男鹿半島と周辺を歩く(10)道の駅ことおか(三種町)

20170802220412bdf.jpg
某休日、姉と「明日は石釜ピザを食べに行こう」と決めていたので脇本のマックスバリュで集合、その後森岳(三種町)へ向かった。大潟村の農道を走り抜け、森岳へ。寂れ具合では男鹿温泉郷以上とも言われる森岳温泉郷があるらしい。男鹿温泉郷でも廃墟となった元温泉旅館があったりするのだが、怖いもの見たさを唆られてしまう。

店は〈ピエーノ・ディ・ソーレ〉といって石釜でピザを焼いて食べさせるそうだ。ピザが嫌いなわけでは決してないのだが、自分から進んでピザを食うのは想像できない。だからこれは良い機会なのだと思ってクルマを走らせ、店の前まで来ると定休日だった。ふつうは事前に調べて行動するものだが、うっかり者が揃うとこういうことになる。

というわけで国道7号線沿いの〈道の駅ことおか〉で昼ごはんを食べることになった。道の駅ことおかに隣接するレストランの名物が超大型エビフライだというのだ。店内は食堂といったほうがしっくりくる。メニューは定食ものの他に丼物、麺類と色々あるが、今日は名物を食べるために来た、という思い込みがあるためエビフライ定食にした。

姉は冷やし中華を頼んだ。先に冷やし中華が運ばれて来たが、見るとトッピングの具材が皿に別盛りになっており、麺の上には何も乗っていないという変わったスタイル。なんか意味があるのかな、とか言いながら具材を箸でつまんで麺の上に乗せるんだけど、たぶん意味はあまり(というか全く)ないと思う。

20170802220414f11.jpgさて料理が来ましたよ。あっ……で、でかっ! なんという大きさ、写真から伝わるかなあ。姉のiPhoneを隣に置いて撮影したのだがエビフライの大きさ、わかっていただけるだろうか。衣は薄めだが、いかにも手作りした感じがして、噛むとクリスプ感が好ましい。油っぽさがほとんどなく、エビも本当に大きなものを使っている。

残念に思うのは、海老の巨大さに対してレモンのカットが1/8以下になっていること。これくらいエビが大きかったら、1/8カットを2個付けるくらいで丁度良いんじゃなかろうか。もう一つは、タルタルソースの品質と分量かな。タルタルソースはたっぷりつけて食べないとつまんないよね。足りなかったのがなんとも残念。

タルタルソース、できれば手作りだったらなあ。玉ねぎ、ピックルス、パセリのみじん切りに固ゆで卵の小ダイスカットを入れ、マヨネーズとレモン汁、塩、胡椒で味を調える。もしタルタルソースが手作りで分量たっぷり、レモンもけちっていなかったら、きっとノックアウトされていたかもしれない。

エビフライ一本にとんかつを合わせた定食もあるようだから、次回があるならそれにしたい。エビの大きさは半分でいいから、そこに帆立と白身魚(タラかスズキ)の海鮮ミックスフライ定食を食べたいな。そしてたっぷりのタルタルソースがあったら、幸せな気分になるにちがいない。でも鶏のから揚げにはタルタルソースをかける気にならないのが不思議である。


【付記】
⚫︎ エビフライ定食は1400円くらいで、エビの大きさを考えると値段に不満はありません。残念なのはタルタルソースの少なさでしょうか。本当にいい線いっているのに、惜しいなあって感じがしました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>具材が皿に別盛りになっており・・・

仙台に冷やし中華発祥の店と言われているお店(ちょいと高級かな?)があるんですが
http://ryu-tei.jp/menu.html

そこの冷やし中華が、同じ様式なんですよね。なんか、かんけいがあるんかな?

ちなみに、郷里宮城にいたころ私が行くようなお店の冷やし中華は、ご存知のものと変わりはありませんでした。

Re: gatayanさん

gatayanさん、コメントありがとうございます。
ああ、本当ですね、仙台〈龍亭〉のHPで確認しました。
たぶん関係はないと思いますが、料理人が龍亭を知っているのでしょう。
別盛りになってなくてもいいから、冷やし中華を食べたくなってきました。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/11 (5)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)