fc2ブログ

潜水艦に咲いた恋の花

有川浩 『海の底』 メディアワークス(2005)

arikawa_seabottom.jpg
『阪急電車』(タイトルだけで手に取ってしまった)や『クジラの彼』(家族は「クジラの波」と声に出して読んでしまったが、その気持ちはわかる。私は「ひつまぶし」という文字を目にしたら「ひまつぶし」にしか見えなかった)から有川浩の本を読み始めた関係で、本書も海上自衛隊の恋愛話なのだろうと思っていた。

だが本書は、米軍横須賀基地に巨大甲殻類が大量発生して街を襲うという、恐慌話である。地元住民たちとの交流イベントで基地に来ていた子どもたちが逃げ場を失い、とりあえず海上自衛隊の潜水艦に自衛官二名とともに非難し、無事救助されるまでの数日間を描いたもの。

巨大甲殻類といっても、ザリガニを大きくしたようなものだとイメージしてもらいたい。ザリガニ釣りをして遊んだことのある方はご存知だと思うが、ちいさなザリガニでもハサミの力は相当なもので、挟まれたらかなり痛い。本書では1メートル超の巨大ザリガニが群れをなして人間を襲ってくるわけで、これはかなり衝撃的なイメージだ。

自衛隊や警察官の命令系統や階級、使用される銃火器類や飛行機、艦艇の名称など、よくもまあ細かく調べ上げたなあと感心してしまう。本物や実態は知らないだけに、リアリティがあるとか、ないとかわからないけれど、有川浩の書く自衛隊話は、本物の自衛官が読んでも思わず唸ってしまうようなレベルらしい。
作者は自称「軍事オタク」らしいけど、写真で見る限りは小柄なふつうの女性にしか見えないので、人は見た目によらないものだなあ、とつくづく思い知らされる。

地上では巨大ザリガニと警察、機動隊が激戦を繰り広げている一方、潜水艦の中では対照的な性格の若き自衛官二人と子どもたちの、サバイバルの様子が描かれていく。
子どもたちのリーダー的な存在の中学生男子は反抗的で、数名の子分(?)たちを引き連れ、隊員たちの言うことを聞かなかったり、手こずらせたりするのだが、閉じ込められた潜水艦の中で生活するうちに、だんだん人間関係が変わっていくその様子が、本書の読みどころではないかと思う。

そして、子どもたちの中には高校生の女の子もいて、その子が……
作者自身が言うように「ベタな恋愛」があるわけですが、有川浩の場合、ちゃんとバランスが取れていて、恥ずかしくなって途中で本を投げ出す、などというようなことは起こらない(と思う)。

そうか『クジラの波』は本書『海の底』の後日譚だったのか、と前者から有川浩を読み始めた私は納得してしまった。もちろん、どちらから読んでも大丈夫です。しっかり「有川浩の世界」を満喫できること間違いなし、といえるでしょう。


【付記】
本記事では 『海の底』 単行本の表紙を載せていますが、現在では角川文庫から文庫版が出ており、そちらのほうが入手しやすいでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)