FC2ブログ

謹賀新年(2018年)



【謹賀新年】



謹んで年頭のご祝辞申し上げます
旧年中はご訪問いただき
コメント賜りましたこと厚く御礼申し上げます

20180101122059c34.jpeg

さぁて、お堅いのはやめにして、っと。
一年ぶりに雑煮を作ってみました。
去年はそれどころではありませんでした。

これは関西風の雑煮ではなく、
こういうものが食べたい、というだけでして、
乙山風雑煮、とでもいうべきものだと思います。

大根と人参は下ゆでし、昆布出汁で煮ておきます。
鶏肉は酒、みりん、醤油、水を同量で煮ます。
餅はなぜか角切りを焼いたのが好きですね。
カマボコは笹かまぼこにしてみました。

これ、美味しいんですよね。
何しろ酒を飲むための雑煮ですから。
三つ葉は欠かせません。
そして柚子の皮は乾燥したものを使いました。
北国では、南国の物が高直なのです。

削り節はなにも鰹節である必要もなく、
サバ節だの色んなのが混じったものでもいけます。
それに塩、みりん、醤油で味を調えます。

20180101122058700.jpeg

今年の正月の酒は、
齋彌さんの山廃純米〈雪の茅舎〉にしました。
鶏肉とカマボコでやると、美味いですね。

今年もどうぞ宜しくお願いします。
じゃ、これから昼酒と不貞寝を決め込みますかね。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

雪の茅舎ですかあ・・・うまいだろうな。
年の初めにチビチビやるには・・・・

写真のお雑煮、美味しそうですねえ。私もお雑煮は澄まし汁が良くってねえ・・・
元日の朝は妻の家の流儀でハマグリに三つ葉、そしてゆず一切れ。御出汁はこぶの御出汁とハマグリから出た御出汁を足して塩。
2日の朝は私の国元の流儀で・・・鶏ガラの御出汁に大根とごぼう、素子て鮭といくら・・・

・・・まあ朝から呑まなくっちゃ・・・

Re: gatayanさん

gatayanさん、コメントありがとうございます。
奥様の御実家の流儀、何だかとても良いように思えます。
昆布出汁にはまぐりの出汁が出て、三つ葉と柚子。
シンプルさでは乙山雑煮より上ですね。

だけど鶏ガラの出汁にゴボウなど根菜と、
鮭がくる雑煮にも惹かれます。
話を伺うだけでお腹が鳴りそうですよ。

> ・・・まあ朝から呑まなくっちゃ・・・

そうですとも!
正月ですからね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメント(H)さんへ

なんで鍵コメ?
まいっか。今年も宜しくです。

個人的に喪中の為、普通のご挨拶となりますがm(_ _)m

澄んだお出汁に鶏肉のお雑煮、
美味しそうですね!
三つ葉、柚子もぬかりなく。
私のうちの方は、実に質素で
醤油ベースに小松菜だけなのです。
昔から…
たまには豪勢具沢山お雑煮も
いいものですよね。

お酒とお雑煮、最高のマッチでしたか?
私は頂いた白ワインと、お手製田作りがなかなか合うなーと愉しんでいました。

No title

新年おめでとうございます。^^

お~。乙山さん特製のお雑煮。
いつもほんとうに美味しそうで、しかも綺麗に出来てますね。
下ごしらえもきちんとなさって、だからこんなに澄んだお雑煮になるのですね。
私は、大雑把で、牛蒡、人参、大根、鶏肉、いっしょくたに煮てしまいます。
だからこんな綺麗な出来映えにならない!><
うちもこんがり焼いた角餅。三つ葉、柚子の皮は欠かせないですね。

『雪の茅舎』。美味しいんだろうな。
私は、ビールをほんの少し。^^
煙臭いウイスキーをストレートでくいっ♪とやっていた彼岸花さんは、どこへ?(爆)

昨年中も、変わらぬ友情をありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます♪



Re: 杏仁猫さん

杏仁猫さん、コメントありがとうございます。

> 私のうちの方は、実に質素で
> 醤油ベースに小松菜だけなのです。

私の雑煮は、お酒を飲むために作っていますので、
カマボコと鶏肉を入れていますけど、
焼いた角餅と、出汁だけの雑煮にも惹かれるものがあります。
一度やってみようかな、とも思いますよ。

