iPadだけで撮影環境を構築する

拙ウェブログのコメントで「写真が綺麗」と褒めて頂いたことが何度かある。たいした腕はなく、汎用小型デジタル写真機しか使っていない者としては身に過ぎた言葉のように思う。けれども、どうせ掲載するなら、できるだけ見栄えのいいものを、と思って撮影してきたのは本当だ。私なりの撮影術をちょっと公開いたしましょう。

ウィスキーなどの記事のときは、作業台の上に突き板仕上げの板を置き、ボトルとかウィスキーを入れたグラスを乗せて窓辺で撮影する。そのまま撮影ボタンを押しても構わないのだが、窓から射す光が強いので、自動露光はそれに引っ張られてしまう。そこで、ボトルとテーブルあたりに露光を合わせ、AEロックをかけ、撮影する。

すると、窓辺には薄いカーテンがかかっているけれど、白飛びして真っ白の背景が出来上がる。実際は薄汚れたカーテンがかかっており、部屋は乱雑を極めているが、出来上がった写真だけ見ると、けっこう綺麗な部屋に住んでいるかのようである。夜の撮影では、ボトルをテーブルの上に乗せ、横からLEDの白色光でスポットを当てる。

自動露光では明らかに光量が足りないのでフラッシュで補おうとするけれど、設定でフラッシュ禁止にしてあり、ウェブログに掲載した写真の全ては、フラッシュなしで撮影されている。そして、ボトル周辺の明るい部分に露光を合わせてAEロックをかけ、撮影すると、背景は真っ黒になって、散らかった部屋が隠されるわけである。

内実を知る者は「ねえ、これってなんていうか……詐欺じゃない?」とよく言っていたけれど、まあそうだろうね。認めるよ。だけど写真が良ければそれでいいではないか。たとえ部屋の中がどれだけ乱れていようとも。要するにキレイに見える写真は露光がすべてだと言える。題材とか構図、芸術性は考慮に入れていない、ていうかそれ系の写真、私には無理。

「露光が合う」とは、自動露光が対象物を「反射率18%のグレーとして認識した」ということ*。白シャツを写したのになんだか暗い画面になってしまうのは、自動露光が白をグレーにしようとする結果、暗く(露光アンダーに)なったんですね。反対に、黒いキーボードだけを撮ろうとすると、黒をグレーにしようとするので、明るく(露光オーバーに)なる。

白を白く、黒を黒く写すには、どこか他の所にあるグレー(なければ自分の手の甲)に露光を合わせてAEロックをかけ、改めてフォーカスを合わせて撮影ボタンを押すといいでしょう。こんなふうに、どれだけAEロックのお世話になったことだろうか。だけど、いま使っているiPadの標準機能では、AF/AEロックになっていて、単独でAEロックができないんですね。

えっ、デジタル写真機はどうしたよ、って? それはですね、「ない」んです。大阪にいた最後の頃に、電源スイッチを押してもレンズが前に出てこなくなった。確か2009年の5月頃に買って、ずっとそれ一台だけで拙ウェブログを支え続けてくれた。近頃の記事に画像がないのは、たんにカメラがないからだけど、できれば画像付きのほうが、記事に真実味が増すような気がする。

だが新しいデジタル写真機を買う余裕はない。おまけに、メインのノート型PCも起動トラブルで使えないので、iPadを最大限に活用するしかない。ロジクールのキーボードを付けて書いているけど、慣れればけっこういける。デジタル写真機がなくても、iPadのカメラ機能はなかなかの画質で、AEロックできるカメラアプリをインストールすれば良いだけじゃん?

というわけで、iPadだけで撮影環境を構築する。AEロック対策として有料アプリだけどCamera+をインストールしてみた。起動すると、カメラの画面になるんだけど、指で触ると、+が付いた小さな四角が現れる。+を押すと、「焦点」と「露光」に分かれて、画面上で動かすことができる。あ、なかなか良い感じじゃない? いや本当、けっこう使えるじゃないか。

これに加えて使いたいのが画像補正アプリ。「ウェブログに載せたいけど、失敗写真しかない!」という場合とか、やっぱり補正したいよね。正直に書いておくと、私の写真、わりと補正かけてます。ここでは Instaflash をインストール。逆光で暗くなった顔とか、指一本動かすだけで補正してくれ、背景の白飛びが抑えられているのがすごい。しかもホワイトバランスまで付いていて、かなり使える失敗写真修復アプリだと思う。

Instaflashにはトリミング機能がない**ようなので、トリミング用アプリとしてFotorを選んだ。トリミング用とか書いたけどFotorは多機能なので、一本だけに絞るとすれば、Fotorだけで事足りるほどだ。iPadだけしかないけど、これでデジタル写真機とPhotoshopあるいはLightroomを装備したのにかなり近い環境になった(おいおい)んじゃなかろうか。それは大げさとしても、ウェブログ用記録写真の撮影者としては、必要にして充分な装備になったようである。

*本来は露光が合う=適正露出で、反射率18%のグレーを再現できる明るさのこと。絞り値、シャッター速度、ISO感度の組み合わせで決まる。もし私がフル・マニュアルの銀塩カメラをいきなり持たされて、さあ写せ、と言われたら、適正EV値を得るのにオタオタするに違いありません。

** これは私の勘違いで、Instaflashにトリミング機能はあります。

【付記】
⚫︎ 無理してiPadを買っておいて良かった、とつくづく思います。これがなければ、こうしてみなさんにお会いすることも叶わなかったでしょう。余裕ができれば、Windows機とか汎用小型デジタル写真機をまた買うと思いますが、しばらくはiPadでがんばってみます。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

衝撃の事実発覚←

掲載されてた写真が綺麗だっただけに、解説がストンと落ちるほど納得。

いや、舞台裏なんてどうでもいいんですよ。
乱雑に撮ってはそのままログに掲載していた身としては、ただただ感心するばかりの内容でした。

まぁ、私が写真撮って何ぞ公開する日は無いのですけど(笑)


次からは絵付きの内容を期待しています。

Re: 衝撃の事実発覚←;北摂在住の名無しさん

北摂在住の名無しさん、コメントありがとうございます。
舞台裏っていうほどのものでもないんですけど、
白飛びと黒ベタを最大限に活用した撮影だったわけで。

わかっていて、わざとやっているんですけど、
何かなあ、とは自分でも思っていました。
ごく普通に写して、生活そのままでキレイだったらいいですね。

だけど、そんなわけないでしょ?
だって、乙山なんだもん。
掃除、清掃、苦手なんですよ。

No title

私も最近カメラを持ち歩かなくなりました。
そんな立派なカメラじゃあないんですが、それですら持って歩くに面倒くさくって・・・もっぱらスマホのカメラで済ませています。
だから、機材としてはちょいとカメラの性能の良いものを・・・
スマホのカメラながら光学3倍ズームってやつを使ってます。
でも、腕が伴っていないからあまり意味がないんですけどね・・・

Re: gatayanさん

gatayanさん、コメントありがとうございます。
スマートフォンのカメラ機能はかなり進化していて、
ウェブログ用の画像くらいだと充分な品質です。

なので、いま小型デジタル写真機の市場は縮小傾向にあるようです。
誰もが知る大手カメラメーカーが新型機の発売を見送り、
整理解雇や早期退職などを行なっているようなのです。

高級デジタル写真機はすぐに消えてしまうわけではないでしょうけど、
もはや「無用の長物」となってしまっているかも。
だけど汎用小型デジタル写真機、やっぱり欲しいですよ。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (7)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)