fc2ブログ

ニック・ドレイク 『ファイブ・リーヴス・レフト』 (1969)

Nick Drake / Five Leaves Left (1969)

nick_drake_1st.jpg
1. Time Has Told Me
2. River Man
3. Three Hours
4. Way to Blue
5. Day Is Done
6. Cello Song
7. Thoughts of Mary Jane
8. Man in a Shed
9. Fruit Tree
10. Saturday Sun




シンガー=ソングライターでアコースティックギターの名手といえば、ポール・サイモンをまず思い浮かべる方も多いかもしれないが、ニック・ドレイクのギターと歌もなかなか渋くていい味を出しているのではないかと思う。

ポール・サイモンに比べるとちょっと低めのバリトンよりのヴォイスで、つぶやくように歌う声。メロディーラインはわりと陰りのある進行が多く、サイモン&ガーファンクルの親しみやすさに比べるとかなり地味に聞こえるんだけど、どこか不思議な魅力がある。これがいわゆる「英国風」というものなのだろうか。

スピードに乗ったアルペジオに、ハンマリング・オンやプリング・オフを織り混ぜたギター。これにヴォーカルをのせたスタイルの音楽は「フォーク」と呼ばれており、ニック・ドレイクもそのジャンルに入っていることが一般的なようだけど、「フォーク」という言葉に伴うどこか懐かしいイメージはあまり感じることがなく、むしろあまり古びていないように聞こえる。

詳しいことは知らないが、ウィキペディアによるとニック・ドレイクはうつ病だったようで、三枚のアルバムを残して亡くなっている。三枚とも所有しているので聞き比べてみると、二枚目『Bryter Layter』(1970)はレコード会社とかプロデューサーの意向を受け入れたのか、女性バックコーラスやエレクトリック・ギターを取り入れ、ラテン系のリズムも持ち込んでやけに明るくなっている。三枚目の『Pink Moon』(1972)では「無駄なものは要らない」ということでギターとピアノだけをバックに淡々とニック・ドレイクが歌っている。

この『Five Leaves Left』はデヴュー・アルバムだけあって、そこにはまだ陽気さや楽しさの雰囲気があって、シタールみたいな音を出して(本当にシタールを使っているかもしれないが)遊んでいるニックがいる。楽しさとか陽気さがあるといっても、それを前面に出さないところが渋いのである。そのため、サイモン&ガーファンクルのように大ヒットすることもなかった。この渋さが、ニック・ドレイクらしさということなのだろう。


【付記】
● ニック・ドレイクのCDは現在(2009年)HMVでもAamazon.comでも入手することが可能です。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (1)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)