酒乃国純米酒〈高清水〉

Junmai_Takashimizu
秋田に来て最初に飲んだ酒は〈高清水〉である。正確に言えば男鹿温泉郷で唯一の酒店で買った紙パック入り普通酒〈高清水〉だ。自分の感覚では紙パック酒は味わって飲むものではなくて、料理酒として買い求めるものだった。唯一紙パックで飲めたのは〈香住鶴 田島の自信/誇り〉ではないかと思う。

あまり期待していなかったけれど、紙パック〈高清水〉は香住鶴のように「飲める」もので、最悪の場合でも(?)安心して買い求められる酒だ。ウィスキーで喩えると、ブラックニッカ・クリアブレンドとかハイニッカのように、最低限度の品質を保っていると言える。秋田に来た頃、本当によく飲んだものである。

〈北秋田 にごり酒〉を知ってからは、やはり日本酒本来の旨味が圧倒的に違うことを改めて感じ、紙パック酒を飲むことは少なくなっていった。クルマが手に入ると紙パック酒に戻ることはできなくなってしまった。でも紙パックで高清水を語るわけにはいかないので、純米酒〈高清水〉をいとくで買って来ましたよ。

冷蔵庫(共用)で冷やして味わう。酒杯から立ち上る香りはごく微弱。口に含むと米の旨味と控えめな甘みを感じ、これも控えめな酸味が後から来る。酒全体としては良くできている(同社の普通酒紙パックと比べて)と感じる一方で、際立った何かが見つけにくいので、つかみ所がない。

重い/軽いのどちらかといえば、軽いほう。推定日本酒度は+2前後と思われるが、瓶の裏ラベルに「日本酒度 +1」そして「酸度 1.7」とある。辛口と言われる灘の酒に比べるとかなり甘口だが、酸味があるゆえ引き締まっており、さほど甘いとは感じない。 飲むほどに甘さが控えめになり、酸度が立って来るから飲み続けることができる。

だけどこれ、ちょっとしたアテで単独に味わうというより、食中酒のほうが合っているような気がする。では、ということで、休日の昼にやってみた。例によってドジャース男鹿店で購入したカット野菜のテキトーサラダ、吉元豆腐店の厚揚げを電気鍋で焼いたもの、たかはし鮮魚店のヒラメのサクを引いた刺身に合わせてみる。

元々主張の少ない高清水だが、料理と合わせるとその傾向がさらに強くなって「なりを潜める」といってもいいような感じになる。そして酒よりも料理の味がよくわかるように思えた。まさに「料理と合わせるための酒」と言える。その名の通り、清水の如く料理に寄り添う、だろうか。料理に合わせる酒として一押し(?)にしたいところか。

高清水を出しているのは秋田市内の秋田酒類製造株式会社。同社の公式HPによると、「24酒造業者で始めるが、12酒造業者が残り現在に至る」とある。年表を見ると、男鹿市に4つの酒蔵があったことがわかる。現在男鹿市に酒蔵は確認できないが、高清水にはかつて存在した男鹿の4つの酒蔵が関わっている、という話の種にはなるだろう。


【付記】
⚫︎ 高清水しか飲まない、というコアな(?)ファンが少なからず存在するようです。私の義母(姉の嫁ぎ先の姑さん)もそういう人で、高清水を飲むのを楽しみにしているようです。水の如し、という酒(上善水如)もあるのでややこしいのですが、高清水はまさに、名が体を表す、というのにふさわしい酒だと思いました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

高清水ときましたか・・・
さすがに関西では紙パックは売っていないのでまだですが、瓶のものだったら何度か飲んだことがあります。まあ、一番下のランクのものでしたが、なかなかいいですね。

東北はどの県でも美味しいお酒がありますが、それぞれの県によって大まかな個性の違いがあるように思います。このあたりをお楽しみになっては・・・

No title

おひさしぶりです。

バーアンドレストランの開業を目指してますよ(笑)
なんと無謀な賭けなのか!回りから総反対を受けてます。

さて、厚揚げで思い出したのですが、
油揚げにケチャップをかけて、上からとろけるチーズ、
スライストマト、バジルかパセリをのせ、これを
オーブントースターで焼くと、ピザ生地なしで
ピザ風のつまみができます。お試し下さい。

Re: gatayanさん

gatayanさん、コメントありがとうございます。
おお、関西で高清水飲めましたか!
たまに、秋田の酒をおいている店もあるんですね。

高清水は歴史のある蔵元というより合弁会社のようです。
銘が秀逸ですよね。本当にいい名前だと思います。

東北の酒、大好きですよ。
宮城は間違いないし、山形もこれまた良い酒があるんです。
岩手や青森の酒をあまり知りませんので楽しみにしています。

Re: おめでとうございます;しょうちゃんさん

しょうちゃんさん、コメントありがとうございます。
えっ、ご自分で店を!
いいなあ。やはりうらやましいですね。

しょうちゃんさんは私と違って計画性もあるでしょうから、
きっとうまくいくと思います。
陰ながら応援しています。

厚揚げの食べ方、いいセンスだと思います。
そういう発想、私にはありませんものね。
料理も得意そうですし、バッチリですよ!
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/11 (6)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)