fc2ブログ

あわび茸と三つ葉、カマボコの和え物

20171010180007102.jpg
某休日、いつものようにドジャース男鹿店で昼と夜の食料を調達していた。昼は近場でサクッと済ませるのが常になっていたのだが、今日は野暮用があって午前中から男鹿警察署に立ち寄った帰りである。ドジャース男鹿店でいい魚が手に入らなくても、たかはし鮮魚店で買えばいいから気持ちが楽である。

刺身はたかはし鮮魚店で買うとして、もう一品、何か変わったものを食いたい。カット野菜のテキトーサラダとか、厚揚げ豆腐は晩酌に回すとして、何かないだろうか。あまりピンと来ないのは仕方がないが、三つ葉が目に入った。そうだ三つ葉の香りって良いよねえ、中原中也だって三つ葉のお浸しでご飯を食べていたではないか。

だが三つ葉だけでは話にならない。それと合わせるものとしてカマボコなんてどうだろう。というわけでカマボコ売り場に行ってみたけど、えっ、というくらい種類が少ないのである。ちくわにしてもカマボコにしても実に少ない品数で、どうしてこうなのかさっぱりわけがわからない。やはりこれも文化の違いってことだろうか。

関西ではかねてつデリカフーズや別寅かまぼこのような大メーカーから、個人商店のカマボコ屋さんとか、魚の練り物のてんぷら屋さんまで無数に存在していて、練りもの関係は多すぎて選ぶのに苦労するほどである。ところが、秋田(というか男鹿)ではカマボコ屋さんを見たことがないのに気がついた。

おそらく魚が豊富だから、わざわざカマボコや練り物にする必要がないのかもしれない。京都や大阪ではカマボコ屋とかてんぷら屋が市場や商店街に欠かせないものになっているけど、こちらは商店街や市場がそもそも「ない」のである。それで不便に思わないけれど、商店街とか立ち飲み屋が大好きな者からすると少し寂しい気がする。

というわけで三つ葉に合わせるものとして「笹かまぼこ」を選んだ。笹かまぼこは秋田ではなく、仙台の名産品だと思うがあまり気にしない。たぶん仙台で作られたものですらないと思うが構わない。カマボコ売り場に並んでいるものの中で一番美味しそうに思えたから選んだだけで、普通のカマボコでも問題ないと思う。

三つ葉とカマボコだけでもアテはできそうだが、もう一つ、合わせるものが欲しい。三つ葉とカマボコが主役だとして、それらを陰から支え、分量はあるけれど主張の少ない野菜を選ぶとすれば、キノコ類がいいんじゃない? エノキかシメジあたりがピッタリくるはずなんだけど、その時ふと「あわび茸」なるものが目にとまった。

はてね、あわび茸ですと。聞いたことないねえ。しかも「白神」と銘打ってある。よくわかんないけど、あの世界遺産の白神山地と何か関係があるのかな? 手にとって見ると、エリンギの傘を大きくして、軸の部分を短くしたような形だ。でもって、キノコ1個で120円だという。いや、なかなかのもんじゃないの。

これらで何か和え物を作ることにしよう。いや別にね、あわび茸をゆでて、カマボコの細切り、三つ葉は適当に切ったものを合わせて、ミツカン味ぽんをドバッとかければ普通においしいと思うんだよね。でもそれではあまりにも芸がなさすぎって感じがして、ウェブログの記事にできないじゃん? えっ、どうでもいいって?

電気鍋に水を入れ、最大火力でスイッチを入れると、沸騰するまでの時間であわび茸を手で細かく分ける。笹かまぼこは細切りにしておく。沸騰したらあわび茸を入れ2分ほどゆで、取り出したところに三つ葉を入れ、30秒ほど湯がく。生でもいけると思うけど、香りが立ちすぎるのは面白くないのでアク抜きのつもりで。

20171010180009508.jpgあわび茸と三つ葉をよく絞って水気を切っておく。ボウルに材料を全て入れたら、カツオと昆布の粉末だしの素を合わせたものをぱらっと入れる。そこにすし酢と醤油を入れるが、どちらもほんの少しでいいと思う。笹かまぼこにはすでに味がついているので、混ぜ合わせた時、底に汁気があるようならば「入れすぎ」だと思えば良い。

何ですし酢を使うのか? はっきりした目的とかコンセプトがあるわけではなくて、たんにふつうの酢とすし酢を買い間違えてしまっただけなのである。言い訳はできないけれど、イメージとしては三杯酢に合わせる感じで仕上げていきたいわけ。だから粉末だしの素と醤油を使った。

さて料理(と言えるのか?)ができましたよ。食べてみると、あわび茸の噛み応えがじつによい。コリっとまではいかないが、エリンギを超えている。薄めの味付けもカマボコがうまくサポートしてくれ、三つ葉の香りがまことに嬉しい。レベルを上げるとするなら、柚子の皮の細切りを少し乗せるとそれっぽくなるだろう。


【付記】
⚫︎ あえて名前を付けると「あわび茸と三つ葉、カマボコの和え物」でしょうか。あわび茸は二つ割りにしたものをバターで焼くのがベストかもしれませんが、本品のように細く裂いてゆでてもその歯応えは失われていないと言えるでしょう。あわび茸の香りは三つ葉に負けていますので評価できません。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

>おそらく魚が豊富だから、わざわざカマボコや練り物にする必要がない

というよりはやはり県民の嗜好ではないのでしょうか。宮城では同じように新鮮な魚類は多かったですが、結構練り物が多かったですよ。笹かまぼこだけじゃあなくって、さつま揚げの類も結構ありましたしね。

撮れる魚の種類もあるんではないでしょうか・・・

>笹かまぼこは秋田ではなく、仙台の名産品だと思う

仙台というよりは宮城の・・・でしょうね。ですから石巻や塩釜の笹かまも有名ですし(この二つの町は有数の漁業基地)、味だって私の経験から言えば、石巻や塩釜の笹かまぼこの方が絶対に美味しいですしね・・・

No title

相変わらず器用というか、こなしてしまうセンスがうらやましい。

Re: gatayanさん

gatayanさん、コメントありがとうございます。
仰るように「魚が豊富だから練り物が少ない」では、
漁港が近い「笹かまぼこ」や「じゃこ天」は説明できませんよね。
やはり「県民の嗜好」が正解なのかな、と。

調べてみると、本記事の笹かまぼこは新潟産でした。
どうやら「笹かまぼこ」は登録商標ではないのかもしれませんね。
気を付けないと、某国が勝手に登録してしまうかも。

Re: 北摂在住の暇人さん

北摂在住の暇人さん、コメントありがとうございます。
三つ葉の香り、やはり良いものです。
食べていて、うっとりしますよね。
今度はセリに挑戦です。

三つ葉や芹もいいけれど

三つ葉や芹もいいですが、春になったらもっと野趣があり香り高いシドケ(もみじがさ)やボンナ(よぶすまそう)に美味しい日本酒をあわせた日にはあなた…

Re: 三つ葉や芹もいいけれど;GolfNamazuさん

GolfNamazuさん、コメントありがとうございます。
仰っているのは山菜、野草のことと想像します。
山菜、野草を摘み、魚を釣って生活するのを夢想します。
密かな目標、憧れでもあります。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (5)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)