FC2ブログ

朝採れトウモロコシを食う

20180711102604cfc.jpeg
道の駅おがの産直コーナーで見かけたトウモロコシを買わずにはいられなかった。何せ「朝採れ」と書いてあった。朝収穫したトウモロコシが並んでいるわけで、鮮度は抜群。鮮度といえば魚ばかりが注目されがちだが、野菜だって新鮮なものがうまいに決まっている。でも、なんでトウモロコシ?

いやね、料理番組で「夏野菜特集」みたいなのをやっていて、トウモロコシだのズッキーニ、トマトなどが取り上げられていた。見ていると、トウモロコシがめっちゃ美味しそうなのである。自分ではトウモロコシなんてまず買わないんだけど、調理法もじつに簡単で、皮付きのまま電子レンジに放り込んで加熱するだけでいいんだと。

じつに素敵じゃありませんか。500Wで7分くらいでいいらしいので、700Wだったら5分ってところだろう。トウモロコシの皮が、ちょうどラッピング・フィルムの役目をしてくれるようで、本当に何もしなくて良い。テレビでも料理の先生が「今ではこうするのが理にかなっている」と言っていた。

電子レンジで加熱を済ませると、しばらく置いて少し冷ます。横に3等分で切り、縦に4等分に切る、と。途中で外れたトウモロコシの実を食べてみると、あ、甘っ! これは糖度がめちゃくちゃ高いですね。メロンとかスイカより甘いんじゃなかろうか。でも、トウモロコシって、こんなに甘いものだったかなぁ?

もうね、このままかぶりつくだけで十分おいしいんですが、むかし屋台で食べたみたいにですね、醤油の香りとか焦げ目がほしいわけですよ。なのでフライパンに実を下にして並べ、中火にして酒と醤油を同量入れる。まあ、どちらも大さじ一杯くらいでいいでしょう。醤油と酒は、トウモロコシがあっという間に吸収*してしまいますね。

20180711102443e5b.jpegなので醤油と酒はほんの少しにしておきましょう。好みにもよるが、トウモロコシの糖度が非常に高いので、砂糖やみりんは不要です。表面に美味しそうな焦げ目がついたら出来上がり。皿にこんもり盛って、写真撮影といきましょう。食べるときは、もう手で持ってかぶりつくわけです。たぶん、それが一番いい方法でしょう。

なんて甘いんだろう。トウモロコシは飼料になることもあるそうだけど、エサとしては極上だよね。トウモロコシとジャガイモは、度々人類を救ってきたそうだが、何だかよくわかる気がする。むかし食べた屋台のトウモロコシとは少し違う気がするんだけど……ていうか、朝採れのトウモロコシがあまりにも甘くて、美味しかったんだよね。

*実際はトウモロコシの実がしょうゆを吸収するのではなくて、実と実の間の隙間にしょうゆ(水分)が入り込んでいる。つまり毛細管現象によって「吸収」されたかのように見えているだけである。

【付記】
⚫︎ 朝採れトウモロコシ、極上でした。甘過ぎて、糖分の取り過ぎが心配になったほどです。旬のものですから、トウモロコシを見かけたら、また食べてやろうかと思っています。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

甘い

乙山さん、ずっと拝読させてもらっていますよ。新しい展開になって期待しています。
先般私も、四国でお土産にトウモロコシをいただき、とてもおいしかったです。
「私の老後の考えと朝採れのトウモロコシほど甘いものはない」といったとこです。

Re: 甘い;トニーさん

トニーさん、コメントありがとうございます。
新しい展開といっても、中身は相変わらずのものです。
私の記憶の中のトウモロコシは、今回ほど甘くなかったのです。
屋台のトウモロコシでしたから。

昔は、たぶんトウモロコシなんて売ってなかった?
のかもしれません。思い違いかもしれませんが。
だから、屋台のトウモロコシが、味の基準になっていたのでしょう。

それからすると、もう驚きの甘さでした。

No title

先日某テレビ番組で朝採りとうもろこしが人気で行列ができていると報道されていました。
googleで「静岡 とうもろこし 行列」と調べればすぐに出てきます。

産地近くに住んでいれ、並ばずに採れたての野菜をいただけるのは、とても贅沢なことなんだなと思いました。
旬の物を、気負わずに自然体でいただく食生活が大事なんでしょうね。
これからもブログ楽しみにしています。

Re: かまくらさん

かまくらさん、コメントありがとうございます。
え、朝採れトウモロコシに行列が……
やはり屋台の焼きトウモロコシとは違うのでしょうね。

できれば産地から近いところで、
なるべく新鮮なものを食べたいものです。
魚のことで実感しましたが、野菜でもそうですよね。

便利さはありませんが、
産地の恵みはわりとあるのではないかと感じています。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/10 (7)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)