FC2ブログ

燗酒用の徳利を買う

20171126101158250.jpeg
11月下旬にもなると秋田では寒さが尋常ではなく、すっかり冬である。忘れもしない、11月19日(2017年)に初雪が降り、翌朝は氷点下まで冷え込み、道路に多く雪が残った状態。それを一人で運転して秋田市内の某食品工場まで行かないといけないのである。下手したらホントにヤバいぞ、と腹をくくって運転した。

ラジオで「早めに冬タイヤへの交換を」などと呼びかけている時期に、思いもよらぬ初雪が襲ったわけで、早速歩道に突っ込んでいる車を2台も見てしまった。私もつい、トンネル内で60km/h出してしまい、そのままトンネルを抜けた瞬間、タイヤが横滑りを起こし、冷や汗をかいた。

いやはや、ぐったり疲れきって部屋に戻ってくると室内はかなり冷たく、空調をかけてもしばらくは上着を着たままでないと耐えられない。こんな時、やはり燗酒をやりたくなるものである。だが部屋には燗酒の道具など一切ない。仕方がないので、電気鍋に水を張り、マグカップを入れて煮る(?)ようにする。

マグカップは熱伝導率が著しく低いので、あらかじめ温めておく必要がある。マグカップがしっかり温まったところに酒一合を注ぎ、電気鍋をオフにして、湯煎で燗をする。時間は短ければ短いほど良い。できれば3分間以内で決めてしまいたいところだ。タイマーで測るのがベストだが、せっかくのマグカップではないか。

指をね、こうして突っ込んでですね、直に酒の温度を体感できるのがマグカップ式燗酒の最大の利点(?)であろう。大切なのは理屈ではない、直感なのだ、と目的を果たし燗酒にありつくことができた。でもねえ、自分でも思うんだけど、これって風情なさすぎ。 目的さえ果たせばやり方はどうでもいいのかよ?

本来男というものは何かをやろうとする時、カタチから入るものである。燗酒だったら「タンポ」とか「ちろり」はやっぱ銅だよね、いや錫でないと話にならない、とか、徳利と猪口は備前焼にしようかな、とかさ。そうして細部にまでこだわり抜き、己の美意識を……あ、うっざ!

違うちがう、本当はそういうふうにしたいんだ、でも出来ないから斜に構えてるだけなんだ。せめて燗酒用の徳利だけでもなんとかしようじゃないの。というわけで100円均一店(なんでそうなる?)で徳利を物色したけど、なんかイメージが違うのである。背が高めで、すっと立ったようなのしかない。

こういう細長い酒器を使うとどうなるか、予想できすぎて怖くなるよ。どうせこの男、酔っ払って徳利をぶっ倒し、キーボードにぶちまけるに決まってるんだ。「寝落ちした酔っ払い&倒れた徳利」ってクリシェ(常套表現)でしょ? もっとこう、ぼてっとしたやつが欲しい。細長い徳利では、電気鍋で燗をするには具合が悪いのだ。

他日、姉のナビで潟上のイオンまで行き、冬靴やら物色してやっぱイオンってすごいよね(いつからそうなった?)とか言った帰り際、燗酒用の徳利を思い出した。おっ、すぐにありましたよ、ぼてっとしたやつが。うん、こういうのが欲しかったんだ、というわけで即お買い上げとなった。

燗酒用徳利を買ったなら、お酒も買わないとね。潟上のイオンから五城目町まで行って、ダイサンというスーパー(?)で酒売り場を見ると〈福禄寿〉の本醸造が置いてあるので即買い。ここ、すぐご近所に福禄寿の蔵元があるからね。燗酒するなら、普通酒とか本醸造クラスがぴったりのような気がする。


【付記】
⚫︎ 関西だと「人肌燗」がいいのかもしれませんが、秋田だと「ぬる燗」または「上燗」がぴったりくるように思います。もちろん、たとえば北海道流にしっかり暖房を効かせた部屋で人肌燗を楽しむのもいいでしょうが、寒いですから。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私は熱燗

こんばんは。
乙山さんは、常に純米酒の冷や、または常温を飲まれていると思っていましたので、今回の記述は意外でした。
私は夏でも日本酒は燗で飲みます。ウヰスキーもお湯割りです。要するに胃腸年齢が。80歳いやいや90歳オーバーなんだろうと思います。したがって、高価そうな純米酒を頂いても、あまり嬉しくないのですね。そういう訳で、私は普通酒を常飲しています。
これからも乙山さんのお酒を話題を楽しみにしています。

本来オトコとは形から入るもの、自分に当てはまりすぎて、電車の中で吹きそうになりました笑。燗酒、私も大好きで、この時期は毎晩のように燗酒で晩酌です。
私の場合、少々変わった呑み方をしまして、安いパック酒に田酒のような良いところの酒粕を少々溶かし込み、高級?濁り酒にしてから燗酒にします。味がとても濃厚になって美味しいんです。ただ最後の方になると米粒が沈殿して、どろっとして少々くどいですが。。

Re: 私は熱燗;オッカイポさん

オッカイポさん、コメントありがとうございます。
仰るように、冷酒か常温で飲むことが非常に多いのですが、
今年はなんだか燗酒を飲んでみたくなりました。

秋田の酒は甘口寄りになっていますが、
燗をすると、甘さが抜けていい具合になることもあって、
ぜひ試してみたいものだと思っていました。

空調を23度くらいに設定し、こたつに入りながら、
燗酒を飲むと、しみじみとした幸せを感じます。
燗酒って、つい飲み過ぎてしまうような気が……

Re: tomoさん

tomoさん、コメントありがとうございます。

> 安いパック酒に田酒のような良いところの酒粕を少々溶かし込み、高級?濁り酒にしてから燗酒にします。

いや、もう達人通人の域に入ってらっしゃるのでは?
私も紙パック酒に「濁り酒」を混ぜて飲んだことがありますが、
確かにかなりいける味わいになるんですよね!