日本酒と乙山雑煮の相性はたいへん良好です!
鶏肉とカマボコでお酒をちびちびやって、
出汁で焼き餅を食べるわけです。

焼き餅は見えませんが、二個入れています。
煮餅も良いものですが、汁が濁るのでやりません。
雑煮しか食べませんので、お代わりをします。

餅が大好きなので、四個くらいなんでもありませんよ。
てな感じで、明日も昼は雑煮かな。
お手製田作り、美味しそうですね。
今年も宜しくお願いします。

Re: 彼岸花さん

彼岸花さん、明けましておめでとうございます。
雑煮ができるということは、それだけ余裕もできたのかもしれません。
去年は、本当、それどころではありませんでしたからね。

乙山雑煮は、私が食べたい雑煮ということでして、
好き放題やっていますけど、
雑煮本来からすると、少し邪道かもしれませんね。

雑煮、という言葉の響きからすると、
色んな物を煮込むのが正しいような気がしますね。
関西では丸餅を信州味噌と白味噌を混ぜたもので煮込むのがありますが、
それはそれで、たいへん美味しいものですよね。

鶏肉を煮たものを入れていますが、
これはなくてもいいかも、と思うようになりました。
笹かまぼこにしたのは正解だったようで、
とても美味しく飲み食いできたように思います。
お正月用のタイ入りカマボコとか、ちょっと敬遠してしまいます。

> 煙臭いウイスキーをストレートでくいっ♪とやっていた彼岸花さんは、どこへ?(爆)

そうですよ!
ラフロイグをちびりとやる彼岸花さんが素敵です。
今年もどうぞ宜しくお願いします。

謹賀新年

遅くなりましたが、新年おめでとうございます。

年初から美しい雑煮を拝見し、眼福この上ないことです。

呑むための雑煮・・・

さすがは、さすがは!

今年も正しい酒の道をご教示いただけますよう、

よろしくお願い致します。

Re: 謹賀新年;南亭さん

南亭さん、明けましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。
なあに、まだ松の内(?)ですかね?

年明けの木、金曜日を有給にして、
連休んなさっている方もいらっしゃると想像します。
1月4日から仕事始めですが、めげたりしません。

こんな独りよがりの雑煮をお褒め頂き、恐縮です。
まあ、でも、出汁が濁っていようと、何が有ろうが無かろうが、
これが「我が家の雑煮」であればいいのではないか、と。

それはたぶん、他には譲れない心のフルサトなのだと思うのです。
今年もどうぞ宜しくお願いします。

あけましておめでとうございます

いやぁ~。とても美味しそうなお雑煮ですねぇ。
おつゆの透明度がこまやかな調理を彷彿とさせます。

私の実家のお雑煮は鶏肉に菜っ葉が少々の醤油仕立てで、おつゆで一杯やる感じなのですが、かみさんの実家は新潟風で割りと薄味で野菜がこれでもかと入っているタイプで、お腹一杯になってしまう呑み助泣かせの雑煮です。
いずれにしても、三つ葉と柚子は必需品ですね。

昨年は、乙山先生ご紹介の北国の銘酒を近所のスーパーで見つけて、何種類か楽しみました。
歳をとって新しいもの(酒)に挑戦しなくなっていたので、いろいろ紹介していただき助かっております。
今年もよろしくお願い致します。

Re: あけましておめでとうございます;もくもくさん

もくもくさん、明けましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。

実は、味噌仕立ての像にも大好きなのですが、
自分でやると、どうしても透明度の高いおつゆになってしまいます。
私は雑煮以外食べませんので、これがお昼ご飯がわりです。

なので、まず「酒が飲める」ことが第一条件で、
次に「ある程度腹持ちが良い」ことが必要です。
カマボコと鶏肉入りの雑煮なら、これらの条件を満たすことができます。

本当は日本酒、もっと飲んでいるのですが、
テイスティング・ノートだけ書いて放置しているものもあります。
参考になるかわかりませんが、酒の記事は続けて行くつもりです。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

No title

ご挨拶がすっかり遅れてしまいましたが、新年あけましておめでとうございます。
昨年は当ブログに訪問頂きありがとうございました。
今年ものんびりペースの更新となりますが、宜しくお願い致します。
厳しい寒さが続きますので、体調に留意しながらお過ごし下さい。

Re: 俊樹さん

俊樹さん、明けましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。

せっかくお声をかけていただいているのに、
コメント差し上げられず申し訳なく思います。

のんびりペースはこちらも同様、
私はいつまでできるかな、みたいな感じです。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/08 (4)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)