リヴィエラのエスパドリーユ

Rivieras_Espadrille
夏に履く靴としてエスパドリーユみたいなのが欲しいなあ、と思っていた。別にビルケンシュトックのようなサンダルでも良いではないか、ソクラテスやプラトン、アリストテレスや樽のディオゲネスもサンダルだったのではないか、と内なる声が盛んに聞こえてくるのだが、何かこう、違ったものを履いてみたい気分なのである。

エスパドリーユとは、底がジュート麻でアッパーがキャンバスで作られたスリッポン靴のことらしい。スペインやフランスあたりで生産されており、リゾート・スタイルの靴として人気があると言う。欧州では昔から普通にあった靴で、近頃になって日本でもよく履かれるようになったみたいである。

様々な種類がある中で、今回はリヴィエラのエスパドリーユを選んでみた。ガイモやカスタニエールのような老舗ブランドではないけれど、見た目が良く、とても洗練された印象を受けた。見た目だけで決めてしまうのは危険であるが、こういう性格(?)だから仕方ないんである。早速ネットで取り寄せてみることにした。

さて商品が到着しましたよ。〈CLASSIC 20°〉という製品で、摂氏20度以上になったら履いてね、ということのようだ。アッパーがメッシュになっており、いかにも夏らしい感じがする。そして取り外し可能なインソールになっており、これは他のメーカーとは違うところではないだろうか。

色はベージュを選んだが、本当はネイビーが欲しかった。買おうとした時、ちょうどネイビーが品切れ状態で入荷待ちだったという単純な理由だ。じっくり待ってネイビーを買ったほうがよかったのかもしれない。でも、こういうのって、欲しいと思ったときに買わないと、次に買うときは完全に品切れだったりするんですよね。

履いてみると、おやっ、少し足先が窮屈に感じる。素足やそれに近い履き方をするものだし、キャンバスだからすぐ伸びてきそうな気配もする。「エスパドリーユは気持ち小さめ」という指南もあったほど。インソールを外すとしっくりくるのだが、やはりインソールの上から履きたいものである。

外国製の靴って、意外と足先が窮屈に感じるものがありますね。例えば、スペルガのスニーカーも、足先が窮屈に感じて少し大きめのものを買い直した。ちょっと考えてから、ワンサイズ大きめの物に交換してもらうことにした。ちなみに最初に買ったのが39(24.5cm〜25cm相当)で、交換したサイズは40です。

あ、今度はいい感じですね。いかにも、って感じのエスパドリーユではなくて、エスパドリーユとスリッポンの折衷という雰囲気で、どこかヴァンプ・シューズを思わせるデザイン。やはりこれは素足に履くのがベストだろうか。でもって、短ズボンとか短めのトラウザーズに合わせるのが良さげに思える。

でもね、真夏に履くと意外に蒸れるものなんですよね。体質的に、足裏に汗をかく人もいるだろうし、素足で履きたくない、という人もいるのではないかと思う。試しにユニクロのベリー・ショートソックスを合わせてみると、甲の部分は完全に隠れるが、かかとから足の側面にかけてはギリギリだった。

これ、難しいなあ。いっそのこと、思い切り目立つ色のソックスを履いて「チラ見せ」するのもいいかもしれない(誰も見ないと思うけど)。たぶんインソールも、数回履いたらアメ色に変色するだろうね。安価のインソールを買って、純正のインソールを雛形にして線を描き、ハサミで切って使い倒す(使い捨てる)のがいいかも。

思ったよりリゾート感が強くて、普段ばきにすると何だか浮いてしまいそうな雰囲気があるリヴィエラのエスパドリーユ、お洒落な感じはあるけれどちょっと気難しい、ってところだろうか。買ったからといって、早速履いて街に繰り出す(って、いったい男鹿の、どこへ?)のにはちょっとためらわれるかなぁ。セミが鳴き出すのを待ちましょうかね。


【付記】
⚫︎ 決して悪くはないのですが、やはりこれは上級者向きなのかな、という感じもしました。夏以外でも気楽に履ける、コンバースのローカットとかトップサイダー、あるいはデッキ・シューズあたりの方が普段から使えて良いのかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/11 (6)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)