でも秋田では一升瓶=1500円前後で、
燗にすると良い良い普通酒/本醸造があって、
この感じは、関西では絶対にありえないものです。

燗酒をするようになって、ますます普通酒/本醸造が素敵に思えてきました。
なんか、得した感じがするんですよね。
うむ、燗酒、良いぞ!

No title

福禄寿の蔵元が近くにあるのはうらやましいです。
一白水成は普通の酒屋で買えないですが秋田のすし屋さんなどで美味しく提供されていますし、十五代彦兵衛はお手軽に買えて美味しい、普通酒/本醸造は安くて常飲用に愛されていて、それぞれ良いお酒ですね。
もっと有名になって欲しいような、でも地元で買えなくなると困るからこのままでいて欲しいような、そんな蔵元さんですよね。

Re: かまくらさん

かまくらさん、コメントありがとうございます。
福禄寿、良いですよね。
仰るように〈十五代彦兵衛〉の純米は申し分ありませんし、
普通酒や本醸造も、値段を考えると「それでいいの?」となります。

福禄寿がある五城目町という所も雰囲気が良く、
500年以上の歴史がある「朝市」があるそうで、
大衆食堂も集まっているのです。

かまくらさんの思い、よくわかります。
有名になってほしいけど、今のままでいてほしい。
秋田にはそんな蔵元がたくさんあるような気がします。

No title

私は11月19日に冬用タイヤの替えました。
大和の盆地はそれほどでもないんですが、勤務地が勤務地ですから・・・しかたがない。

燗酒は・・・ここ数年私もするようになりました。数年前、天理という町のある飲み屋さんで燗酒のうまさを教えていただいたんです・・・ぬる燗ですけどね。
ある程度沸かしたお鍋の火を止めて・・・そこにちゃぽんとつけて・・・ほんの数分。人肌よりやや暖かいぐらい。

そしてさっと引き上げて・・・タオルで水気をとってさあおしまい・・・てな感じです。

こんにちは。

雪国はやはりたいへんですね。
わたしも北陸の雪国育ちですから、
豪雪の苦労はイヤというほど味わいました。
運転と雪道の歩き方には、十分気をつけてくださいますよう。

茶道に茶器の目利きが求められるように、
酒の道にも酒器は疎かに出来ないものと思っています。
独酌の時間は大げさに言えば「入神」の時間でもあります。
酒はもとより徳利、猪口、肴の小鉢に至るまで、
満足できる器を揃えるのが極道と言えるでしょう。

といいつつ、私は形から入ったことはなく、
出張先の土地土地で見つけた酒器が貯まった結果、
器への拘りが生まれてきたというように、
何事につけてもダサい人生だった気がします。

乙山さんの過去記事を拝見するたび、
怖い方だな~なんてびびっておりました(・・”

勘酒用徳利のほっこりした型、それだけでも暖かそうです。


Re: gatayanさん

gatayanさん、コメントありがとうございます。
確かに奈良盆地内なら冬タイヤの必要はないでしょうが、
山の近くなら話は別だと思います。

天理の町は面白いですよね。
天理駅から総本山を結ぶとても長い商店街があって、
けっこう賑やかな商店街だったように思います。

そして商店街を抜けて脇道に入ると、
そこにもまた商店がいくつもあって、
その片隅に、良い店があったりするんですよね。

Re: こんにちは。;南亭さん

南亭さん、コメントありがとうございます。
今年はとうとう、小型スコップとか車用の除雪道具を買いました。
まだ使っていませんが、すぐ使うことになるでしょう。

実は工芸品が大好きなのです。
備前焼が好きなのですが、
佐渡の無名異焼も気に入っています。

非常に硬い焼き物ができ、薄手の器に向いています。
ぐい呑を使ったことがありますが、
唇に触れると官能的なものさえ感じます。

仰るように、酒器や食器に至るまで、
自分の気に入ったものを揃えるのが理想ですし、
そうしたいとも思っているのです。

道楽をするために生きているのですもの、
道楽を極める道を邁進するのが自分の、本来の姿かもしれません。
ですが今は、我慢、臥薪嘗胆ですよ。

> 乙山さんの過去記事を拝見するたび、
> 怖い方だな~なんてびびっておりました(・・”

えっ? そんなそんな!
この男、「ひょっとこ」とか「すっとこどっこい」あるいは
「あんぽんたん」ということがピッタリくるのです、よろしくお願いします。

No title

無粋な男でスマン!
ワシは電子レンジやん。
早くていいや。で、コップ酒。

もう少し、心がけて、粋にならねばなりませんな。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、コメントありがとうございます。
早く燗酒ができる点で、電子レンジは有利です。
加熱しすぎに注意し、途中で撹拌してやれば、
とても上質の燗酒ができると思います。

日本酒は情緒(いかなる情緒かはここでは不問)が伴っていれば、
より一層美味しくなるような気になる不思議な酒ですね。
寒い夜が続いておりますので、今夜も燗酒です。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2018/08 (4)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)