天然ワラサの刺身、しゃぶしゃぶを食う

YellowTail_Warasa
某休日、ちょっとした食べ物を買いに近隣の「たかはし」さんに立ち寄り、鮮魚コーナーを見ていると、サクが400円前後で売っている。白身魚で、縁にはエンガワと思しき部分も付いていてヒラメに間違いない。だけど自分の感覚では、このレベルの大きさのヒラメの刺身って、1000円くらい平気でしたはずなので、不思議な気分になった。

記憶ではタイとかヒラメの刺身(サク)なんて、閉店間近の半額セールの時くらいしか手に入らなくて、半額で掴んだもののその夜のメニューはもう決まっているので、大抵は昆布じめにしたものだった。で、翌日、昆布じめによって薄く色づいたタイやヒラメの刺身を食べるのは本当に楽しみだった。

関西でも漁港の近くに住んでいる人はまた違うかもしれないが、大阪市内や近郊あるいは阪神間地域(西宮/宝塚)に住んでいる感覚からするともはや「あり得ない」ヒラメの刺身、ついふらふらと掴んでしまった。けど、刃渡りの長い刺身包丁などあるはずもなく、あるのは多機能ナイフのみ。これでヒラメの刺身を造れってのかよ?

はい、できるわけありませんね。こうなるなって、わかってたんだけど、ヒラメのサクを買わずにはいられなかったんだから仕方がない。もはや人に見せられないほど身はボロボロに崩れてしまったけれど、醤油とわさびをちょっとつけて食べると……もう、甘いのである。それに柔らかくて、臭みというものが全くなく極めて上品な味わいである。

漁港が近いって、こういうことなのか! 近海の天然物にすっかり魅せられてしまった私は、ドジャース男鹿店でも男鹿産や近隣の魚に目がいくようになった。今回、青森産の天然ワラサのサク(背側)が198円で売っていたのですかさず購入した。これね、店やってる人も買いに来るみたいで、ちょっと目を離したらほとんどなくなっていることもある。

そもそもブリとかハマチの類は脂が多くて、とても刺身で食べる気にはなれなかった。魚焼きグリルで塩焼きにするか、フライパンで照り焼きにするか、ほとんど選択肢は存在しなかった。だが鮮度の良い天然ものだったら話は別である。
ブリ・ハマチの類でも刺身で食えるかもしれず、これは是非とも試してみたかった。

小型ナイフと簡易まな板は用意してあるので、しゃぶしゃぶ用として薄くそぎ切りにして皿に並べていく。皿一杯になったけど、分量的には2〜3人前じゃなかろうか。皿に乗り切らなかった分は、先にちょっと刺身で食べてみた。想像していた以上に、脂が少なく、嫌な臭いもなく、刺身として一級品であることがわかった。

自分にとって「魚の鍋」といえば「フグ鍋」のことであり、フグ鍋以外の魚の鍋を思い切り楽しんだ記憶はない。なので今回は、天然のワラサでしゃぶしゃぶを楽しもう、という寸法である。出汁は粉末の昆布だしを用いた。酒、塩を適宜加えておく。具材は木綿豆腐、春菊(菊菜)、天然ワラサのみ。

春菊(菊菜)は食べやすい大きさに切って、水でよく洗っておく。こちら(秋田)では春菊(菊菜)を野菜売り場で見ると、どうも茎になるまでしっかり成長させたものを、根元をカットし、洗って販売しているようだ。好みにもよるが、茎になる前の柔らかい状態を、土が付いたような格好で売っているのが最上である。

木綿豆腐を外して、ほかの野菜にしたほうがいいかもしれない。だが、我が家では、鍋には必ず木綿豆腐を入れることにしている。木綿豆腐をそっと入れ、軽く火が入るまでの間、天然ワラサを箸でつまみ、出汁の中で軽く泳がせるように火を通す。生で食べられるものなので、本当に軽く、さっとくぐらせるくらいでいいと思う。

軽く火を通すことで、余計な脂が落ちて、いくらでもいけそうな気がする。魚の鍋でお腹いっぱいに、なんてまずあり得ないことだったけど、天然ワラサのしゃぶしゃぶ、これは大正解でした。菊菜(春菊)を適当なタイミングで食べれば、口がさっぱりして、再び天然ワラサもおおいに進むわけである。

さあて、天然ワラサで刺身としゃぶしゃぶをおおいに堪能させてもらった。だけど、分量的にはこの半分くらいでじゅうぶんだ。2人あるいは3人で食べたとしても、満足できる分量ではないかと思う。これで198円だから恐ろしい。今後、冷凍保存ができるような環境になるときまで、天然ワラサはしばらくお預けになるでしょうね。


【付記】
⚫︎ 天然ワラサにしても、鳥の胸肉にしても、一人分としてはちょっと多かったですね。無理して全部食べたんだけど、今後はちょうど良い分量だけにしたいものです。昼は刺身と何かを作り、夜はしゃぶしゃぶにするとか、うまくやりたいものですね。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

男たる者、嫉妬というのはさもしい感情であると心得ている。
心得てはいるが、湧いてくるものはしようがないのである。
50を境にして魚食いに転身した僕は、港町育ちの両親の遺伝子まで開花して魚が好きだ。
う~~~ん。この住環境、羨ましいですぞ。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、コメントありがとうございます。
大阪市内や近郊、阪神間地域ではありえない鮮度と安さです。
旨いヒラメというものを、生まれて初めて食べたような気がします。

この時期、男鹿ではタイがよくあがって、
ホテルでも「鯛祭り」と称したイベント(?)をうったりしてるくらいです。
タイも養殖物はあまり好きではありませんが、近海の天然物なら話は別です。

気のせいか、少しずつ魚を食べる機会が増えてきたような気がします。
自分で買って食べるなんて、よっぽどのことだと思います。
それほど、良い魚なんだということだろうと思います。

その代わり、他は何にもありません。

No title

ほんにうらやましい限りの食糧事情・・・

若いころはもっぱら「肉、肉、肉。」という思考傾向でしたが、だんだんと「魚、魚、魚。」と、それが変化してくるのは必定のこと。

となると・・・やはり海辺の町はいいですよね。

私も国元にいること、もっと魚を食べておくんだったと・・・常々後悔しています。

Re: gatayanさん

gatayanさん、コメントありがとうございます。
今でも基本は「肉」なんですよね。
鳥もも肉とか、豚バラ肉あたりをつい買ってしまうんです。

そんな乙山でも、つい、手を伸ばしてしまうほど、魚が良いんですよ。
ヒラメのサクが400円だったら、まず「買い」でしょう?
それが「当たり前」なのが漁港が近くにある、という強みでしょうか。

信じられないですね。
このレベルが、この値段で普通に売っているなんて。
だからつい、買ってしまうんですよね。
で、納得、満足、とありがたいことばかりです。

でも、逆に奈良だからこそ、柿の葉寿司ができたのではないか、と。
なんだかね、無性に柿の葉寿司が食べたくなることがあるんです。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (6)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)