かに注ぎます。ウィスキーはソーダより比重が軽いので、あまり掻き回さずとも自然と混ざります。今回はノー・ステアで仕上げてみました。

写真撮影の後、飲んでみると、あ、なるほど。記憶の中にあるティーチャーズより、ピートが効いていますね。どちらかというとピートの効いているほうといえるティーチャーズですが、もはや〈ホワイトホース〉なみというか、それ以上かもしれません。さすがに舌や喉の刺激はきついですが、ストレートで飲んでも面白いですよ。


【付記】
⚫︎ トレンドとしてピーテッド・モルトを意識したのか、かつての味わいではありませんがソーダ・ハイボールには好適といえるでしょう。ですが〈角ハイボール〉のような華やかな甘さがないのが特徴です。奥深いスコッチの甘さを味わうなら、やはりストレートか、トゥワイス・アップまでの加水で楽しむのが良いでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1000円帯のスコッチで

こんにちは。
大なり小なりピートが効いた煙いのが好みなので、ホワイトホースやこのティーチャーズ、そしてエンシェント・クランは結構ローテーションして呑んでいますヨ~♪
でも、初めてのときの印象は、ややキックが強い気がしたのですが。

ジョニ赤もそうですが、煙さの中に甘味を感じる廉価帯のスコッチは、個人的に病みつきデス。
それと云うのも、過去に余市のニッカ蒸留所で余市ものをあれこれ経験したのが下地になっていると。

んじゃ!

Re: 1000円帯のスコッチで;つっちさん

つっちさん、コメントありがとうございます。
泥炭臭の効いた低価格スコッチとして、
ホワイトホース、ティーチャーズや、
エンシェント・クラン、そしてジョニー・ウォーカー赤ラベルは、
鉄壁ともいえるかもしれませんね。

毛色は違うかもしれませんが、
バランタイン・ファイネストのバランスの良さや、
フェイマス・グラウスのシェリー樽の香りも好きですね。
今更、という感じもしますが、捨てがたい魅力がそれぞれあって、
それが面白いんですよね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/11 (5)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)