FC2ブログ

鶏ササミのカルパッチョ

20180712173908ba1.jpeg
広域限界集落に暮らして何が困るかというと、買い物ができないことが一番ではないかと思う。幸い、nicot(ニコット)という簡易ホームセンター&食料品を売る店があって、そこまで歩いていけるんだけど、アマノやマックスバリュに比べると食料品の品揃えが今ひとつ。

かといって、わざわざ後者まで車を走らせる気にならぬことが多く、妥協するしかない。気分的には刺身なのだが、nicotでそれは絶望的と言わざるを得ない。見ると、鶏のササミがあるではないか。なんだ、ササミか……というのが正直なところだが、ササミの湯引きは刺身に似ていないこともない。

ここで思い出したのが「カルパッチョ」だ。ウェブログでお付き合い頂いている方が、養殖魚でもカルパッチョにすると美味しい、と仰っていたのである。どこかで見かけて、食べたことはあるかもしれないが、よくわからない食べ物である。刺身のちょっと変わった食べ方、みたいなイメージだろうか。

ウェブで調べてみると、「イタリアの画家ヴィットーレ・カルパッチョが薄切りの生牛肉にパルミジャーノ・レッジャーノをかけたのを好んだ」のが始まりの一説だとか。そこから派生して、素材を生の魚とか野菜に変え、ソースも自由にかけた料理全般を「カルパッチョ」というようになったのだと想像する。

では作ってみますか。ササミは「筋なし」とあるので、すでに筋を除去したものだが、筋がある場合は除去した方が良い。別に除去しなくても食べて死にはしないから、面倒な人はそのままでもいいと思う。鍋に水を沸かし、さっと通してもいいし、沸騰した熱湯をかけてもいいだろう。要は表面の殺菌なのである。

湯通ししたら冷水にとって粗熱をとり、紙タオルで水気を取っておこう。あとは好みの薄さに削ぎ切りをして皿に並べる。ササミは柔らかいので厚めに切っても大丈夫。ソースは塩、レモン汁、醤油、ごま油、ワサビ(あれば柚子胡椒)を用意した。レモン汁に塩とワサビを入れ、先によく混ぜておく。初めに油を入れると混ざりにくい。

柚子胡椒はレモン汁と調味料を入れる段階で入れ、よく混ぜるが、使いすぎると面白くないのでお好みで。もちろんなくても構わない。最後にごま油を入れて撹拌するが、そんなにしっかり混ぜて乳化させる必要はない。そうしたい人はすれば良いのではないかと思う。それをササミにかけたら出来上がり。

そのままでもいいし、見映えを良くしたい場合は何か緑のもの、たとえば万能ネギの小口切りなどをかけるといいだろう。オリーヴ油を使った場合はパセリとかバジル、ミントなんかが似合いそうである。食べてみると、ほう、いいじゃないか! 食用油はササミが淡白なだけに使った方がいいと思う。またやろっと。


【付記】
⚫︎ 高血圧で高コレステロールなものですから、刺身とかササミの湯引きなどがふさわしい食べ物なのでしょう。えっ、まるで老人食じゃないかって? ええ、そうですとも。もう高齢者なのですから。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ササミをカルパッチョか・・・その手がありましたね。
一時ささみに興味を覚えて、醤油やみそに付け込んで焼いてみたり、マヨネーズで焼いてみたりとやってみたのですが・・・本当にたんぱくな味わいですからねえ~

カルパッチョならあのたんぱくさがかえって生きてきますよね・・・

Re: gatayanさん

gatayanさん、コメントありがとうございます。
ササミは安くて栄養豊富なので以前から食べていましたが、
ぽん酢かわさび醤油がせいぜいでした。

カルパッチョという方法、私はとても気に入りました。
ごま油とかオリーヴ油で、コクを補うことができるのが良いですね。
以前より、ササミを買う回数が増えた次第であります。

乙さんお帰りなさい!

乙さん、おはようございます。
もしかしたら乙さん、復活してたらいいなあ、と訪問したら
元気そうでなによりです。

ぼくもすっかり高齢者になり、それでもなんとか頑張ってます。
彼岸花さんもなんとか病いと闘い、戻ったところ。
みんななんとかです。笑

まあ、なによりです。暑い日はカルパッチョでも喰って、ステキな
音楽でも聴きましょう。楽しい記事、いつもありがとうです。
ではまた。

HOBOさん

Re: 乙さんお帰りなさい!;HOBOさん

HOBOさん、コメントありがとうございます。
いろんな経緯で「男鹿なまはげロックフェスティバル」に関わりました。
へぼでショボいバンドほど、音がデカくて閉口します。
でもって、音楽より言葉で盛り上げようとしますね。
拍手とか、立ち上がって踊るのを強要するのもウザいです。
で、帰ってきたら室内温度が40度近くになってしまって……
もうね、溶けてしまいそうです。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/10 (7)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)